Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダムネタバレ最新第586話二突きの勝負考察

(王賁 作画引用:原泰久先生 作 キングダム第586話 )


あけましておめでとうございます。

新年そうそう前回記事の予想通りの展開でよかったです。

しかしながら、王賁の身柄についてはどうなるか?

これが李牧と趙峩龍が必至こいて考えだした作戦の顛末だったのでしょうか?

いくつか別の疑問もわいてきました。

そして、尭雲も実力出すのが遅いです。遅すぎます!(笑)

これでは本当に実力はあってもチャンスをものにできない単なるサゲチン野郎です。もはや藺相如が不運にも病で倒れたのは、こいつのサゲチン体質のせいではないかとも思えてしまいます。




キンググダムネタバレ-やはりの関常生存。



死亡フラグを発てたのは番陽であるコトには間違いないのですが、年末から年始にかけて、重たい槍を片手に持ちながら、王賁を守るために両手を上げて待機していた関常。

実に二週間もの間、本当にお疲れさまでした

まあ、関常自身、今回のキングダム冒頭でも前回ラストの状況を同じく、両手を広げながら尭雲も前に出てきていながらも、矛を振り上げる尭雲の動作が遅いのか?あるいは大振り過ぎてテレフォンになっているため、きっちり関常も受けの体制をとることに成功しています。

これって関常とて、王賁が背後にいなかったら尭雲の矛など余裕で避けれたんじゃないかって話ですよ。

しかしながら、打撃の威力はさすが、関常も一撃で気絶しています。すかさずトドメを刺す尭雲ですが、ここで前回までに予想した通り、王賁が引き返して関常の救出に掛かります。


キングダムネタバレ-キズ物になった尭雲

私のネタバレ予想筋としては、関常ピンチからの王賁ピンチの読みはよかったのですが、王賁が、気絶する前に、尭雲の右腕貫いてしまったがために、この時点で飛信隊、とりわけ信による別動隊到着が玉鳳隊中枢にまで到着することによる救出劇、および信と尭雲との決着劇が再現される可能性が低くなってしまったように思えます。

だって、これじゃ尭雲キズ物ですやん。(泣)

成長もしない使い古しばかりのヘッポコ人材揃いな李牧軍の中でも、藺相如のネームバリューが使用可能で、本能型という指揮官スキルで信だけが抑止力となる強設定だった尭雲。

登場時は鳴り物入りで出てきたぐらいのインパクトはあったのですが、蓋を開けてみれば未覚醒の信と打ち合いに夢中になっている間に主力を削がれ、馬南慈と二人でも亜光を討ち取れず、味方300人で囲んで王賁どころか、関常まで仕留めそこない…。最早いくら強くても決定力が無いことが露呈してしまった尭雲。

強いて言うならサッカーの試合でPK全部失敗するぐらいのことやってきてるわけですよ、尭雲って。

さらに余りに連載が長期化してしまったことが原因で、いつのまにやら、そんな指揮官スキルなど無かったかのように、モブ秦兵相手に元気に暴れ回るだけが取柄になってしまった彼。

ヒョウ公に腕を圧し折られた武神じゃあるまいし、成長を遂げた信との決着回収に備えて、コンディションを整える程度の最低限の義務すら果たせないのでしょうか。



キングダムネタバレ-王賁気絶はもうサービス

右腕貫かれた尭雲が、王賁を気絶させる。

最後に尭雲が、火事場の馬鹿力を見せたのか?それとも王賁が相当に消耗していたのでしょうか?

まあ、それはそうと、尭雲って、高々、三百騎程度で玉鳳隊の中にきているだけでなく、わざわざ自軍の持場放棄までしてきてやってきているんですよね。

キングダム考察-趙軍の作戦と軍容を再点検

まあ、趙の油断体質を挙げれば、そもそもが国王のやる気がなくて、三大天(司馬尚はまだ受任してないが)の残りの二人が超マイペース。国と軍の実力トップ3が自分のことしか考えていません。

いや?三大天とか言っているけどそれ以前に、龐煖など必要な時に出陣しない奴がいるとかそもそも中枢からして軍の体をなしていないんじゃないかとも思えてきます。

馬南慈も本気出してないばかりか、本気出してないと言えば、劉冬がおらず離眼周辺の危機に直結していなければ紀彗軍などは黒羊戦ほどの脅威でもない。

金毛と岳嬰の軍も、結局は慶舎特有の待機戦術で最も実力が発揮できるように調整されている軍である点も興味深い。

この点、秦軍側は、軍編成を計画時点から兵種レベルから調整していたのに対し、趙軍側は、過去の軍隊の損害もそのままに再利用しているだけで、朱海平原での戦闘に向けて最適化調整を進めているようには見えません。



この点、宰相とは言え、李牧の権限が制限されているのかまでは、はっきりしないのですが、尭雲と趙峩龍軍を除いて、李牧が動員で出来た趙軍のベストメンバーってこれだけ?という実感がどうしても否めない。

そう考えれば、これほどまでにグダグダの趙軍が必至こいて秦軍の進撃を食い止めるのであれば、尭雲が王賁を常識外れの一撃で気絶させる…。言い換えれば、原先生の画力を尭雲一人に集めて、パワーバランスをとる。まあ、それぐらいならば、もうサービスとして発生してもいいのではないかとも思えてきます。

そりゃ、王賁だって『何っ!?』とか言いますわ。

これで、王賁のモノローグが『!?』だけだったら、ヤンキー漫画で溢れていた時代のマガジンと一緒なんですが、それぐらい画力で一気に王賁有利から、尭雲の強補正に振り切った描写だったと思います。

王賁が気絶で済んだのは、最後の一撃の攻撃を放つ途中であったにも関わらず、防御姿勢を取ったのは流石である点と、馬の両足が砕かれ落馬出来たことが幸いしたように思えます。

で、ここでピンチは終了ですかね。

生き残った関常が、しっかり見開き2ページに渡って説明している状況は、前回の当キングダネタバレで説明したような、尭雲が居ない状況で、前攻特化した飛信隊のコトを指すかと思われます。

ここから飛信隊が玉鳳への救援に部隊を割いてくるかについては、ネタバレ予想としても、修正と追加考察も必要なので、週末の予想記事のほうでも更新します。

来週は合併号でキングダムもヤンジャンごとまたお休み。その代わりに『世界ふしぎ発見!』見ろってコトでしょう。1月12日 土曜よりTBS。忘れなかったら録画しよ。

キングダムネタバレ最新第586話二突きの勝負考察  以上

次回もこの先の展開について、キングダムネタバレ予想をすすめていきたいと思います。

皆さんのキングダムネタバレ予想やコメントもいただけると嬉しいです。どうぞお気軽に。

Twitter:しんいち ダム垢(@takikomigohande

前回の考察⇒【キングダムネタバレ最新第585話 雷獄 考察】

最新の予想【キングダムネタバレ587信の突破と王賁玉鳳の意地】

コメント

  1. より:

    一文が長すぎて読みづらい。一文が長い人の特徴である、主語と述語の不一致も見られた。まずは読みやすい文章、正しい日本語を使えるよう努力することを勧める。難しい単語を使い慣れていないようなので、自分の言葉で文章を書くことを心掛けると、なおのこと良い記者になれるのではないだろうか。

    • シンイチ より:

      にた様
      コメントありがとうございます。

      貴重なご意見ありがとうございます。
      大変、勉強になります。

  2. いち より:

    [年越して両手挙げてた関常…]
    爆笑しました(≧▽≦)

    PK全部外した男(笑)

    亜光>王ホン>ぎょーうん
    と云う武力ランク描かれた後で

    更に、片手に成った彼~を倒しても…
    ホント何の勲章にも(^o^)
    成りませんよねェ

    ここの所、出番の無かった
    岳雷さんか、那貴さん辺りに
    倒していただければ(⌒‐⌒)
    それで良いレベルかと

    ※もっとも、敵陣の中
    5千に包囲された小部隊~だから
    ワープでもしないと、モブ軍勢に
    狩られて当然なんですが(笑)

    で、ワープして戻れても
    モブだけ残されてったギヨーウン軍は
    飛進隊に、絶滅させられて~

    ………いないとオカシイ(≧▽≦)(笑)

    • シンイチ より:

      いち様
      コメントありがとうございます。

      はい(笑)
      既に尭雲って、
      リベンジするほどの純粋な強さを持ったキャラではない…。
      そう感じるところ、記事の趣旨を拾ってくださりありがとうございます。(笑)

      そして、ご指摘の部分であるように、
      雷雲って入ってきたはいいけど、
      ここからどうやって退出するの?
      って部分はみんな気になるはずなのですが、
      多分、作者はこのまま触れないないんだろうな、、、。と思います。(笑)

  3. HEAT より:

    いつも通り、おもしろおかしく解説、考察してもらえば十分です。
    もっと下ネタいれてもらえるのが、個人的な希望です。
    読解不能な事はないので、全く問題なしです。

    • シンイチ より:

      HEAT様
      コメントありがとうございます。

      非常に励みになります。
      また、大変うれしく思います。
      これからも頑張って書きます。

      下ネタですね。
      ちょっと、上手くねじ込めるか挑戦してみます。

  4. 大滝康裕 より:

    右翼の戦いバランス悪いよね😅
    最も兵数少ない馬軍は、兵数最も多い亜軍
    二番目に兵数多い、趙軍は、二番目に兵数が少ない王軍、同数位の信軍と、雲軍、将が討たれた軍なんですよね😅
    五千の王軍に九千くらいの趙軍、普通、これくらいの兵差あれば、まともな将なら、単独で勝てないとおかしい。ま、王が覚醒したから互角なんだろうけど😅
    この兵力差があるから、王の周り少数しか、いないわけで、雲の特攻が、効いたみたいなんですよね😅
    王の周りは、関隊の千と親衛隊の百ぐらい、雲のまわりは、十槍と雷雲で、四百位で対戦してるから、兵力では、王、武力では、雲で拮抗した状態だから、趙軍が、加勢されると王軍ピンチだから、兵力余裕ある、亜軍から、加勢が来るんじゃないかな?

    • シンイチ より:

      大滝康裕 様
      コメントありがとうございます。

      はい、開戦時はともかく、
      兵力数は曖昧にして、表現の幅をとるのが最近の原先生ですよね。(笑)

      12日目と13日目の序盤まで、
      玉鳳隊がどの程度、敵を屠ったかは不明ですが、
      仰るように、ここは援軍得るでもなんでもいいので、
      玉鳳隊にはうまく凌いてほしいものです。

      何気に、段茶大将代理まで覚醒、、、!?
      ってことは無いですかね💦(笑)

  5. XYA より:

    あけましておめでとうございます。
    王賁討たれる煽りは、無事回収という事でしょうか。
    飛信隊の名前を聞いてわずかに動いた王賁。それこそ信達が尭雲の軍を打ち破ったみたいな報告が入って、また意識を取り戻した王賁が尭雲ともう一戦。今度こそ相討ち。というのもありかと。
    たしかに援軍が来て信や羗廆が尭雲を倒しちゃうと、王賁の咬ませ犬感半端なくなりますよね。
    おそらく尭雲より王賁の方が強いことを考えると、展開上一騎討ちではなく一対多数の状況は仕方ないとは思いますが…。それにしても尭運は武将としての背景が薄っぺらいし、何戦も描く程のキャラじゃないですね。これなら戎翟公の方がよっぽど熱かった(笑)
    もうなるべく早く尭雲を屠ってほしい。渉孟くらいあっさり(笑)
    いっそ蘇った亜光将軍が尭雲討ち取りにきてくれないかな。

    • シンイチ より:

      XYA様
      コメントありがとうございます。
      あけましておめでとうございます。

      はい、
      王賁関係の煽りは、ここらで収拾が着いたと思いたいですね。(笑)

      王賁は史実バリアがあるので死にはしないにせよ、
      槍も折れてコレからどうするんだろうか?って部分は確かに気になるところですね。
      復活してもどうすんでしょうかね、作者によるダメージの調整具合も気になります。

      さてさて、尭雲についてまさしく記事の趣旨をご理解いただきありがとうございます。(笑)
      朱海平原以降は生き残っても描きにくいでしょうし、直近で死なすにしても、信と接近できないことには始末が付きにくい、いろんな意味でしぶといですね💦

  6. 大滝康裕 より:

    ぎょう戦うでは、趙王が死ぬイベントがあるので、李牧は、首都に速攻で向かうイベント発生しそうです。ただ、史実の影響から、太子即位妨害勢力は、李牧帰還を長引かせ、史実の王の即位を画策するはずですので、今の戦場から、離脱した所を王せん本隊が襲うて展開が予想できます。

    • シンイチ より:

      大滝康裕様
      コメントありがとうございます。

      そこんとこは気にはなっているんですが、
      なかなか記事にしたくても描けなかった
      部分の言及ありがとうございます。

      秦にしても、趙にしても、
      すっかり王宮などでの水面下の暗闘部分が
      すっかり描かれ無くなってしまった為に、
      なかなか推論でも判断できませんでした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。