Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダムネタバレ第588話右翼の本営 考察

(ニセ沢太 作画引用:原泰久先生 作 キングダム第588話 )


いきなりですが、謝罪させてください。

まず私自身、『王翦または桓騎の手の者のよる偽装難民による潜入工作は無い!』などと過去の記事で断言していたのですが、とうとう今回のキングダムで本当にネタバレ化してしまいました。(泣)

何人かの読者様からも、当ブログへのコメントにて、『王翦か桓騎の手下による鄴への潜入潜入工作アリはだって!』と助言等も頂いていたわけですが、後述する第516話での描写に完全に釣られた結果になってしまいました。

この論点は、鄴陥落へのネタバレ予想筋の一手として、多くの読者の間でも浮上してた話題であったところ、当キングダムネタバレ予想の論考では、過去の記事【キングダムネタバレ578李牧の攻撃、信と王賁粘る】にて、わざわざ<キングダム考察-桓騎軍と難民潜入説の限界>などという項目を作ってまで、皆様の予想とは逆張りの消極主張を展開していまいました。

この点はもう一度、本編を深く読み返して、ニセ沢太こと王翦の手下がどのように潜入を果たしたのか反省の意味を込めて考察を進めたいと思います。

飛び石連続の休載と合併号でキングダムが読めないのでキツイなどと文句言ってましたが、待っただけあってか、作品はメッチャクチャ面白かったです。

現状の範囲で、飛信隊と玉鳳隊がどのように連動されるか?という視点ばかりを検証していましたが、作中描写のように、予想をはるかに上回る勢いで玉鳳隊副長の番陽がキレましたね。

まさかの、亜光本軍を呼び込んでの飛信隊中心構成を提案、実質、信の右翼大将扱い。

そして、上記の通り、一番ショックだったのは、私としては一度は予想しておきながらも、その予想筋を完全に放棄してしまった秦軍側の作戦である、桓騎軍もしくは王翦軍によるスリーパー(潜入)工作が完了していたことです。

第575話で桓騎が呟いていた、「王翦の手下共、もたついてんなー、ノロマども。」ってセリフが指すのは、この潜入工作員のコトだったのでしょうか。

それら全てを含め、鄴攻めも終わりがみえてきた?と考えるのはまだ早いのだろうか。




キンググダムネタバレ-兵糧戦の小ネタ

飛信隊の皆さん。ほとんどお湯の干豆スープを口にします。

そこら辺に乗り捨てられた軍馬の肉、趙兵が毒粉を振りかけた結果、恐ろしい毒物に変性してしまっているようです。

この点、自分自身に置き換えても、命をかけてまで試し食いする気にもなれないので、確かに有効な嫌がらせかもしれません。

それ以上に、切実さを感じさせたのは、既に死んでしまった仲間が残した豆干を食料に投入しても、全然少ないというコト。

あの王賁も討たれたみたいだと、口にするコウ君。そのコウ君に八つ当たりする尾平が描かれます。

キンググダムネタバレ-右翼大将の信

「四番、ピッチャー、信。」

「右翼、大将、信。」

口に出してみると、どちらも何となく言い方が似ている。

そして、今日のキングダムは本当に熱かった。

キングダム考察-段茶さん、番陽、

ただし、いくらなんでも次週は覚醒した段茶さんが大暴れ…、というワケでもなさそうです。

信の所在を尾平に聞きます。信の居場所を聞かれたから素直に答えただけなのですが、怒られてしまった尾平。答えなくてもやはり怒鳴られたのだと思います。

出迎えにでてきた渕さんにより、信隊を中心に何が起こっているのかの説明が施されます。



番陽に関していえば、恐らく休載を挟んだこの二週間、泣き続けたおかげでさすがに正気に戻ったのでしょうか。

また、それだけなく、番陽が信のコトを急速にリスペクトし出していたコトを考えると、決して無理な展開でもありません。

キングダム考察-亜花錦の説得力

番陽も、「不本意だが」などと言っていた段茶将軍も、ほとんど亜花錦に喰われていますね。(笑)

何気に本編を読んで、王賁を将軍にしようとするトキは、王翦にワザワザ伺いを立てていいたのは何だったのか?と突っ込みを入れたくなる読者様もいるとは思います。

しかしながら、秦軍右翼としても、当時より追い込まれ具合が各段に深刻化しているコトを考えれば、それほどおかしくも無いと思われます。

しかも実際に、この直後登場する王翦も、これを黙示承認する様が描かれている通りです。

因みに、今回の飛信隊中心の軍議で羌瘣が出てこれないのは、彼女が王賁を修復中であること。

そして、もう一人の飛信隊の主要サブキャラであった河了貂にやっとスポットを当てる導線をも含んでいたことが考えられます。

キングダム考察-殺る気満々の王翦の手下

さて、結果的に無事に鄴城内に潜入を果たした、王翦の手下の皆さん。

今回のキングダム本編にて、赤城の住民であった沢太さんの成り済ましに成功した兵士、名前も無い脇役であるハズですが、彼を見てみると、もう目ツキがヤバいですね。

黒目がホントに真っ黒、まさしく王翦が壁(囮役)を見るトキのような冷酷な目つきです。(キングダム218話参照)

ハッキリ言って、それまで一緒に過ごしていた周囲の住民たちを、コレから一気に虐殺する気満々と言えば言い過ぎでしょうか?

そして何気に王翦、最初の吾多を陥落させたトキに、『住民は殺さない。傷付けた奴は斬首』とまで言っていたわけですが、本物の沢太さんは一体どうなったというのでしょう?

恐らく描かれるコトはないでしょうが、闇から闇に葬られたことを推して知るべしということだと思います。

ただその反面で、王翦が、鄴攻めが全て終わったトキに「本物の住民の皆さんには、安全な場所で無事に待機してもらっていた。」などと言い出すオチも、単行本巻末のオマケ漫画ならアリでしょう。

いろんな意味で、今回のキングダム強烈でした。

鄴陥落の一番大事な決め手のネタバレを、何度も核心に迫っていながら自分で予想筋を閉じる分析を立ててしまったのがホントに悔しいです。

反省しつつ気持ちを入れ替えて、改めてこれからのキングダムに向き合いたいと思います。

キングダムネタバレ第588話右翼の本営 考察 以上

次回もこの先の展開について、キングダムネタバレ予想をすすめていきたいと思います。

皆さんのキングダムネタバレ予想やコメントもいただけると嬉しいです。どうぞお気軽に。

Twitter:しんいち ダム垢(@takikomigohande

最新の考察⇒【キングダムネタバレ最新590話 攻め偏重 考察】

最新の予想【キングダムネタバレ589信初撃、李牧詰む桓騎呼応】

コメント

  1. Ryu☆Gensoku より:

    さすがは秦国随一の知将王翦将軍ですね。意外とベタな方法で城内に味方の兵を侵入させていました。ただ侵入兵の数は気になりますね。王翦将軍は彼らに何をさせたいんでしょうか?今さら城内の兵糧を焼いたところで秦軍の兵糧が増えるわけではないこと考えると、城内の極秘情報を外に伝えるか、城門を城内から開くくらいしか侵入兵にできることはなさそうだけど。。。謎ですね。キングダムは迫力ある戦闘シーンも魅力ですが、読者を驚かせてくれる逆転の仕込みにも惹かれますね。

    • シンイチ より:

      Ryu☆Gensoku様
      コメントありがとうございます。

      仰るように、潜入兵数が曖昧ってのは、
      これからいくらでも調整が可能ということなので、
      まだまだ展開には幅が出そうですね。
      まあ、明らかに桓騎だけはオチがどうなるか予見している素振りですが。(笑)

  2. くぅりっしゅ より:

    潜入者でしたね。
    やはり無駄に戦いを長引かせていたのには理由がありました。

    ここからの考察は面白いです。
    まず押さえるポイントがいくつかあります。

    1、潜入してからわざと時間をあけた理由は?
    潜入者のやることに時間が必要なのか、戦いが長引いた時に効果を示すことなのか。城内には詳細な戦局の情報は伝わっていないはずだし、一般人には知る由もない。その中で何かのタイミングは測れるのか?カンキの発言から、前者の仕込みに時間がかかることなのかもしれません。

    2、潜入者の数は?
    それなりの人数がいそうですが、十数人くらいなのかと予想。その人数で何かできることなのだと思います。

    3、結末は?
    業を落とすことが最終目的ですが、潜入者だけで解決はしないと思います。カンキ軍が戦うのではなく、カンキ軍が見張ってる状況で城内で何かが起こる。そして、白旗をあげるしかない状況になるというのが私の予想です。悠々とカンキが入場して行き制圧するというのも目に浮かびます。
    というか、カンキ軍が城担当になった理由もちゃんとありそうですね。

    別の予想では、門を開けられてしまいカンキ軍が入り込む、城内は一般人で埋め尽くされていて多大な犠牲が出そうになる。業軍は普通にやれば追い出せるが、一般人がイナゴの役割兼、人質の役割も実は担っていて、まともに戦えない。一般人が犠牲になりまくり、それを良しとしない王が降参するというのも、どうでしょうか。一般人が逃げ出せるスペースもなさそうですし。
    単純な戦力でなく、人の性格や色々な兼ね合いを総合した王翦の知力を示すいい作戦かと。

    主やみなさまの予想も知りたいです。

    • シンイチ より:

      くぅりっしゅ様
      コメントありがとうございます。

      詳しい考察ありがとうございます。
      桓騎が侵入してやりたい放題w
      キングダムの大きな見せ場になることは間違いないでしょう💦
      鄴攻めの冒頭で、趙王とは違って趙季伯さんという城主が、
      かなりの人格者であったコトも降伏への伏線かとも思えてきます。

      たしかに鄴潜入後10日以上潜入兵なにしてたんだ?って話ですよね。
      漫画の文脈からはホントに寝込んでたんでしょうか。。。

      仰るように、桓騎の描き方を考えると、無理くり合戦しながら入場よりも、
      一方的な立場を作り出して、全員無傷で入場。
      鄴陥落の報が入り次第、李牧一味が「ファ!?」って感じなのだと思います。
      とはいえまずは、そこにいたるまで朱海平原頑張れよ?って状況で間を持たすでしょうかね。

  3. いち より:

    [ぎょーうん&十槍]の不在で
    飛信隊に叩かれまくり☆後退していったのに
    ぎょーうん軍(⌒‐⌒)………
    倒された仲間の騎馬に(表面だけでなく)
    肉の芯に染み込む迄、ニンニク漬け込んで行った(笑)
    ~なぁんて(^o^)余裕の有る事でしょう♪

    [予想投稿では]
    『桓騎軍なら、偽装入城出来るんじゃない?』
    が(^o^)大勢だったような……
    『違うもん、王セン軍だもん』
    『野党でもない正規兵が潜伏するには云々~』
    とか☆☆☆

    『狩られてるギョーウン軍の馬食えば?』
    が(^o^)話題になると
    『無理だもん、毒かけたから』
    とか☆☆☆

    ネットを気にしてるのか(笑)
    読者との[会話]になって来た為に
    妙な説明文的シーンが(^o^)
    増えてる気がします
    (今のは、どこが面白かったかと言うと~
    って、ギャグの度に説明する
    漫才師みたいに(爆))

    で☆
    『全身包帯だらけで、入城?怪し過ぎ(笑)
    そんなヤツ、特別厳重チェックするでしょ…
    身バレしない様に
    身内や親友の居ないヤツを、良く見つけたな……
    個人情報はどうやって入手?』
    『敵兵が馬に、何かかけたら
    先ずは、表面洗ってから食うよな…
    そのまま噛りつく程飢えてて
    キョガイ兵、闘えるのか???』
    なんて(^o^)更にツッこまれる~のでは?

    ※読者の読みを外す事って
    そんなに、大切なんでしょうか………

    『やっぱり、やってくれた♪』の
    気持ち良いカタルシスも
    必要なんじゃないでしょうか(⌒‐⌒)

    飛信隊天幕の決起シーン☆
    わかってたけど
    気持ち良かったもん♪

    • シンイチ より:

      いち様
      コメントありがとうございます。

      右腕負傷、尭雲と十槍が撤退する中、
      「大丈夫だ、我らには奴らが居る…。」
      などと言って、颯爽と登場した、尭雲軍団ニンニク部隊。(笑)

      どんだけ、暇なんだよ?(笑)
      っていゆうか、どんだけ強力な毒なんだ?💦

      あと、鄴入場も、城主の判断はともかく、
      確かに、怪しいやつなんかは、現場の判断で入場させない、
      ややもすれば切り捨てるぐらいのコトもしない戦国時代の衛兵って…。
      まあ、しっかりしようよ?趙兵って話ですよね💦

      とはいえ、いつかは確実と思っていた信の大将化。
      たしかに分かっていた事でも、熱かったですね。
      鄴城の仕込み云々よりも、さっさと決着つけろよ河了貂と信ですね。(笑)

  4. 南水純 より:

    朱海平原14日目の戦いの焦点は、河了貂vs趙我龍の知恵比べになりましたね。普通に考えれば、一気に勝負に出てくる趙軍の将を深く誘い込んで捕捉し、信と羌瘣で確実に仕留める作戦でしょうか。鄴の攻城戦ですが潜入した部隊?の手口としては①井戸に毒を放り込む②火の手を上げる③流言飛語で同士討ちを誘発させるあるいは②と③の複合といったところでしょうか。城将の暗殺または裏切りといった手段もありかな。しかし、籠城が長引いた鄴を落としても大した兵糧は手に入らないと思うのですが・・・。桓騎軍が鄴の抑えに回ったのは、山陽で介子坊に粉砕されていることから野戦にさほど強くないからでしょうね。ただ鄴を落とすにしてもあまり破壊してしまうと占領後の守備が大変になるのでその辺の手加減が難しいですね。桓騎軍に特殊部隊(穴掘り)とかいるんでしょうか。

    • シンイチ より:

      南水純様
      コメントありがとうございます。

      さて、仰るように潜入した兵数が不明といえども、
      たしかに人員は限られていると思うので、仰るように出来るコトは限られている。
      あと、城の警備陣営に何処まで気づかれずに、
      彼らの仕事が秘密裏に進行していくか見ものですね。

      同時に城内に匿われた一般人たちが怪しさに気が付いているので、
      ここら辺はスピード勝負なのかな?と。

      穴掘り部隊だとすると、潜入後10日以上も存在が隠された理由としては合致しますね。

  5. 柴犬族 より:

    いつも楽しく拝見しております。
    今回は少し踏み込んだ内容で面白かったです。戦闘以外のこういった話も好きです。
    馬に毒…。うーん、さすがにこれは苦しすぎないか。
    なんて思ったのは私だけでしょうか?この時代に、こんな即効性の、しかも撒いた人間には害のない毒を開発していたとは、趙の科学力は世界一!ですね。白ナスくんも兵糧焼かないでこの毒を撒いておけば、一気に秦の敵を減らせたのに。
    信が右翼の大将になったのはとても嬉しいです。この先の活躍が楽しみ。ですが、貂が軍師に…。
    私の希望としては次のようなものでした。
    信がこの戦いで本能型の力を開花させ、みんなからヒョウコウ将軍のようだと認められる→更に臨機応変に動くキョウカイが最大の成果(大将の首)を挙げる→「この二人(この隊)はオレの想像をはるかに凌いで成長している。もうオレの役目はない」と言い、文官(料理人)になる。
    これがよかったなー。

    • シンイチ より:

      柴犬族さま
      コメントありがとうございます。

      毒粉、、、。はい、私も苦しいと思います。(笑)
      正直、必要なコマだったか?とも迷いました。💦

      仰るように、河了貂、羌瘣が戻ってきたときに、彼女まだ必要だったか?
      というような河了貂不要論さえ出ていたこともあったので、ご意見の趣旨はよくわかります。(笑)
      まあ、いままで散々と王翦を馬鹿呼ばわりしていたので、
      だったら、キチンと飛信隊勝たせてみろって状況なのでしょう。(笑)

  6. 李真 より:

    確かに!!其処だよね☆
    肉の芯まで染み込む毒って、どんだけ強力な毒だよ!?
    トリカブトでもそんな威力無いやろ!
    こりゃ速効で肉の芯まで染み込む毒の解説も
    必要じゃねぇかな?原泰久先生~(笑)

    • シンイチ より:

      李真様
      コメントありがとうございます。

      毒の強力性、、、、。笑えました。
      先生と趙軍、多分力を入れるとこ間違っているような。(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。