Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダムネタバレ550予想 桓騎軍に危機?

(桓騎 引用画像: 原泰久先生 作 キングダム第549話)

キングダム第549話のざっくりおさらい。

3/1日のヤングジャンプ。

キングダム第549話では、羌瘣(きょうかい)の誘導戦術が展開。

敵の主力を構成する趙軍歩兵の大半を、彼女と飛信隊の主力歩兵団で迎え撃ちます。

そして羌瘣自身は、側近の歩兵団の協力で局地的な防御陣を構成し、そこで呼吸を整えて、長期戦に備える戦法をとり尭雲軍の大多数を切り伏せました。

一方、夕刻まで続いた信と尭雲(ぎょううん)の一騎打ちですが、決着はつきませんでした。

自らの一騎打ちとは別に、大炎と化した中央戦場の結果に期待した尭雲(ぎょううん)でしたが、羌瘣(きょうかい)のような敵将の存在を想定していなかった為、予想に反して、自軍の兵を大きく損耗する結果に。

羌瘣を見て、かつての六将の一人を想起する尭雲。

そして、羌瘣のお腹がすいたところで、キングダム第549話は幕を下ろします。

キングダムネタバレ550話の予想・考察

さて、ここで本題です。

私の考えるキングダム最新話 第550話がどう展開するのか?? その予想と考察をいくつかの観点からまとめました。

おそらく、両軍とも小休止をいかに活かすがポイントでしょう。

信や尭雲(ぎょううん)の戦に賭ける思いも気になりますが、

あえて、そこは一旦離れて現場レベルだけでなく、両軍の総大将の戦略規模を含めての、

今一度の全体の俯瞰が展開されるのも、次回あたりでしょうか??

キングダムの話の緩急 

まず両軍とも三日目の夜が描かれるでしょう。

前回の話の幕切れで、尭雲(ぎょううん)はある六将の一人を思い出していましたね。

恐らくは摎(きょう)の事ではないかと、多くの方が推察しているのではなないでしょうか?

信がかつての六将 王騎将軍から矛を託された男であり、その信を羌瘣(きょうかい)は同じ戦で別の局面で勝利に導いた。

羌瘣も摎(きょう)も、ただ単に女性同士であるというだけでなく。

かつて王騎の部下として作戦を支え、実力をつけてやがては自らが六大将軍の一人にまでになった摎(きょう)と、今回の羌瘣(きょうかい)の戦い方。

ともに、秦六将であった王騎と摎の勝ちパターンに通じるものがあったのかもしれません。



ネタバレ1.貴重シーンの展開!? 王騎、摎(きょう)の再登場か!?

朱海平原の会戦もコレで三日を終えたことを考えると第538話亜花錦(アカキン)さんと王賁が大いに趙峩龍さんの率いる敵左翼軍を大いに痛めつけてから、やっと11週目にして、次の夜を迎えます。

年末から信たちも読者である我々もずっと戦闘モードで推移してきたことを考えると、ここで一旦は作戦モードに入って両軍とも会戦第4日目に備えるための脳戦切り替わるコトが予想されます。

れも、戦術と戦略の両規模で

さて、まずは信と尭雲(ぎょううん)の相対する持ち場ですが、主人公の信、

「やっと、王騎将軍の矛が手になじんできたところだ」

「もう少しで尭雲を討てる!!」とまで粘りを見せましたがカナリの消耗が発生しています。

信の事ですから、一晩眠れば復活するという事もあり得ますが今や5000人将の彼。

戦闘の前後処理について戦闘以外においても判断しなければならないことは多いはず。

今回の戦闘においても、河了貂を中心に飛信隊の損耗率を早急に調査し、そのうえで第4日目めの為の配備を整えなくてはなりません。

ましてや今回は信も尭雲も本能型の武将で一旦は河了貂からの指揮権を信に移譲した形になっているため、河了貂に全て任せて自分はゆっくり一晩休憩というワケにも行かないでしょう。

ネタバレ2.信の体力の回復は?

同時に、翌日の備えについていかなる対策が図られるのか?も気になります

戦略的に考えれば、河了貂はじめ飛信隊の参謀中枢の真価がココで問われるでしょう。

例えば以下のように仮説を立てて検証しましょう。

仮定①—もしも、明日以降、尭雲(ぎょううんが本陣に居座って指揮を執るなら?

⇒再び河了貂の指揮では対抗できず、本能型対本能型の消耗戦を続けるのか??

仮定②逆に尭雲自身が第549話のように指揮そっちのけで強襲してくるならば?

⇒信と羌瘣(きょうかい)の前線投入後、尭雲を信で封じ込め、羌瘣はじめ飛信隊幹部を有効に使った戦術で、今度は河了貂自身が戦略指揮を展開して、敵兵の削減と本陣の陥落を一気に進める。

しかし、おそらく上記の仮定①や②の状況が再び展開されることはまずないでしょう。

いずれにせよ敵将 尭雲に有力な軍師参謀がいないと仮定(さすがににこれ以上新キャラは無いのと、話の流れ的に李牧が尭雲の評価を下げて、手を貸すとは考えにくいため。)すると、

明日の尭雲の考えられる動きや反応を上記の①②のほかに可能な限り想定しそれぞれに対応できる準備を進めておく必要があります。

ネタバレ3尭雲(ぎょううん)の反応は??

そして、その飛信隊と対峙する尭雲軍ですが、別動隊として行動した尭雲自らの一騎打ちは優勢ではあったものの、丸一日かけても信を打ち取れず、

戦果を期待した主力軍が、羌瘣(きょうかい)の迎撃作戦でカナリの損耗を受けた為、想像以上に厄介な相手と認識を改めた。と、第549話の末尾で述べられています。

恐らく、尭雲の目線で王騎、摎(きょう)の戦いぶりが回想され、数少ない王騎と摎(きょう)の貴重なエピソードが我々読者に展開されるのは、このタイミングでしょうか??

また、キングダム第222話 『将器』では、廉頗と姜燕(きょうえん)の興味深い会話が残されています。

廉頗「姜燕、うぬは六将と戦った中で誰が一番熱かったか?」

姜燕「私の場合は摎ですね、お互いに攻め重視なので、毎回両軍ともに万の犠牲者が…」

廉頗「ヌハハハ!あ奴の攻めはことさらひどかったからのォ!」

いまの、読者の我々には六将が凄かったという事は分かっていても、白起などの史実での超メジャー武将を除いては、いまだにその断片的なエピソードしか伝わってきていません。

もしも、その姿が第550回で尭雲から王騎や摎が語られるとすれば敵将である尭雲の立場から語られるため、

かつて、昌文君から政に語られた恋人同士の王騎と摎として語られるのではなく、

悪夢のような、より強大で恐ろしい二人の回想シーンが展開されることになり、キングダムの中でも六将ファンの方にとっては、期待のエピソードとなるのは間違いないでしょう!

ネタバレ 次は桓騎軍に危機??



1.そろそろ鄴攻めの全体像に変化が起こる?桓騎軍の大ピンチ

キングダム第517話『削り合い』以来秦軍の全体が、

鄴城⇒桓騎

閼与(あつよ)⇒王翦(おうせん

橑陽(りょうよう)⇒楊端和(よう たんわ)

以上のように

それぞれに大将を分けて各戦場に展開してから、すでに単行本2冊分くらいの期間が開いています。

そして、私がここで気になるのは今の秦軍にとって最悪の展開は何か?なのですが、

やはり新たな将軍と軍団が現在の戦局に投入されるという事です。

第549話までは王翦 対 李牧軍の直接対決を中心に、楊端和と舜水樹(しゅんすいじゅ)の橑陽方面軍の戦いを差し挟む形で、戦闘が描かれてきました。

そして、いまだここにきて桓騎の持ち場とされている、鄴城の周辺が付近の地域の小規模な趙兵軍だけの散発的な攻撃だけで、桓騎とその側近が防戦するといった様に、

あの黒羊戦で、強力な野戦の実力も発揮した桓騎軍の持ち場としては、何やら不自然なくらい地味な戦場と化しているのか気にかかります。

第539話壁さんが舜水樹に兵糧の半分を燃やされるという大ピンチが描かれました。

次にそして、王翦軍では左翼の武将で王翦の第2の将でもある麻鉱(まこう)将軍が、テラフォーマーズ並み『アゲてからの突然死』を迎えます。

そして次回第550話で描かれる3日目の夜でも、

李牧をはじめとする趙軍サイドによって、これまでの伏線や判明してきた秦軍の弱点に関係する布石を、何もすることなく話が過ぎていくという事などは考えらえないからです。

正直、楊端和率いる橑陽方面や、

一時的にとはいえ将軍に昇格した蒙恬のいる閼与方面軍の左翼

そしていまだ、直接的な戦闘が描かれてはいない、

王翦と李牧の閼与方面での中央軍同士の直接激突も、当然、気にはなるのですが、

それ以上に、やはり気なるのが桓騎の包囲する鄴の城です!!

先ほどの、第539話にて非常に気になる場面がありました。

壁さんが兵糧の半分を失ったために遠く戦場を隔てた王翦と桓騎両将軍にその報告として、伝令兵を飛ばしたところ、その全員が敵国内である趙国内で、伝令先にたどり着くことなく全滅したと。

王翦将軍は独自に鳥や民間人に偽装した情報網もってはいるようですが、

今の状況で、その情報網のすべてが十分に効力を発揮できるかは疑問であり、

逆に、戦略規模での情報伝達に関しては趙軍が圧倒的にに有利であるコトが分かります。

そして何故、次に戦略的規模のピンチが桓騎の持ち場に襲い掛かかって来るのか?

桓騎軍の名将の一人であ雷土さんからの発言が伏線として、明確にそれを指示しているように思えてなりません。

桓騎「で、初日やってみた感じどうだった? お前ら」

雷土「ヤレねえことはねェ、でも、コレで李牧やら何らやらの、デケエ軍隊が来たらマジでひとたまりもねェ」と、

そして、

以前から多くのキングダムファンが気になっていた、かつて李牧と慶舎けいしゃ)が見抜いた桓騎の弱点何かココで明らかにされ

この重なった要因を突くために、第三の趙軍が動き出す!?ということが秦軍にとっての最悪のシナリオではないでしょうか??

また、もしも桓騎が敗れてしまい城が解放されてしまえば、

閼与軍と橑陽軍を相手に戦っている王翦と楊端和が勝利しても、その勝利の価値そのモノが大きく失われてしまいます。

実際いまの王翦将軍の戦略の根幹も、鄴を開放できる力を持った軍隊は閼与軍と橑陽軍しかないことを前提に構成されています。

そして、おそらく桓騎軍に襲い掛かる将軍として一度、趙西部に召喚される予定ではあったものの、オルドによる燕国軍の襲撃により、一旦は王都圏にとどまっている扈輒(こちょう)将軍が、近いうちに登場するのではないでしょうか?

こう考えると、オルドの襲撃ですら秦軍にとってのラッキーに見せかけた、伏線であったのかと、捻じれたコトを考えてしまいます💦

2.桓騎もまだ発展途上?今回の鄴攻がキッカケでさらに覚醒する?

史実では、この攻略戦の後の年の紀元前234年に平陽の地にて、桓騎自身の手によって敗れることが分かっている扈輒(こちょう)将軍ですが、その際に桓騎の見せ場となる因縁としても「桓騎自身の弱点が何か?」も交えなら、これまで謎に包まれてきたの桓騎の内面にも迫る形で攻略戦の話が展開されるのではないでしょうか?

そうであれば、桓騎も合従軍編第302話 『武将の矜持』で語られた、

今は亡き秦の老将、張唐大将軍の名台詞

張唐「儂と約束せィ、秦国一の武将となれ桓騎、秦を頼むぞ…。」と

張唐から託された志が彼の中で如何に芽吹くのか??

といった展開も期待できると思います。

桓騎が、ただ単に主人公と対立する、ダークヒーローで終わってしまうだけの器におわるのか??

桓騎ファンにとっても目が離せない新展開が待っているコトを期待します。

そして出来れば、『ぎゃはははは!お頭ー♡』と語尾に♡マークを付けて爆笑する陽気な桓騎軍の凱旋シーンを再び見てみたいですが、

その前に迎えるであろう大ピンチに対し、大胆不敵な笑みを浮かべて敵を躍らせる桓騎の姿も楽しみです。

キングダムネタバレ550話の予想と考察 — 以上

気になった、第550話は??キングダムネタバレ最新 第550話感想と考察 期限の知らせ キングダムに恋愛要素は要らない?この週も、またまた発売当日の夜2時に速攻で買いに行きました(笑)

※皆さんのキングダムネタバレ予想やコメントもいただけると嬉しいです。どうぞお気軽に。(笑)

↓ 最後まで読んでくれたらクリックお願いします。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村

Twitter:しんいち ダム垢(@takikomigohande

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。