キングダムの感想、ネタバレ予想を楽しんで連載を待つブログ。

キングダムネタバレ予想考察オフィス

キングダムネタバレ最新予想

キングダムネタバレ最新712話予想 李牧との直接対決は?

投稿日:

(   李牧 作画引用:原泰久先生 作 キングダム第711話)



ようやくですよ。

やっと、趙軍側の真打の李牧さんが動いてくれます。

桓騎率いる、本軍が14万人規模という、恐らくは李牧が今回の宜安戦で、秦軍を迎撃する想定軍容になった事を確認して動き出した李牧さん。

カン・サロさんのお仕事で、見事、退くでもなく、様子見るでもなく、まんまと罠を張りまくっている宜安にやってくる桓騎筆頭の秦軍の皆さん。

ところでなんで? 李牧は閼与で、王翦が中心の攻撃を務めて、桓騎の方がさらに北方へやってくるとか予想できたのでしょうね??

ここら辺はどっちが来ても撃破できる自信があったのでしょうか??

ではでは、来週もキングダム本篇を予想を進めていきたいと思います。

キングダムネタバレ-足並みの揃わない秦軍

気になるんのは李牧なんですが、先に秦軍側の態勢について予想していきます。

もう、これは簡単で、シンプルに秦軍は足並みが揃わないでしょう。

理由は明白で、ココからは桓騎軍が筆頭の軍になるからです。

黒羊戦からの慣れで、飛信隊はある程度上手くやるでしょう。

風ハンさん率いる、太原からの援軍5万の連中はキャラ設定が特に明確ではないので、モブとして好き勝手に運用されるのがオチ。

捨て石で趙軍に虐殺される可能性は高くても、別にストーリー的には特に問題が生じ無さそうです。

問題が出てきそうなのは、蒙恬と壁でしょう。

①桓騎と蒙恬

蒙恬は桓騎が相手でも、なんとか圧を上手く躱すと思います。

作戦上の無理難題を吹っ掛けられても、それすら上手く実現して見せる事でしょう。

では、桓騎と蒙恬の間に、問題が生じるとしたら何でしょう??

気になる点があるとしたら、桓騎の指示が蒙恬軍目線で見て、兵法に適っていないと判断された場合、蒙恬クラスの優秀なヤツであれば、桓騎に意見を辞さない場合があると考えられます。

この点、蒙恬はキングダム的に言えば知略型の武将なのですが、最近の桓騎の戦い方をみる限り、どうも慶舎のような“受け”を利用した“本能型”に近い戦い方が多いです。

情報収集と作戦立案を以って計画的に戦闘を進めるような人物ではなく、都度都度、感覚的に仲間の動きを進めて、重要な局面だけ自分が動くといった様な様です。

この点、桓騎が、友軍のなかでも特に知力が冴える蒙恬と、意見が相反したときにどうなるか?

この点は、信と違った意味で桓騎がどのように蒙恬を動かすのか?

蒙恬も、桓騎の作戦意図をどのように汲み取るのか?

まさか、蒙恬まで影丘での玉鳳見たく損耗玉砕なんてことはないと願いたいのですが、実力が高いもの同士がどのように絡むのかが気になるトコロではあります。

①桓騎と壁

マジで死亡するかもしれません。

桓騎『クククッ』

摩論『どうかされましたか?お頭。』

桓騎『王翦から聞いたぜ?アイツ、イイ囮になるってな。』

はい、壁の事です。

多分、真面目な壁と、ふざけていつでも舐めプの桓騎がどうなるか気になっている人も多いと思います。

めっちゃクチャコミカルになるか?

それとも悲惨極まるイジメになるのか??

いずれにしても、両極端の状況に壁が追い込まれる様などを、どうしても予想してしまいます…。

悲惨な目といえば、半分モブキャラと言ってもいい、援軍5万と風ハンさんがポジション敵に丁度イイとはいえるのですが…、

どうしても脳内で壁と桓騎の二人をを並べてみると、クラスの学級委員を押し付けられる真面目キャラと校内一の不良生徒…、みたいな変則コンビを見せてくれるのではないか?

そんな拗らせた期待を抱かせてくれるのが、今回のこの二人ではないでしょうか??

寧ろ、桓騎が下のモノに無理難題を吹っ掛けてきた際などは、蒙恬や信よりも、壁が先に“モノ申す”役割を果たすかもしれません。

キャリア的にも北上軍の格上では次席ポジションの将軍なので頑張れ壁、なんか言われても桓騎などにひるむ事はないぞ。

あ、がんばれっつても死なない程度にな。

キングダムネタバレ-李牧軍の軍容

フテイとカイネはそんなに成長していないと思います。

カイネはこの先、李牧の想いをいろいろと受け止めてながら生きていくので死ぬことはないでしょうが、フテイは新キャラの活躍次第でどんどん影が薄くなっていくでしょう…。

流石に、読者的にもコイツが信と再戦しても、どうしても盛り上がれない…。

項翼と違って、今まで一体何をしてきたんだろう?

三千将以上に似合うポジションも実績もなんもないじゃないか?

そう言わざるを得ないキャラです。

でなんで李牧麾下としては、馬南慈が本気出すと朱海平原戦どころではないぞ!!的な部分で読者を沸かせにくると考えられます。

これは鄴攻め編でも馬南慈と李牧との会話で分かることですし、作品の位置づけ上、どうしても堯雲らにメイン敵の座を譲るしかない部分も強かったので予想も容易です。

それこそ馬南慈のメンタル面での本気度という話だけでもなく、近くなった雁門から、直下兵やら親族を呼び込んでいるとか?

ハードの面からの強化も考えられます。

そういう意味でも、逆に青歌軍の皆さんは、ちょっと対秦軍的な意味では、李牧も最初は隠し玉として運用する可能性が高いでしょう。

でなんで、非常に楽しみではあるのですが、楽彰さんと上和龍さんの活躍は、もう少し先かもしれません。

キングダムネタバレ-会敵はどうなる?

で、ストーリー上の予想はキャラ属性を見てみればいろいろ思いつくのですが、問題は行軍上の動きです。

これからの李牧は、桓騎をおびき出したはいいのですが、その彼とどこかの地点で、総力で会応じる会戦を望んでいるのか?

それともさらに、秦軍の北上軍を細分化して、桓騎軍を直接叩く心算でいるのか??

地の利を大いに利用できるのは間違いなく李牧の側なので、恐らく地形上誘導があるのは必至です。

しかし、その程度の事は桓騎とて想定しているハズなので、ワザワザ自分から桓騎が孤立するような…、

それこを扈輒さんと同じマネなどするハズも無いので、予想がしにくいです。

この点、李牧の策戦の導入部分を見て、李牧が言っている“桓騎の弱点”を随時絞り込んで予想を進めるしかないように思えてきます。

― キングダムネタバレ最新712話 以上 ―

次回もこの先の展開について、キングダムネタバレ予想をすすめていきたいと思います。

皆さんの予想やコメントもいただけると嬉しいです。どうぞお気軽に。

 

 

-キングダムネタバレ最新予想

Copyright© キングダムネタバレ予想考察オフィス , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.