キングダムの感想、ネタバレ予想を楽しんで連載を待つブログ。

キングダムネタバレ予想考察オフィス

キングダム本編考察

キングダムネタバレ第719話 錐型の陣 考察 また一人逝ってしまった…、(´;ω;`)

投稿日:

(  岳雷さん:原泰久先生 作 キングダム第719話)



岳雷さんのご冥福をお祈りいたします。

もう、今日はキングダムのことを思い出したくね~ぐらいだわ~!!

つーか、岳雷さんが死んだ回の話なんて、振り返りたくねーよ。

しかも、勢いが無くなって蒙恬の錐形突撃失敗したっぽいし、秦軍側の起死回生無しか?なんだコレは~?

そりゃまあ、史実ネタ上からも、李牧軍の為のアゲアゲ設定の戦だってことは最初から理解しとるが、もうコレならさっさと顛末に向けて今戦が過ぎ去っていって欲しいとも思う。

は~、どうしましょ?

とりあえず、今週もキングダム本編を振り返っていきたいと思います。

キングダムネタバレ-青歌軍の早すぎる突陣形成

楽華軍と飛信隊の共働による突撃陣形成…。

飛信隊が右で、楽華軍が左となっていることが分かります。

尾平らはじめ、双方の歩兵団は後方に移動した形でしょうか?

最先頭は信と蒙恬が務め、羌瘣はやや中郡から全体を俯瞰します。

これは結果的に、後々で羌瘣が窮地を回収する働きをしそうですね。

飛信隊側の先頭は信ですが、我呂と岳雷さんら飛ヒョウの面々が中心であることも分かります。

この秦軍の動きは、遠目でも李牧からハッキリと見て取れ、楽華軍と飛信隊による包囲突破が狙いであることを、彼も読み取っています。

その上で、李牧は信と蒙恬らの狙いがそう簡単に実現できない事を確信します。

持ち場を任せているのが、楽彰さんと上和龍さんだからです。

李牧『見せてもらいましょう、青歌の力を。』

ちょっとここは引っ掛かります。

同じ青歌軍のカン・サロは本人と一部の将校を除いて、基本的には狼孟の軍を使って秦軍援軍を撃破しましたが…、

李牧の口ぶりからすると、どうやら楽彰さんらが率いているのは、将校以下兵団そのものも、青歌から引き連れて来た直下兵ということでしょうか??

今回の本編では明確には言及されておりませんが、楽彰さんと上和龍さんが率いる兵が、青歌直下兵なのか?

李牧がここ半年で糾合した単なる北部兵であるか?

この違いは統率性に於いて非常に大きな違いになるので、少し気になりますね。

李牧の側近も『青歌軍が陣形を変えた!?』と、ここから先で驚嘆しているので、恐らくは直下兵であると推察できます。

で、ここからの青歌軍…。

なんか、もぅ?

反則みたいに動きが早いです。

陣形を整え、先手で既に突撃を開始している楽華軍と飛信隊を相手にですよ?

先々週のラストで、単純横陣で接近してきた形態から、後手の陣形変更をし始めます。

モブ青歌兵『楽彰様!敵は錐型の陣を!?』

楽彰さん『フッ、上和龍。知っていますか? あの錐型突破の最も屈辱的な破り方を。』

上和龍『知らん、知るワケがない。誰に言っている。』

いやいや上和龍さん?(汗)

楽彰さんは丁寧に、『上和龍。知っていますか?』と名前まで言って聞いてくれていますよね??

もしかしたら、この上和龍という将軍、自分の名前すら分かっていない脳筋(バカ)なのかと思わせてくれるこのシーン。

ジ・アガさんとの豪将勝負という意味で、ジワリとくる面白さを醸し出してきます。

クッソw

どうせコイツも急造キャラだと思っていたのに。苦笑

で、この楽彰さんの問い掛けにかんして、上和龍さんも側近兵以下も、全員『?』の状態から…、

楽彰さん『見せてあげますよ、今から。』と命令を発動。

準備を完了して突撃を開始し出した、楽華軍と飛信隊、そして友軍の李牧本陣からも分かるように、もの凄い速さで青歌軍も秦軍と同じ錐型突破陣を形成していきます。

いやいやいや??

先々週まで、ダラダラ~っとした横陣だったでしょ?

しかも、横陣だけあってその殆どの構成員も騎馬じゃなくて歩兵のハズなのに、いろいろオカシイやろ!?

構成兵種まで一変してるって、余りに神(作者)様の優遇が凄すぎませんか!?

蒙恬も『まさかそんな手で来るとは!?』と焦っていますが、これは流石に可哀そうな気がします。

この突然の出来事に、後方の河了貂や趙軍サイドまでものが驚いていますが、当然でしょう。

李牧『思っていた以上に苛烈なのですね…。青歌の第二将楽彰—。』

そんなコメントを残す李牧ですが、どことなく似た者同士のような気がします。

この二人。

無茶な作戦を考える李牧⇒それを実現するホウケン

苛烈な作戦を考える楽彰⇒それを実現する上和龍

まあ、つまりポケモ〇マスター同士ってことなんだと思います。

突然の両軍激突に備えて、大将の蒙恬と信の前を固める、楽華軍と飛信隊の精鋭たち。

特に信の前は岳雷をはじめとすると飛ヒョウが備えます。

で—、

見事に両軍激突。

馬も人も吹っ飛びまくります…。

信ですらその衝撃に馬足を取られ落馬。

楽華軍のほうは蒙恬に代わり陸仙が先行します。

しかし、元々乱戦特化部隊であった飛ヒョウにとっては出番であり、力の見せ所。

そのまま岳雷さんが先行を進めます。

その瞬間—、

いつもなら、一緒に躍り出るハズの我呂が、どこか慎重を期する声を発します。

我呂『岳雷さんのダンナ、あんま前に出過ぎるな、前は俺ら若いのがやる、この敵は何か…、』

岳雷さん『ぬかせ!二、三しか変わらぬ!』

一瞬、え?岳雷さんと我呂って、二つ三つしか歳違わないの?とかおもったのですが…、

そんな小さな疑問を差し挟ませてくれない程に、既に岳雷さんは、敵将 上和龍と相対するまでに接近。

え?

ついさっきのアホ面丸出しの上和龍と、描き方の画力が全然違って、イヤな予感しかしないんですが…。

我呂『ま、待て岳雷!』

岳雷さん『ヌオオ!!』

 

…、

 

……。

 

いや、もう戦争漫画って分かってるんですけど、好きなキャラクターが退場するのは堪りませんわ…。

クッソ!

このように、別れは当然訪れるものなのですが、こんな事ならもっと普段から岳雷さんを応援しておけば良かったと心から悔やまれます。

 

軍の勢いが削がれたその瞬間、後方の河了貂にも異変が伝わり。

同じく前線で戦う田永も驚愕の表情を浮かべます。

 

クッソ!?

結局、軍力でも策とかでもなくて、個人武力(一騎打ち)でアッサリと場面転換されてしまうのがキングダム。

でも覚えとけよ、楽彰に上和龍!?

それだったら、同じくお前らも個人武力(一騎打ち)でアッサリ状況転換されるリスクがあるってことだからな!?(泣)

それがキングダムの恐ろしさじゃ~~~ッ!!

なんせコッチはまだ羌瘣さんが後方に控えておられるんだぞ!

おいゴラぁ!!

 

飛ヒョウの面々が、驚愕して悲しむ最中…、

上和龍『そう気に病むな、どうせお前たちもこの李牧殿の包囲から外に出られずに一人残らずここで死ぬのだからな…。』

 

突然、饒舌になる上和龍。

 

クッソ!

どうせコイツは楽彰さんのポケモンなので、先に楽彰さんを狩って…、

上和龍『え?ええッ??楽彰死んだの!?儂、バカだからどうしたらいいのか分かんない!!』などとパニック追い込んで―、

遠巻きに、弓矢兄弟で穴だらけにしてほしいトコロです。

『てめェ!』と、激昂する我呂。

同時に、逆襲に掛かる彼を制する声。

『どいてろ我呂ッ!!』

『てめェ、よくもッ!!』

上和龍『手遅れなのだよ、お前たちは…。』

― キングダムネタバレ最新719話 以上 ―

次回もこの先の展開について、キングダムネタバレ予想をすすめていきたいと思います。

皆さんの予想やコメントもいただけると嬉しいです。どうぞお気軽に。

-キングダム本編考察

Copyright© キングダムネタバレ予想考察オフィス , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.