キングダムの感想、ネタバレ予想を楽しんで連載を待つブログ。

キングダムネタバレ予想考察オフィス

キングダムネタバレ最新予想

キングダムネタバレ最新720話予想 楽彰は合理性を欠く二流将軍。

投稿日:

(  楽彰:原泰久先生 作 キングダム第719話)



前回は岳雷さんを失ったあまりにもツライ喪失回でございました。

まあ、早々に出てきた青歌勢、皆さん相当の猛者揃いということが分かってきました。

カン・サロに襲撃を喰らった時そうですが、初見の秦軍にとってみれば、なんやねんコイツ等!?といった衝撃ではないでしょうか?

なんども書いているとおり、ここは史実ベースで李牧勝利確定の戦争…。

でなんで、そんな戦闘に従軍している飛信隊と楽華軍にとっては、巻き添えで非常にツライ局面が続くということでしょう。

それにしても今回は、蒙恬が突撃を指揮した結果で失敗しかけているという状態なので、猶更に珍しい状況です。

一応、突撃を飛信隊と楽華軍の二軍で左右で割っていたので、せめて楽華軍の方で勢いが死んでいなければ、いいのですが、上和龍と対峙した飛信隊はどうなるのか?

楽彰さんの次なる手を信と蒙恬が上手くやり込めることができるか??

まずは、目の前の危機をどうにかできるのかという点で予想を進めていきたいと思います。

ではでは来週のキングダム予想を進めていきたいと思います。

キングダムネタバレー上和龍VS信はどうなる?

突撃に出た以上、その勢いを失ってしまうと相当マズイです。

信も河了貂も蒙恬もそのことは重々承知していると思います。

でなんで、岳雷さんが倒された直後、大将として早々に攻撃に出た信の行動は正解だと言えます。

我武のホーケンさんを倒した我らが李信将軍ならば、きっと上和龍を倒してくれるでしょう!

と、言いたいところですが…。

我武のホーケンさん撃破の実績も、先の影丘戦での肉饅頭相手の戦闘を思い出せば、必ずしも信の武将としての格に直結していたかというと、そうでもなかったことは読者の記憶にも新しい所です。

特に上和龍将軍も楽彰さんも、今後、李牧が桓騎軍相手に勝利を重ね、その後に趙国滅亡のクライマックスが描かれることを考えたら、ここで早期退場させられるワケもないでしょう。

何より、ここでアッサリと信に上和龍が屠られたら、一体何のために岳雷さんが犠牲になったのかワケが分かりません。

ええトコロ、今のところ中軍で全体を見てくれている羌瘣と羌礼が上がってきて、信に合力。

結果的に頃合いを見て、楽彰さんが上和龍を下がらせるといった展開ぐらいが妥当なのではないかと予想します。

この上和龍という将軍、豪将という意味では、ジ・アガさんとどちらがナンバー1なのか競い合っている様子でしたが、何処となくジ・アガのほうはカン・サロの言うことを聞かないほどで、先に突撃を仕掛けてしまうような暴走までする豪将で、逆に上和龍は、楽彰さんの言うことをよく聞くけど、頭が弱くボーっとしている豪将といったような印象を受けます。

強いてバケモノに例えるなら、ジ・アガがバーサーカーで、上和龍はフランケンシュタインみたいな感じでしょうか?

上和龍は楽彰さんとの会話の掛け合いからも、楽彰さんが動きを決める役割で、上和龍はそれを忠実に実現する強ユニットといった感じだと思われます。

寧ろ、上和龍は楽彰さんとの会話のリアクションも、どこかバカっぽいようにも見えます。

恐らく上和龍は素直過ぎるバカで、楽彰さんが『これチョコレートだよ。』とか、ウンコを差し出しつつ嘘を教えてやると、『アリガトウ、楽彰ヤサシイww』などと言ってムシャムシャ食べるに違いありません。

でなんで、この点の考察をもとに予想するとですよ?

秦軍的には、先に楽彰さんを叩いてしまう方が、秦軍に有利に働くのではないでしょうか??

キングダムネタバレー蒙恬、愛閃、陸仙はどう動く!?

719話作中を何度も読み返しても、楽彰さんがどの位置にいるかは全く分かりません。

楽華軍と飛信隊共に、岳雷さんを倒した、この上和龍以外に、有力な趙軍将校がどこにいるのかは。この乱戦では捕捉すら難しい状態だとおもいます。

楽彰としては、上和龍の武力に相当の信頼を置いているハズですから、普通に考えりゃ自軍の突撃形態を完成させてからは、ある程度後方に滞陣している可能性が高いでしょう。

では、どうやって秦軍は楽彰を叩けばいいのでしょうか?

上和龍を抑えることも必要ですが、前項で記載したとおり、毎度毎度のことながら、我武ホーケンに匹敵するような個人武力キャラが頻出することが定番化しています。

なので、一騎討の勝利が確定して、どれだけ敵が多数いても、それでもって何故か敵が解散してくれるという流れが期待できない以上、楽彰さんの方に引く判断をさせるか、なんらかの計算外のダメージを与えることが重要であるように思えてきます。

ネタバレ予想-何故か秦軍の攻撃の届く範囲にいる楽彰

まず、この点の流れなのですが、楽彰さんも、趙軍のキャラクターらしく、それなりに油断してくれている可能性があるんじゃないでしょうか?

楽華軍と飛信隊にとっても、趙軍の青歌勢の出現は予想外のダメージを被りましたが、楽彰ら青歌勢としても、楽華軍と飛信隊の力の全てを知っているわけではない。

現時点において、楽華軍の愛閃と、飛信隊の側で羌瘣と羌礼、弓矢兄弟等の必殺兵器の投入がなされていない点。

そして、これらの必殺キャラを効果的に誘導できる陸仙や那貴もいるワケです。

横陣から急遽無理、錐型陣形に変形して、楽彰さんもノリノリで一緒に突撃してきた結果だけでなく、友軍の士気をそれなりに上げるためにも指揮官自ら前方に滞陣しているという筋もあり得ます。

寧ろこの点で、真面目に考察を加えると、『秦軍の錐型攻撃を屈辱的に破る。』という、純粋に戦闘で勝つ以外の目的を交えて行動している時点で、楽彰は二流の将軍と言わざるを得ません。

そもそも余剰兵力で秦軍に大きく勝るのですから、自軍も錐型になり動くことで、大きく隙を作ってしまうより、楽彰軍と飛信隊の突撃ポイント部分を厚くして、突破に時間を掛けさせ…、

その間、両翼からの騎馬隊を投入して、『すりつぶせィ』をする呉慶さん方式の方が、優秀で理にかなっている戦闘方法だと思います。

実際に楽華軍と飛信隊を分析していて、最初からこの二つの軍を“精神的に砕く”という意図と準備をしていたのなら、違うのですが…、

作中の楽彰の言動と挙動を見ていても、上和龍はおろか、部下の全員が、楽彰の言うことに『?』を示しており、今回の作戦も即興的に作出されただけでしかないことがよく分ります。

実際を考えても、相手の軍が突撃を始めた後で、歩兵中心の横陣を騎馬主体の錐型陣形に編成し直して、尚且つ、そこから後手で動き出した突撃で勝利するなど、カナリの無理があるからです。

楽彰が『上和龍、知っていますか?あの錐型突破の最も屈辱的な破り方を…、見せてあげますよいまから、』から始まり。

上和龍をはじめ部下の全員が理解できない様子を示した後、実際問題どんな動きになったか考えてみるとよく分ります。

楽彰『えーっと、とりあえず横陣のままここまで来ちゃったけど、今から錐型に陣形変えるから。』

モブ趙将『え!?今からですか??』

楽彰『うん、できるっしょ。屈辱的に飛信隊とかぶっ潰したいんだよ。』

モブ趙将『では、騎馬が中心でなくてはなりませんから、いや?その前に歩兵を下がらせないと…。』

楽彰『いや、そんなん分かってんよ、早くしろよボケ。』

モブ趙将『大変申し訳ございません。騎馬は青歌軍からの将校なので問題ありませんが、歩兵は李牧様がここ半年で集めた北部兵なので、事前に聞いていた作戦しか存じていないようで…。』

楽彰『いや、早くしろって!?じゃあ、早く青歌騎兵を前に出せよ! 俺が折角いい作戦を思いついたのに台無しにすんなよ!!』

モブ趙将『しかし(汗)、訓練してきた以外の作戦を急に申されましても…、』

…とまぁ、こんな感じで中間の武将さんたちも、めちゃくちゃ苦労したと思うんですよ。

つーか、作戦の切り替えについて喋っている間に、お前ら楽華軍と飛信隊の突撃喰らってるよ!!

大軍を誇る割には、何でか都合よく歩兵から騎兵に切り替わっているし、今この場で思いついた作戦を、どうして都合よく全軍に伝達完了出来たのか?

結構無理な動きが作品上、演出の都合上で実現されているので、個人的には楽彰とて必ずしも優秀な武将だという様には見えてきません。

なので、実に登場の時点で油断しているという意味でも、ご多分にも漏れず、やはり彼も趙軍の武将なのだと思わせてくれます。

でなんで、楽彰さんも敵の突撃に対して、自軍も突撃で挑むというリスクある選択を選んでいる以上、そこは秦軍側としても、攻撃を加える隙として、蒙恬や羌瘣ら程の人物が見逃すハズはないと考えます。

飛信隊側で信が上和龍と相対して、苦戦すると想定して、羌瘣(もしくは羌礼)は信への剛力に動くかもしれませんが…、

蒙恬が乱戦の中で、楽彰の居る敵中枢を捕らえ、愛閃を投入すると、この一手で楽彰軍もまた勢いを削がれる可能性は高いです。

― キングダムネタバレ最新720話 以上 ―

次回もこの先の展開について、キングダムネタバレ予想をすすめていきたいと思います。

皆さんの予想やコメントもいただけると嬉しいです。どうぞお気軽に。

-キングダムネタバレ最新予想

Copyright© キングダムネタバレ予想考察オフィス , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.