キングダムネタバレ後考察

キングダムネタバレ最新第607話総大将の対話考察

更新日:

(李牧 作画引用:原泰久先生 作 キングダム第607話 )
さて、そこに至るまでの実際の戦闘駆け引きにおいて、王センが陣形を完成させるまで李牧が雷伯たちに任せておいて傍観していたのも気になりますが、李牧もまた王センという武将に興味があったのかもしれません。

王センが李牧だけでなく、その背後の趙王の動向にも気を張り巡らせていたのに対して、これまでの李牧は戦国の世のリーダーとしては他の国の武将たちに対して関心が無さすぎだった感が否めません。

咸陽の王宮で王センの名指しまでして、秦国のどの武将攻めてきても絶対に勝てないなんて言わなきゃよかった!と思っているかどうかは分かりませんが、「ギョウは落ちない」だの「歴史の重み」など中途半端な反論が「下らん」の一蹴であとは王センに言われっぱなしになるとは李牧も想像できなかったことでしょう。

いまさらながら白老がどうやって王センを御していたのか?

また、桓騎もそうなのですが白老の死後、王センが独立の指揮権を保有した軍属として活動が認められるようになった政治的な背景にも何があったのか?非常に気になるところです。

7月11日発売ヤングジャンプのキングダム第607話について検証と考察を進めます。

キングダムファンの皆様、今週もよろしくお願いします。

キングダムネタバレ-李牧式本能型戦術の顛末



李牧としては戦闘をすすめながらの布陣が難しいって知ってんなら、なんなと妨害いれるなり、雷伯、共伯軍引かせるなり、それこそ騒ぐだけで全く役割皆無のフテイ、カイネの未熟者軍に仕事与えるとかあったのではないか?

なんか、驚いてみているだけとか、中身は壁さんと全く一緒のような気がしています。

しかも、驚いて若干口が空いてるよ…。

いぜれにせよ李牧、基本的に事前準備で戦うのは基本的に軍師として戦う姿勢は多分に正しいのですが、部下と一緒に想定外の敵の動きには弱く描かれている側面が強いように思われます。

前回、あれだけ本能型でひとつ山場を作った割には、これだけ大きな王センの動きには無反応なんだ?っていう拍子抜けを感じます。

あと、何気に今回の全体図で李牧軍対面の王セン軍の全配置が描かれだしたのも良かったと思われます。

予期せず、全軍を呼び込むことになった倉央軍の全面にフテイ、カイネがいることがわかります。

糸凌さんが両刀使いなのに対してカイネもそうで、カイネがそんな糸凌さんと倉央の大人の世界に「あっ、あ~~~。」ってされるのを童貞のフテイが何やら不思議そうな顔をしながら見つめている結果になるでもいいかもしれません。

カイネ「うわぁー!フテイ!?死ぬ死ぬ!」

フテイ「くそ、やめろ!俺の嫁に!?」

カイネ「死ぬゥ~!死ぬほど気持ちいい~♡」

フテイ「ぎゃー!!(泣)」

まあ、これぐらいの目に遭わないと彼らは武将として成長しないと思います。同世代のライバルを名乗るなら、これまで幾多の試練を乗り越えてきた飛信隊を見習う意味で頑張ってもらいたいところです。

キングダムネタバレ-トップ同士の会談



あくまでもキングダム内の歴史的に見た場合、王センと李牧の会話が何かしらの形で公式な発言録として、会戦に立ち会った者のなかに残る余地があるのかが気になるトコロであります。

ともあれ、上記の側面が外交上のたがいのカードとしてどのような影響が出てくるかは、この先、二人の総大将が生きて朱海平原を出ていく結果が伴ってこその展開であるので、かなり長期的な問題視点となってきます。

まず、李牧が王セン軍に対して、こ時点で降伏を勧告してきたのはいかにも李牧らしいといった一面です。

ですが、ここでさらに秦軍の保有する食糧について言及したのが王センに強烈な返しを与えるきっかけになってしまいました。

ただ、ここでもやっぱり、話の相手は王翦なんだなという返しです。キングダムらしい冷厳さを突き付けられる思いがしました。

「下らんな、歴史の重みで国が救われるものではない、上に立つ人間が馬鹿の集団であればそれだけで国は亡ぶ…。」

いや、王セン将軍…(泣)

確かにおっしゃる通り、どの時代の人間が聞いても耳の痛い話です。

そこから先の話は、李牧にとって他国に知られたくない現実を語って聞かされることで、趙国の内患が突き付けられます。

ここでも表情を変えない李牧も一軍の総大将として流石ですが、カイネ!?そこで王センにわざわざ「図星です☆」サインに等しい顔はマズいですって。

そして、はい来ました。

今期のキングダム最強のパワーワード。

スカウトで明言された、『私と一緒に来い李牧、二人で全く新しい最強の国を作ることができる』

王センは李牧を対面に引き出す前から言いたかったのであろうけど、なぜか浜ちゃんが松本を誘ったトキのダウンタウン結成の瞬間に似ているようで笑えてきます。

実現すれば最強お笑いコンビの結成を我々読者は目の当たりにすることになります。

キングダムネタバレ最新第607話総大将の対話考察 以上

次回もこの先の展開について、キングダムネタバレ予想をすすめていきたいと思います。

皆さんの予想やコメントもいただけると嬉しいです。どうぞお気軽に。

Twitter:しんいち ダム垢(@takikomigohande

前回の予想⇒【キングダムネタバレ607李牧の始める新武将基準】

最新の予想⇒【キングダムネタバレ最新608李牧と二人で最強国家】

-キングダムネタバレ後考察
-, , , , , , , , , ,

Copyright© キングダムネタバレ予想考察オフィス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.