Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダムネタバレ 第594話  楔 考察

(趙峩龍 作画引用:原泰久先生 作 キングダム第594話 )



いきなり徐肖。前回までは、ただの咬ませの急造キャラかと思いきや、なんだかかなりキャラが濃いです。

そして、おそらく今日は、趙峩龍が生まれてから一番大きく目を見開いた日なのでしょう。

来週はキングダムがお休みってだけあって、今週の描き込みは凄いです。特にモブ兵の数が半端ありません。

扉絵の合戦シーンを見て、徐肖と信がどこにいるのか朝から探しているのですが全くもって分かりません。

このようにキングダムには、漫画として読む以外にも“ウォーリーを探せ“の様な楽しみ方もあります。

神(作者)もお休みを前に、画力たっぷりで最高でした。今週は乱戦シーンでの兵の描き込みが多く、みんないい顔で出てきています。

特に去亥の驚いた顔は最高。

そして、これまでの活躍をひた隠しにしてきた羌瘣が登場。

まだ実力を隠しているハズの邦貴一家も登場。

しかし、あれ?

今週の邦貴の顔、以前より長細くなって変に見えます。

いつもより描きこみが多いキングダムなのは分かるのですが、“推し”の多い彼の作画、コレは流石にハズしちゃマズいと思います。まあ、今回はたまたまだと思いたいです。

また、この点、今回の戦闘場面で邦貴が投入されるも、入隊して以来、期待された彼の実力がいかんなく発揮される機会がお預けになってしまったようです。

そして、594話のキングダムでは、信たちは羌瘣の作戦に乗るしかないのですが、これだと普通に考えて趙峩龍逃げてしまいます。

ただその反面で、趙峩龍も本陣手前を抜かれて攻められているのに、『ギリっ!』とか言っているあたり、飛信隊殲滅に拘って自滅するなどの顛末も別段、想像に難くありません。



キンググダムネタバレ-徐肖の勢い

前回の考察⇒【キングダムネタバレ最新第593話趙ガ龍本陣 考察】

前回の予想⇒【キングダムネタバレ594信呼応で羌瘣弓矢兄弟は?】

やってくれましたね徐肖。

まあその分、ジョリーン(徐林)が皆からコレほど集まるほど愛されていたコトと比べると、兄である徐肖などはどうなのでしょう?

キングダム本編でも趙峩龍に後述されるように、真逆の扱いであったのかもしれません。

この急造とは思えないほどのキャラの濃さ故に、趙峩龍を始め軍団内の連中から見ても、「アイツほっとこうぜ」的な存在であったと思われます。

私含め、御覧のキングダム読者様のご兄弟の中にも、戦の最中にも関わらず、コレほどの号泣ぶりで泣いてくれる兄弟などは、そうそう居ないかもしれません。

先々週まで、キングダムファンの中でもこの徐兄弟は、精々「そんな奴らいたな…。」程度の存在感しかなかったハズです。

しかし結果的に、次週に向けたキングダム本編の休載による引き延ばし効果も相まって、非常に強く印象に残るキャラになってしまいました。

キンググダムネタバレ-生死判定保留の松左

飛信隊、バンバンやられています。

崇原率いる後続部隊も健在なハズのですが、そこは流石に騎馬と歩兵の速度の違いがあります。

先方集団であった信、楚水、我呂の騎兵団がすっぽりと土雀徐兵団に包囲されてしまいました。

キングダム考察-徐肖の位置と早すぎる急展開

致命傷というほどではありませんが、前回のキングダムのラストで信が徐林に受けた一撃がかなりのダメージとして残っています。

信の周辺には我呂とわずか数名の騎兵しかいない様子で描かれている所を見ると、かなり味方同士の分断も一気に進んできているようです。

先週、松左の心の応援を受けて信が徐林を倒していたので、包囲される状況が少しでも緩和できたかのような印象もうけましたが、上述の通りこの点でもジョリーン(徐林)を討ったコトは、土雀の戦意を高める結果となっても、戦意を下げることにはならなかったようです。

さて、読者もそんな徐肖の身勝手を目の当たりにしたキングダム594話。

趙峩龍はこのまま戦局を流れに任せます。

キングダム-打つ手がない河了貂

決して意地悪で言っているのではなく、もう前線の先まで全兵を繰り出しているので伝令のやり取りもままなりません。

そして、その程度のことは河了貂としても百も承知。

竜川をはじめとして前進が遅れがちな仲間の足並みを合わせるための指示を、前回から逐一発していた様子が描かれています。

キングダム考察-松左の意識不明

同時に描かれた干斗と松左の立ち位置ですが、今回も松左の生死判定は先送り。

こうなると少し、松左の扱いが酷いですね。

休載を挟めば彼の生存危機の始まりから4週間の引き。

いくらなんでも、それだけの時間を挟んでしまえば、流石に読者としても緊張感よりも疲労感のほうが上回ってしまいます。

なので、結果的には趙峩龍との決着がつくまで、あるいは、14日目の戦闘が終わって夜間に入るまでの間、神(作者)は見せ場を戦闘に集中させるために、松左の生死判定を保留にするするつもりでしょうか?

そう考えると、単にキャラの生死判定を思わせながらも、別のストーリー上の展開や、戦略ネタへに繋がれば嬉しいトコロです。

また、いくら松左に人気があることを認めた上で、このまま死亡判定を与えるにしてもどうでしょう?

キングダムネタバレ-羌瘣登場

羌瘣の包囲参入で、楚水、我呂、信も激戦の中で少し我に還った様子がうかがえます。

キングダム考察-邦貴の顔が心配

微力ながらと、邦貴一家も包囲の中に参入。

ボソッと本音で、「ホントは来たくなかった…」などと困惑する魯敏がいい味出してます。

冒頭でも記述したように、少し困惑したのですが、ここでの邦貴の顔今までよりもかなり縦長になっていますね。

(邦貴 作画引用:原泰久先生 作 キングダム第594話 )

前項で考察した徐肖を描くことにエネルギーが奪われたために、神(作者)もここで少し画力がパワーダウンしてしまったのでしょうか?

実に恐ろしいことです!

徐肖&徐林が登場したのは今から約一年以上前のキングダム536話、537話ですが、その間、前回の593話まで待機状態でした。

こうなると、彼らを急造キャラとしてではなく別の見方をすれば、原先生は約一年もの期間、徐肖&徐林をどうやって活躍させるか構想を練る時間があったことになります。

まるで廉頗へのリベンジを練る蒙驁将軍のように。(李牧の講評:キングダム228話参照)

仮にそうだとしら原先生、エネルギーを注ぐべきキャラクターの選定をミスってます。

間違いなく、神(作者)の才能の無駄遣いだといえるでしょう。

そういった深刻な懸念からも、次回では早々に徐肖が死亡して、邦貴の顔がもとに戻っていることを願うのみです。

キングダムネタバレ 最新 第594話  楔 考察  以上

次回もこの先の展開について、キングダムネタバレ予想をすすめていきたいと思います。

皆さんのキングダムネタバレ予想やコメントもいただけると嬉しいです。どうぞお気軽に。

Twitter:しんいち ダム垢(@takikomigohande

最新の考察⇒【キングダムネタバレ最新596話 趙峩龍本陣 考察】

前回の予想⇒【キングダムネタバレ最新595信羌瘣と一緒に皆殺し】

コメント

  1. XYA より:

    羗廆も那貴も出てきちゃいましたね。こうなると、弓矢兄弟もどこか助攻でさらっと使っちゃうような気が…。
    徐兄弟出しちゃった以上、趙峩龍の別働隊は誰?って気になってたのですが。
    可了貂を狙う別働隊は、手負いの尭雲なのでは?そして貂の本陣に仕掛けた罠は、まだ全快ではない王賁なのでは?とふと思いました。
    満身創痍の信達が趙峩龍の主力を殲滅して、最後に首を刎ねるのはやっぱり羗廆。とすれば、信・羗廆・王賁がそれぞれちゃんと将軍首をとって大団円(笑)

    何気に去垓のピンチシーンは迫力あって見入っちゃいました。

    • シンイチ より:

      XYA様
      コメントありがとうございます。

      徐兄弟はセットで使うことで戦闘力が高いという設定なんだろうな、、。
      などと考えていたら弟だけがあっさり死亡でしたね。

      そしてその流れで、主たる武将がいるはずのない別動隊に堯雲登場。。
      河了貂の本陣ももうそりゃパニックですよね。(笑)
      たしかに王賁の羌瘣による治療がどうなったかは全くの謎ですから、
      おっしゃるような仕掛けがあっても全然アリですね。

      →「何気に去垓のピンチシーンは迫力あって見入っちゃいました。」
      私もです、彼の汗だくの表情めっちゃよかったですネ。

  2. 南水純 より:

     羌瘣が趙峩龍を討ち取ると予想された理由の一つは、昇進に関して信とのバランスでした。しかし、朱海平原の戦いまでに信が討ち取った主な将軍級は馮忌・輪虎・万極・霊凰・慶舎→五千将、羌瘣が討ち取ったのは劉冬→三千将。戦歴にブランクもあり将軍首の数でも圧倒的に劣る羌瘣の昇進は信に追随しています。これから類推すると将軍首は昇進条件の一部分でしかなくもっと多面的な評価がなされているのでしょう。将軍首が昇進の必要条件であれば、すでに将軍に任じられている壁・尚鹿・土門・栄備らの昇進がたぶんインチキ(賄賂)になってしまいますw。壁は将軍に任命されてから2人討ち取ってますが、彼らには悪いけど将軍首を幾つも獲得できたとは思えないです。よって、将軍首獲得のバランスはあまり気にしなくてもいいのではないかと。
     流れは河了貂vs趙峩龍の知略勝負には程遠く、完全に武力勝負になってしまいました。公孫龍もリタイアしそうな趙軍は人手不足なので、堯雲・趙峩龍・馬南慈の3将、次戦以降まで生き延びてしまうかも。
     神(作者)は地上(読者)を観察しつつストーリーを組み立てている感がいよいよ深まる594話でした。 

    • シンイチ より:

      南水純様
      コメントありがとうございます。

      →『類推すると将軍首は昇進条件の一部分でしかなくもっと多面的な評価がなされているのでしょう。』
      非常に納得です。
      山陽戦で蒙驁が信に千人将やら将軍やらの首を約束させていたのが強く印象に残ってしまっていたのでしょうか。
      どうしても直接的な手柄ばかりが目に行ってしまっていました。
      しかしながら、壁の昇進がインチキ(賄賂)だとしたらキングダム初期から信と貂にいじられていただけにピッタリすぎますね。(笑)

      なるほど!趙軍が人材不足なのはいままでブログでも指摘してきましたが、
      キャラ節約のために今戦では温存という筋も可能性高いですね。
      馬南慈なんかは確かに生存確定で間違いないかと。。

      はい(笑)おっしゃるように神(作者)は読者のリアクション観察してそうですね。

  3. くぅりっしゅ より:

    いつも楽しく見させていただいています。

    すり抜けの邦貴がわざわざ来たことを考察すると、信がすり抜けて趙我龍を討ち取る流れになるのかな。またはキョウカイのピンチを助ける毎度のシーンになるのか。

    信とキョウカイが力を出し尽くさないとこの戦いは勝てないので、2人がギリギリで倒してそんな時に食糧問題の知らせが来るって流れですかね。

    来週の休みはつらいです。早く読みたい。

    • シンイチ より:

      くぅりっしゅ様
      コメントありがとうございます。

      なるほど!
      このまま邦貴の出番はこれだけ?とおもってしまいましたが、
      あくまで出番はこれからと考えれば楽しみも残りますね。
      ありがとうございます!

      鄴の知らせが来るのは15日目になってからだとして、
      せめてこの14日目で何らかの戦果は残してほしいものですね。

      休みがツライ、、同感です汗

  4. いち より:

    尭雲=前の信
    尭雲+モップ≧亜光
    尭雲+10槍≧王ホン
    徐兄+徐弟≧進化型信
    (´・ω・`)尭雲がショボイのか
    徐兄弟が、強いのか………

    まぁ他の連中は、テーマの[背景]として
    強く成ったり、弱くなったり
    押したと思えば、押された~しながら
    引き伸ばして行く~のですが(笑)

    平行して、メインテーマに成っている
    松左の生死を、ず~~~~っと
    引っ張る(^o^)
    そんだけ大丈夫なら
    さっさと本部へ戻して治療すれば
    助かったのでは?????

    ※ウォーリーを探せ(≧▽≦)(笑)

    しかし…趙蛾龍(^o^)
    成り行き任せ、現場任せ、徐兄弟任せで
    ちっとも策士じゃないやないか~~~~い

    • シンイチ より:

      いち様
      コメントありがとうございます。
      今週は、休載ですね。

      さて、記述いただいたとおり、
      キングダムの戦士たちは戦況なのか?単純に体調なのか?
      それともお互いの相性があるのか、
      対戦結果にムラがありすぎてこの点だけでも記録を取ると面白いですね。

      ⇒松左の生死を引っ張るそんだけ大丈夫なら
      さっさと本部へ戻して治療すれば助かったのでは??
      ほんとにコレですね(笑)
      もうギャグになってしまってますよね。苦笑
      干斗がこれに気がつき、松左の生存を確保すれば、
      一気に読者から、彼の評判もあがるでしょう。

  5. 李真 より:

    やっぱり来たよ原泰久お得意の逆張り!
    しかし、今の信の実力なら、
    喩え脇腹に一撃貰ってたとしても、
    返す矛で、あんなに信の間合いに入り込んでる
    徐肖一匹瞬殺出来る筈なのに、
    何故か仲間呼び集めてる間、ボォ〜と、
    指咥えて律儀に待ってるとか、
    作者の主人公下げも甚だしいですな!(# ゚皿°)

    • はあと より:

      冒頭、展開についていけず??となったんですが理由がわかりました。すごい勢いで徐林をやったはずなのにいつの間にか包囲されるまで、信がぼけーーーーっとしてたからですね。全く意味がわかりませんでした。さらにいつの間にかキョウカイがワープしてきているので、さらに??でした。
      ちょっと今回の展開は無理がありましたね。

      • シンイチ より:

        はあと様
        コメントありがとうございます。

        おっしゃる見解に同意いたします。
        休載への逃げ切りという作成側の意図もあったかもしれません。

    • シンイチ より:

      李真様
      コメントありがとうございます。
      本編引き延ばして、今はしっかり小休止ですね。

      さて、いぜんから李真様も危惧されていたように、
      ここでほんとに“逆張り”きました。苦笑

      あ!なっとく汗
      あれって、信が数分の間だけバカに戻っていたんですね。汗
      でないと、残り1対1になった状況で信が打ち漏らすとは考えられませんね!
      だったら徐肖も信を刺せばよかったのに、、、。

  6. いち より:

    連投スミマセンm(__)m

    [覚醒]して
    王騎将軍の矛を使いこなし
    [王騎再来]を見せつけた~後

    更なる覚醒で
    王騎将軍を越えて行く………のかと
    思ったら

    がっつり後退して
    モブキャラ兄弟に、深手を負わされる
    (⌒‐⌒;)

    松左の声援で、無双始めたら
    (連載引き延ばしには、ならないけど)
    神漫画になったのになぁ。。。

  7. Ryu☆Gen soku より:

    やってくれましたね徐肖(^-^)!
    私もキングダムをいきなりオッサンの号泣から拝むことになるとは
    思いもよりませんでした(笑)。

    徐兄弟や徐兵団は単なる趙峩龍のお気に入りの手練れキャラ達であって
    神(作者)がモブキャラ即産の際によく使う韻を踏む手法の一つ
    (朱鬼麻鬼、亜光麻鉱、etc.)くらいの認識しかしていなかったので、
    徐兄弟による今回の熱い展開にはやられました(笑)!

    でも、よく見ると徐兄弟の名前、徐肖(ジョ・ショウ)と徐林(ジョ・リン)
    は、趙峩龍と堯運の心の師である趙三大天藺相如(リン・ショウ・ジョ)の
    アナグラムになっていますね(驚)!

    徐肖の無駄に濃いキャラ設定と徐林の愛されキャラ設定を知って初めて
    神(作者)による隠されたメッセージ(趙左翼には旧三大天の一人がいるの
    だから右翼勢とは違った手強さがあるんだぞとのメッセージ)が、
    徐兄弟たちの名前にも秘められていたのかなと今更ながら気づきました。

    キングダムファンの一人を自認する私としては、気づくのが遅くて情けない
    思いと、原先生に対して申し訳ない気持ちで一杯です、、、(笑)

    と同時に、今は亡き麃公将軍が蛇甘平原で敵将呉慶に放った力強いお言葉を
    思い出します!
    「将ならば、敵軍にどうやって勝つか!!それ以外に心とらわれることはない!!」
    「将の責務よりも私情を優先させた貴様に待つのは敗北の二文字」

    そして、これまた今は亡き王騎将軍ならば、秦右翼の勝因をこう分析してくれる
    であろうと推測します(笑)

    「趙左翼が破れたのは、14日目に徐肖が自分の弟たった一人の仇のために
    軍の主力である土雀を全結集させてしまったこと、ジョリーン大好きなため
    その命令に喜び勇んで隊列を乱して集結してしまった全土雀兵の皆さん、
    そして何よりも、土雀兵団の勢いを過大に評価した結果、信と羌瘣および、
    飛信隊の力を見誤り、これを追認してしまった趙峩龍さんの判断の甘さが
    最大の原因ですね。」

    「藺相如の盾と言われる趙峩龍さん。途中までの策は見事でしたが戦場での
    私情の優先は隙を作りますよ〜。でも趙峩龍ごときに苦戦するなんて童信も
    まだまだですね。ココココ。」

    「ねえ、騰?」

    • シンイチ より:

      Ryu☆Gen soku様
      コメントありがとうございます。

      やっと、休載週を抜けて次の木曜日が待ち遠しいです(笑)
      さてさて、コメントに投入いただきましたように、藺相如のアナグラムの発見はお見事というほかありません!
      Ryu☆Gen soku様のご指摘をいただくまで、私もまったく気が付いてませんでした。
      しかも、あれだけ目立っていた堯雲ではなしに、地味キャラであるはずのほうの趙峩龍の配下にそれを隠すとは、神(作者)もなかなか小粋な仕込みを見せてくれたものです。
      そして、おっしゃるとおり、羌瘣がこれまで暗に存在感が伏せられていたのは、趙峩龍のミスリードの誘導させるためのもので間違いないでしょうね。

      殿と謄の掛け合いもお見事です(笑)

  8. よっしー より:

    時間がないので手短に、これだけ松佐を引っ張る以上作者は死ぬ前にもう一仕事してもらう考えがありそうです。最後の力を振り絞って仲間を助けてそのまま死ぬとか

    • シンイチ より:

      よっしー様
      コメントありがとうございます。

      なるほどです。
      一旦気を失った松左ですが、そこは確かに気にりますね。。

  9. より:

    ハッ!間違いありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。