キングダムネタバレ後考察

キングダムネタバレ第575話 届かない指示 考察

更新日:

(朱海平原 作画引用:原泰久先生 作 キングダム第519話から)

今回のキングダム、

バジオウ情報の事前拡散についてはちょっと性質が悪い。

考察どうこうの前に、やはりyoutubeの早バレって嫌いだなー。

発生を防ぐのは難しいし、キングダムへの接し方は人それぞれだけどね。

ただそれでもキングダムに限らず、長く漫画作品を愛していきたいなら、

違法性の疑わしいものには手を貸さないし、見ないようにするのがいちばんでしょ。

キングダムネタバレ-楊端和軍の休憩宣言。



青空の下、キタリの高笑い、もう完全に緊張感がとれた楊端和軍。

壁は端和にほめられて、頬を赤くしてるが、実は端和も食料焼失の際はやはり壁を斬首にしようとしていたとか。

まあ、今となっては彼女も冗談なのか本気なのかわかりませんがね。

ネタバレ問題-バジオウ死亡の流言と生存確定。



なにやらシュンメンが言い出した、

「バジオウが...」の部分を切り取って発信されていた、断片的な早バレの情報が拡散していて、心配された方がかなりいたようですね。

当方キングダムネタバレ予想にも、事実としてこれをどう受け止めるべきか?ということで、

ヤングジャンプ発売の10月11日以前の段階で、いくつかの見解を求めるコメントをいただきました。(内容的に直接早バレにつながる文面のコメントは非公開にしました。)

この数日、

読者様から断片的に伝えられた情報により、

「なんでバジオウが?ほんとだったら原先生、頭どうかしたのかな?」とか心配していたんですが、

ただ、その反面で、

聞いた範囲ではバジオウが死んだと言っているのがシュンメンだっただけに、「これって半分、冗談みたいなもんじゃないの?」との、希望的観測を抱きつつドキドキしながらヤングジャンプの発売を待ったものです。

実際にキングダム本編を開いてみたら、

その希望的観測がやんごとなき形で再現。

推しのバジオウの安否が再確認されるや否や、今週は、もうこの時点でキングダムを読む緊張感が切れてしまうところでした。苦笑

また、

おまけ漫画のシュンメンの三枚目キャラも、キングダム本編でここまで定着してしまったものです。

大体、こんな冗談言ったらどうなるかぐらい分からなかったのか?(笑)どんどん口の軽い男になっていくシュンメンです。

完全に回復ターンに入った壁軍と楊端和軍の戦士たち。

前回のキングダムでは、「山の民って飯食うときも仮面はずさないんだな。」と思っていたら、今回では、口元の下半分だけきちんと仮面をずらして、飯を食っている野郎もいます。

フィゴ族とエンポ爺はもともと口の開いた仮面で、こんなときは機能的、

メラ族はやはり比較的イケメン路線の顔立ちであるのが確認できます。

そして、下半分だけどバジオウの素顔キター!

何気に今回のキングダム、リョウヨウ編の総括みたいな感じになっていて、大きく話は進まなかったけど、以前からキングダファンがちょいちょい気になっていた部分をかなりねじ込んできています。

芸人シュンメンが端和にいい感じに蹂躙され、仕上がった頃合に、

壁が感無量で「勝ってよかった...。」と。

キングダムネタバレ-リョウヨウ戦の総括と舜水樹の行く先



キタリいわく、これで終わったわけじゃない。

多くの読者が気なって仕方がなかった、他戦線との連動状況がここで明確になってきます。

詳しくは明日以降のキングダムネタバレ予想で突っ込んで書きますが、とりあえずここでは端和によって、ここでの当初の山の民軍の戦略上の目的がおさらいされ、

なんやかんや心配されていた、舜水樹の行き先も、リョウヨウを大きく南下して列尾方面に向かったことが分かりました。

この点は、舜水樹が、一旦、物語の主流から退場することになると、予想してたとおりになりました。

舜水樹軍が、ギョウには向かえずとも、次善の作戦として李牧軍と一本化してしまうという流れもありえたのですが、

それだと結果、作者としても、

追跡戦という形で楊端和サイドの戦いを描き続ける負担が発生し続けることになるためです。

ただ、もっともらしい理由として、

舜水樹本人が、秦軍が必ず王都圏で李牧に敗北すると判断したと、付されてはいます。

しかし、列尾にはすでに、王都の守護神と豪語された、顔なきコチョウ将軍が5万人規模で配置されているのに、ここはちょっと引っかかりますね。

この時点で列尾の封鎖だけに、10万人オーバーの待機兵って、無駄じゃないか?

李牧に報告しているかどうか知らんが、

明らかに作者的に舜水樹をアツヨ戦線に絡めるのがメンドくさい故の南下策。

ここでの状況設定の無理さ加減は目を瞑るしかないでしょう。

ただ、そうなってしまうと、

これから史実ベースでカンキに殺される予定のコチョウ将軍なんかが、舜水樹とあわせてやっと戦える程度の、ショボイ将軍になってしまうとガッカリである。

せいぜい、お頭が程度苦戦して、

残虐ファイトが演出されるくらいの強度はキャラ設定として用意されていてほしいものだ。

なんなら、舜水樹軍は列尾待機で、

玉突き方式でコチョウ将軍がカンキ軍に襲い掛かるでもいいぞ?(笑)

舜水樹「どうだ!これで俺らがギョウに行かない約束はちゃんと守ったぞ!?」とでも言えれば舜水樹もまだ考えて戦ったことになるのだが。

キングダムネタバレ-壁とカンキによる条件設定。



今回、キングダム575話に出てきた壁とカンキの役割は、

今後の戦闘描く上での条件設定です。

作者としても、ここからは純粋に他所連動がなく、オウセン軍単独でギョウ攻めの戦闘を描ききるという境界をはっきりさせる狙いがあったのだと思います。

三つに分散した秦軍。

まず、楊端和軍の戦線が、今の時点で勝ったとは言え、リョウヨウ城は戦略拠点として活用 できる規模の城ではありませんでした。

犬戎だけでなく、舜水樹軍がいなかったとしても、リョウヨウ城から食料輸送が不可能なほど、戦地分断が強力になり。情報すら封鎖されていることが明示されています。

カンキ軍といえども、もはや幹部だけの少数脱出が不可能なほど、逆包囲が密になっていること。

カンキ軍とオウセン軍ともに食料があと残り3日分程度であること。

あとは、カンキに思わせぶりな態度で、

「オウセンの手下共…。」と語らせることで、

オウセンの手下が、朱海平原の右翼軍を指すのか、

それとも、さらに別のオウセンの配下を指すのか?という作者からの宿題が出されているといったところでしょう。

で、一応は予想の範疇ではあったとおり、

朱海平原では、亜光は生存したものの、活動不能という条件がはっきりしましたね。

ここで、飛信隊の脇役がテンに向かって、オウセンが自軍の見殺しを画策している懸念を露呈しますが、

テンがそれを全力で、「それは絶対にない!」と言い切るほどフラグです。(笑)

今戦、オウセンという大将軍に比して、飛信隊という規模の軍隊で活躍する軍師である彼女は知略を尺度にするための格好の引き立て役です。

今戦まったくいいところがなくても、もう仕方がありません。

ちょっとかわいそうな気もします。



キングダムネタバレ第575話 届かない指示 考察 以上

次回もこの先の展開について、キングダムネタバレ予想をすすめていきたいと思います。

※皆さんのキングダムネタバレ予想やコメントもいただけると嬉しいです。どうぞお気軽に。(笑)

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村

Twitter:しんいち ダム垢(@takikomigohande

最新の考察⇒【キングダムネタバレ第577話 赤の他人 最新考察】

最新の予想⇒最新の予想⇒【キングダムネタバレ579覚醒の正体と全員の鬼神化】

-キングダムネタバレ後考察
-, , , , , , ,

Copyright© キングダムネタバレ予想考察オフィス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.