キングダムの感想、ネタバレ予想を楽しんで連載を待つブログ。

キングダムネタバレ予想考察オフィス

キングダムネタバレ最新予想

キングダムネタバレ最新739話予想 王翦軍の展開と桓騎軍の進退

投稿日:11月 12, 2022 更新日:

(王翦たち:作画引用元 原泰久先生 作 キングダム第738話)



仕事の結果なんて準備次第。

戦争なら特にそう。

というか、準備そのものが戦争であって本番。

現場の士気とか、武将の奮戦ぶりとか、そんなの後の後の話。

それを秦国の中でも一番理解しているのが、王翦と昌平君…、、、。

であるハズなのですが、一体どうしたのでしょう。

オッケー。

オッケー、オッケー。

まァ、仕方がない。

【天才 昌平君】や、【絶対に勝つ戦以外に興味の無い 王翦】だって人間ですもの。

どうかしている時だってあるでしょう。

でなんで、宜安戦も、もうここまで進んできたのですから、いままで仕出かしてしまったミスやらなんやらも、全て終わった事だたと思って、今までの秦軍は、一旦忘れましょう。

問題はここからどうやって、秦軍の被害を最小限にしつつ、飛信隊と楽華軍は撤収できるか?

外殻から王翦軍団はどんな動きができるのか?

桓騎はワンチャン李牧の首を狙ってくるでしょうが、どんな奇襲攻撃を仕掛けてくるか?等について予想を進めていきたいと思います。

ではでは、今回もキングダムネタバレ予想を進めて参りましょうッ。

キングダムネタバレ-王都圏総攻撃こそが桓騎を救う。

王翦と昌平君。

今更ながら“趙北部の情報収集が大切”であると、基本中の基本に立ち返ったようなリアクションを見せた前回の738話だった訳ですが…、

最早、李牧が情報封鎖を固めてしまった後であるだけに、今更、北方方面の攻略やら、桓騎軍の直接救出作戦を構築しようと思っても無理が出てしまいます。

でなんで…、

王翦も桓騎もお互いに、真に実力を認め合った仲だというのなら、実際に取るべき行動は、限られてくるように予想します。

先ず、桓騎は桓騎で、王翦軍と本国からの救出作戦を諦めて、独自に足掻き切る覚悟を決める事。

次に、王翦は王翦で、北部作戦を放棄して、李牧が居らず実情の知れた中央戦線である、王都圏総攻撃を進めて、趙の中枢に揺さぶりをかける事が最優先になってきます。

今更、北部圏に直接侵攻するだけの準備が出来ていないのは、最早、王翦軍にとって変えられない事実。

しかし、これは逆に見れば、王都圏に李牧が居らず、趙軍が北方偏重になっているという事実の裏返しとも取れるので、王翦は桓騎を犠牲と割り切って、逆に手薄になった王都圏を楊端和と総力を結集して、今からでもいいので、サッサと邯鄲攻めろよって話です。

サスガに王翦が『王都圏の情報も我らは乏しい。』とか言い出すのは流石に無いでしょ!?

そうじゃなかったら、ヤル気が無さ過すぎて終わっています。

嘘でしょ? 鄴陥落以降…、今まで何をやっていたんだ王翦??ってぐらいの読者絶望になりませんかね。

これぐらいショックなバカさ加減なので、流石にそれは無いとの前提で予想を進めております。

寧ろ、邯鄲攻撃は、逆に今から、一番、李牧にとって嫌な手ってこれぐらいしか無くない!?と私は考えています。

王翦が直接、桓騎を助けに行くことは難しくても…、

今すぐ、王都に秦軍急接近の揺さぶりをかけて、カクカイやら遊牧王(幽繆王)をビビらてせまくれば、コレこそ趙中央から、李牧の元に横槍が入って、『李牧さ~ん、先に俺たちがやられる~。助けて~~💦』とかなりませんかね??

伝令兵『李牧様ッ!大変ですッ!!王都から火急の知らせがッ!!』

李牧『何ですって!?早く内容を読み上げなさいッ!!』

伝令兵『はッ!ではッ。』

カクカイ『死ぬ死ぬ~、早く助けるブヒィーッ。』※伝令係が読み上げる。

遊牧王『王翦怖いよ~、オシッコ漏れるゥ~!!』※伝令係が読み上げる。

伝令兵『…。以上ですッ。』

李牧『まさか…、』

『やってくれましたね王翦…。』

(李牧:作画引用元 原泰久先生 作 キングダム第603話)



 

って、ゆーふーにはならないでしょうかね??

 

いや、ごめんなさい。

俺がもんの凄いテキトーなことを言っているのは、分かっているつもりなんですが、今から、桓騎から李牧を遠ざけるほど、李牧本人に揺さぶりをかけることが出来る手段っつったらこれぐらいしか無くないですか?

王翦が自分から、北方に動いて桓騎軍を助けるのが難しいなら、李牧から動いてもらうほうが一番です。

そうすれば、後は王翦軍がどこまでやる気になれるかです。

王翦軍のみんな。李牧さえ居なかったら、キミら頑張ったら絶対に出来るって。

ホラ、王翦も自信を取り戻して!?

白老軍団の副将で登場したトキも、ほぼ数日単位で城落としていたじゃないですか~~!?

そして、神(作者)様に忘れられているかのような楊端和軍だって、まだなんも動いていません。

ほぼ、完全に無傷のハズです。

王翦だけで無しに、YTW(ワイティーダブリュー-楊端和)もここ数年、何も動いてないないのですから、今らか王都圏総攻撃をやろうと思えばできるはずです。

いや、マジで宜安戦が開始されるまで、一体、何処にいたんよYTW軍?

っつか、YTWとその軍団が本気出したら、邯鄲南部の“李牧の壁”なんて、楽勝で登り切って攻略出来るハズです。

俺は最初っから、何故か全員が六大将軍で連合軍なのに、桓騎軍だけが戦っていて、王翦軍もYTW軍なんも動かないし、戦わないのがオカシイだろうと思っていたんです。

頼むよYTWさん!? もう二年くらい動かなかったんだから、そろそろ暴れたくなったでしょ?

お願いだから、頼むから仕事してくださいよ、YTWッ!!

多分、桓騎の事、そんなに好きでは無そうだけれども、YTWさん~~。そろそろお願いしますよォ。

キングダムネタバレ-李牧と相対する桓騎

李牧『このまま何もなく終わることも無いのでしょう。』

“桓騎が想定外の行動をするのを想定しておく。”

それが具体的になんなのか分からなくても、その心構えだけは確りと固めている李牧。

これの姿勢自体は、対桓騎に対する向き合い方として、大いに評価できることだと思います。

ま、その結果として…、

仮に、“ここなら始末確実と見られるタイミング”であったとしても、飛信隊と楽華軍を取り逃がすことは、李牧の必然となってきそうです。

それでも李牧的には、『今回の目的は桓騎の首だから。』という意味で、そこは今回どーでもイイ話ということで片付けられそうです。

で、じっさいにココからの具体的な、宜安城からの戦闘を予想してみると、どうなっていくでしょう?

739話のラストでhは、宜安城に迫る李牧軍が、各壁面に対して、包囲攻撃準備を進めていました。

なんとなく、なんですが…、

赤麗城のトキの逆バージョンみたく、今度は逆に、桓騎軍のほうが惜しげもなく宜安城を放棄しとるなんて事もありゃしませんかね??

ぶっちゃけ、河了貂と蒙恬が宜安城でどうにか、籠城戦を展開するという方針そのものに僕は懐疑的だったります。

先週まで、河了貂的には、『赤麗城が健在でそれなりに桓騎兵さえ残っていたら、李牧軍は半分しか攻めてこないから、大丈夫』とか言っていましたが…。

結局、判明した戦力としては、現在の飛信隊と楽華軍の一万弱に、当初、再合流を期待していた桓騎軍はとうとう集まらないで、桓騎本体の数百止まり…。

これ、もう襲ってくる李牧軍が全軍31万であっても、半数の15万であっても、危険レベルは何も変わらないですよね?

正直、河了貂が“”李牧が半数だったら大丈夫” “籠城すれば何とか耐えられる”と言っている根拠も、イマイチよく分からないです。

何より、総大将の桓騎が、河了貂と蒙恬の籠城作戦を“可”と認めたワケでもありません。

でなんで、折角、陥落させた宜安城といえども、現状、桓騎軍としては、別段、宜安城の占拠しつづけることに拘るメリットは乏しいように思えてきます。

今現在、やる気満々の李牧軍を前に、“猫だまし”を仕掛ける勢いで、宜安城は桓騎軍まるで残ってねェ。

紅春も別に壊れたワケではなさそうなので(解体しただけ??)、肥下城に攻撃目標を設定し直して、既に移動を開始している方面の予想が成り立つように思えます。

あるいは、飛信隊と楽華軍は、囮として、または肥下を占領し、人質を確保した後の後方攻撃力として、宜安城に残される可能性はあります。

宜安城に残された飛信隊と楽華軍は、まぁ、李信と蒙恬自身の努力と、いつもの如く、何故か全力を出し切らない李牧軍が妙なトコロでモタついたりで、飛信隊と楽華軍にとっては、厳しい厭戦が続く可能性は高いでしょう。

そして、肥下に向かう桓騎についていくことが出来ないほど重症のゼノウやオギコが、ここで宜安城に置いて行かれて、以後、飛信隊合流と、相成りましょうや??

― キングダムネタバレそれ最新739話 以上 ―

次回もこの先の展開について、キングダムネタバレ予想をすすめていきたいと思います。

皆さんの予想やコメントもいただけると嬉しいです。どうぞお気軽に。

 

 

 

-キングダムネタバレ最新予想

Copyright© キングダムネタバレ予想考察オフィス , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.