キングダムの感想、ネタバレ予想を楽しんで連載を待つブログ。

キングダムネタバレ予想考察オフィス

キングダム本編考察

キングダムネタバレ第595話 最高の隊 考察

投稿日:

(松左 作画引用:原泰久先生 作 キングダム第594話 )


こういったときは、自分でこういったブログを書いていながら、ホントに自分の予想など下らないと感じてしまいます。

戦争をやっている、誰かが死ぬぐらい覚悟していたハズだったのですがね。

ダメだ、もうマジで仕事する気が起きねェ…。

そんなこと言ったらだめですね、生き残された我々が前に進むしかないのに。

キングダムネタバレ-ありがとう松左

私如きの叙述など、蛇足もいいところだと思います。

今までの飛信隊、今の飛信隊、これからの飛信隊。

仏教の三世思想のような発想と言葉を借りて、やっと松左の永遠の生命がキングダムという作品の中に息づき続けることが説明できます。

頼りになる兄貴であった松左。

フォローはするけど、決して恩に着せない。力は貸すけど、突き放すことができる男。

これから我々が誰かの先輩になるとき、彼のような男でありたいと思わざるを得ません。

そういったファンが実生活の姿勢があれば、松左の生き方がキングダムのファンではない人や新たな世代にとっても“良き縁”となって拡がっていくのでしょう。

読者様それぞれにとって、いろんな感想の受け方もあると思いますが、松左の生き様の素晴らしさは、これから成長していく干斗とともに、実生活で戦う我々自身の生き方で証明することこそが、最も尊い供養になるのではないかと考えます。

キングダム考察-同時掲載、神(作者)のインタビュー記事

さて、今週のヤングジャンプでは、本編そのもの以外に、映画公開に先駆けて、原先生自らがご自身のこれまでの経歴に重ね合わせて、キングダムが連載に至るまで道のりや、映画というコンテンツの在り方そのものに対する思い入れを語って頂けた2万字のインタビュー記事が掲載されていました。

ここでは、神(作者)がサラリーマン時代にお世話になった方、田永のキャラクターモチーフになった先輩のエピソードをはじめ、原先生ご自身の経験談の中からキングダムのキャラクターを描くにあたっての土台になっている部分が詳細に描かれているので、読むのに時間が掛かっても、ぜひ一読の価値があるかと思われます。

奇しくも、飛信隊の中核を成した松左とその仲間との繋がりが描かれた595話が掲載されたヤングジャンプに、今回のインタビュー記事が掲載されたのは、何か意味があるのかと捉えるのはさすがに考えすぎかもしれませんが、改めてキングダムという作品の根底に何が流れているかを再確認する意味でもかなり貴重な記事だったと思います。

また、単行本での掲載が叶うかどうかは分からないので、今週は特に早い段階でヤングジャンプが購入できた方は幸運であったと思われます。



キングダムネタバレ-森の中、邦貴は何を見る?

いままで自分含め、戦闘においての邦貴の出番を期待していた方から見れば、ここでやっと出番かよ。と思った方もいるかもしれません。

しかしながら考えてみれば、一旦は主だった戦闘が停止しつつある今、邦貴とその直下部隊での索敵行動が一任された現状のほうが、逆に楽しみも膨れ上がるかもしれません。

中途半端に戦闘でナキを活躍させるよりも、ある意味、独壇場のような形で彼の活躍が描かれると考えられるからです。

もともとコンビであった堯雲と趙峩龍の二人が「今こそ儂らが一つに戻る時が来た」などと言い出して、合体(完全体化)するのを目撃するのか?

というか、配下たちが言うように、堯雲軍や馬南慈軍に自分だけが合流したところで、今更一体何になるのでしょう?

馬陽戦での対李白のトキの蒙武のように、信が「お前の首なんかに興味はない」と言い出して、李牧の中央陣の側面まで前線を進めてしまったら趙軍の詰みではないのか?

馬南慈の首を現実的に狙える武将、亜花錦の攻撃の最中に馬南慈軍の背後に喰いつくでもいい。

というかその前に、河了貂のいる本陣に放たれた攻撃部隊がどうなったのか?それも描いてもらわなくては困ります。

このままでは、あんなに強いユニットである弓矢兄弟が、理由も分からず出てこなかった話で終わってしまいます。

そうなってしまうと、最悪、松左は本当は救えたんじゃないか?などという余計な疑義も生じかねません。

この点は、森の中に消えた趙峩龍が飛び地で別動隊と合流して飛信隊本陣を急襲し、弓矢兄弟に穴だらけにされるでもいいのですが、それにしても、ほかの本陣前の土雀以外の趙兵は何をしているのでしょう?

急に何かを悟りだした趙峩龍にしても、「偉大な主、藺相如には何か別の意図がるやもしれん。」とかいっていますが、コレって単にビビッて戦う気をなくしているだけだったら笑えます。

堯雲に相談しに行った先で、相変わらず人の話を全く聞かないあの男が「いや、どう考えても、俺たちは藺相如様によってこの時代に放たれた矢だ。」などと自分の意見を曲げず、言い張ったらどうするつもりなのでしょうか?

同じ趙軍内でも、二人の口喧嘩が原因で殺人事件に大発展。ということにもなりかねません。

こんな潜在的な仲間割れの可能性も抱えて、李牧は本当に王翦に勝てるのでしょうか?

キングダムネタバレ最新第595話 最高の隊 考察 以上

次回もこの先の展開について、キングダムネタバレ予想をすすめていきたいと思います。

皆さんの予想やコメントもいただけると嬉しいです。どうぞお気軽に。

Twitter:しんいち ダム垢(@takikomigohande

最新の考察⇒【キングダムネタバレ最新第597話 武運を 考察】

最新の予想⇒【キングダムネタバレ藺相如の意図信の追撃】

-キングダム本編考察

Copyright© キングダムネタバレ予想考察オフィス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.