キングダムの感想、ネタバレ予想を楽しんで連載を待つブログ。

キングダムネタバレ予想考察オフィス

キングダムネタバレ最新予想

キングダムネタバレ最新768予想 羌瘣と李信の前に、羌礼と昂クンが先に合体

投稿日:8月 12, 2023 更新日:

(  李信 作画引用元 原泰久先生 作 キングダム第767話)



次回の予想は、李信が姜かいを漂の墓前まで連れて行って、自分が将軍になったことを報告、それプラス姜カイに端になってくれと告白する。

とりあえずそんなところじゃないでしょうか?

ただし、姜カイ隊のモチベだだ下がりになることがほぼ確実なので、あんまり周囲には言いふらさず、身内だけで祝言あげるとか、そんなことになるんだろうか?

あれ?でも、李信の身内っても、城戸村の東京出身者とか数が限られてくるし…、

李信にとっては隊が家族みたいなところがあるので、結局隠しておくことなんて絶対に無理じゃないか。(笑)

というか、神(作者)様も、尾平をきっかけにして、李信が『結婚てこういうことか。いいじゃないか!』と思うとかして、自分から動く導線作ってやったんじゃないのか?と、個人的には思う次第。

他にも、いろいろと理由はあるのですが、よく結婚はタイミングといいます通り、ここで描いておかないと、次に、李信が身を固めるタイミングが、いつになるやら分かりません。

いや?身を固めるなどとは言っても、李信は蒙恬と違って、女性経験がなく、他の女性候補が限りなく少なすぎて選択肢が無い以上、もともと異性に対して流動性が無さ過ぎ“固める”もクソもないのですが…、

今回の、第767話の羌瘣の姿を見た李信のリアクション見ても、顔を真っ赤にするとか、もう李信、中高生レベルでしか異性への反応が出来ていない訳ですよ。

ダメとは言いませんが、20代後半にいる男が、女見てコレって、私はかなりシンドイと思います。

また、この点、先週まで姚賈と韓非子のスパイ合戦のお話を読んでから、防諜の観点から考えてみても、李信が童貞のままで、且つ、他の女性が付け入る隙があるのはヤバいと考えたので、羌瘣でそのポジションを塞いだほうがいいとも考えました。

ではでは、今回も来週のキングダム予想に進んでいきたいと思います。

キングダムネタバレ-漂の挨拶。

李信が城戸村を離れて12年。

がんばって将軍になれたので、そろそろ漂の墓前に挨拶に行くかもしれません。

でも、李信は将軍にはなれましたが、“天下の大将軍”にはまだなっていないので、行かないかもしれません。

しかし、この点は、少し考えるべき余地を残します。

かなり昔のエピソードで、キングダム第49話で、信が尾平と初陣で再会した際に、漂の葬儀があった事を聞かされた場面の話です。

尾平『あ、じゃあお前墓参りもしてねェよな。場所は…、』

信『やめとく。行くのは二人の夢がかなってからだ。』

と信が言って、その後に尾平の方が『天下の大将軍か、、お前ら昔からいってるもんなあ。』と云ってるだけの形です。

なので、信としては、明確に漂の墓前に行くタイミングを明確にしているワケではないので、もしかしたら、そろそろ墓参りに行くかもしれないです。

しかし、信と漂の夢が“天下の大将軍になる。”というポイントは、間違いないではないので、やっぱり、まだ李信は漂の墓参りに行かないかもしれません。

はい、結局どっちか分かりません。

漂の墓参り…、

行くのかな~?

行かないのかな~~??

どっちかな~~~???(汗)

 

と云うか…。

李信がいつ結婚するかもそうですが、、まだまだ六国のウチの韓すら陥落しておらず、しかも、史実上、李信が実質的に大将軍として名乗りを上げるのは、それこそ、対楚の項燕戦になるか、それこそ、対燕、対代(趙滅亡後の後継国)の戦が展開されてからなので、それまで神(作者)様が生きているのか?

我々、読者も生きていられるのか??(マジで)

少子高齢化の人口減少で、日本の国力が衰退して、集英社がヤングジャンプを発行し続ける体力を喪失してしまわないか??

などなど、、、。

これも、長期連載漫画なりの、“次、いつそのチャンス来るよ?”と云う、キングダム独特のリスクを抱えるので、『さすがに、そろそろ墓参り行っといたら?李信。』と思うワケです。

 

それこそ去年とか、けっこう、大物漫画家様がご逝去なさったわけじゃないですか??

 

でなんで、原先生が少しでも長生きなさって下さるように、私の個人的に嫌いな会社の上司、私の個人的に嫌いな同僚、私の個人的に嫌いな取引先のアホ客、私の昔嫌いだった学校の先生とクラスメイトらの寿命が…、

羌瘣が“呼び戻しの術(李信を生き返らせた術)”をやったみたく、こういった連中の寿命が短くなって、原先生の寿命が少しでも伸びたらいいなと思う次第です。

 

そう、なんで、漂の墓参りの話を書いたのかと云えば、羌瘣が李信に施した、“呼び戻しの術(李信を生き返らせた術)”が関係しているからです!?

 

なぜなら、現実世界で羌瘣と漂は出会ったことがなくて、全く知らない他人同士なのですが、羌瘣が呼び戻しの術を使った精神世界の中では、二人して李信を生かすために、一生懸命に仕事した仲なので、羌瘣が漂の墓前に行って漂についての話を聞かされたら、羌瘣がどんな反応をするのか?これは、少し気になります。

まあ、もちろんだからと言って、羌瘣に“電波な奴”になられても困るのですが、案外、この点で、李信と羌瘣が結ばれるのは、漂の存在を切っ掛けにして、羌瘣が呼び戻しの術を実施した際の深層心理を思い出し、キングダム第632話での精神世界で羌瘣が羌象に語られた、“二つのいい事”の回収が行われるのではないか??

そう、予想するわけです。

なので、李信と羌瘣の結びつきは、大胆にも、羌瘣のほうから歩み寄りがあるかもしれません。

冒頭で書いた通り、李信の女性への反応が、いくら何でも幼過ぎて、今の時点で、コレが彼の異性免疫だとかんがえると、異性に自分の意志を発信すること自体、普通に無理思うんすわ。。。

いや、マジで李信に対して意地悪を言っているとかでは無しに…。

キングダムネタバレ-羌瘣と李信は合体できるか?

はい、上記までに、恐らく羌瘣が漂の墓参りを李信はと実施することで、羌瘣に呼び戻しの術のトキの状況がインスパイアされ、羌瘣から李信に『私と信で夫婦になるぞ!』と合体シークエンスが発動します。

ただ、ここで一点、問題が浮上してきます。

これまでに異性経験の無い、李信と羌瘣が果たして、スグに合体することが出来るのでしょうか??

私は無理だと思います。

 

しかし―、

 

この問題を解決する、キーパーソンが飛信隊に居る事を、賢明なる読者諸兄の皆様方は、ご存知のはずです。

 

…そうです。

 

この飛信隊の中でも、他の追随を許さない程の、圧倒的な“雄度”を誇る、あの男…、

 

昂クンです。

 

昂クンという存在を、誤解なく説明させていただくと“あの伝説の蚩尤を、雄としての実力でねじ伏せることが出来た、たった(立った)一人の漢”と云い代える事が可能です。

 

今にして、思えば、羌礼が本編に登場する際に、早々と羌礼と昂クンが近接を果たしていたのも、間違いなく、昂クンと羌礼を先に引っ付けて、その見本を、李信と羌瘣に見せつける事で、互いに異性経験のない、李信と羌瘣を結合させるという、神(作者)様の思し召しだったと考えれば辻褄が合いませんかね??

 

つまり…、

 

第632話で、精神世界に居た羌象に語られた“二つのいい事”とは…、

 

先に、昂クンと羌礼が“一つ目のイイ事♡”を仕出かした後に、ようやく、羌瘣と李信による“二つ目のいい事”に繋がるという解釈です。

 

尾平の婚礼の儀に、酒と雰囲気で普段の“善意のタガ”が外れた昂クンが暴走。

 

近くの森の奥から…、

 

 

羌礼『あ、ああああ! 死ぬ、、、し、死ぬゥ…。』

羌瘣『礼!?一体どうした!?』

 

 

昂クン『ヴゥオオオオオ!!』

李信『え?この声、龐煖??』

 

 

羌礼『死ぬほどッ、気持ちいィィィイイイイイイ♡♡♡』

昂クン『ヴゥオオオオオオオオオオオオオオッ!!!』

李信・羌瘣『!?』

 

はい、ここまでやって、漸く、李信と羌瘣は次に行けると思うんですよ。

 

そして、多分、そろそろ次の合戦ネタを考える為、また休載になってしまうタイミングなんじゃないかと心配してます。

― キングダムネタバレそれ最新767話 以上 ―

次回もこの先の展開について、キングダムネタバレ予想をすすめていきたいと思います。

皆さんの予想やコメントもいただけると嬉しいです。どうぞお気軽に。

-キングダムネタバレ最新予想

Copyright© キングダムネタバレ予想考察オフィス , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.