キングダムの感想、ネタバレ予想を楽しんで連載を待つブログ。

キングダムネタバレ予想考察オフィス

キングダム本編考察

キングダムネタバレ第687話 痛み 考察 順調に死亡寸前な扈輒

投稿日:

(  戦場全体図 作画引用:原泰久先生 作 キングダム第687話 )




変に期待を持ってしまうのは怖いんですが、なんかまだ雷土が生きてるようですね。

いや…? これは喜んでいいことなのかどうか…。

自分が拷問を受けるくらいなら、いっそ楽にしてほしいと思うかもしれないので…、彼がまだ死んでいないからといって、決して喜べる状況でもないです。

一方、秦軍の陣営はどうなんでしょう?

これまでの展開の延長として、桓騎軍はほぼ完全に崩壊してますね。

まぁこれはもうほとんど予想していたので、誰も驚いちゃいないと思いますが、リン玉さんに黒桜さん、メタで事情を知らない当事者たちにとってはたまったもんじゃないでしょう。

合併による救済が空けたわけですが、まだまだ桓騎のお頭の姿が描かれません・

影丘戦線は影丘戦線で、なにやら岳白公が踊っています。

ではでは、今週もキングダムの内容を振り返って参りましょう。

キングダムネタバレ-昂ぶる扈輒さんとイエスマン夏満

二週間ぶりのキングダムってことで、多少、おさらいの要素が描かれています。

まず、雷土軍、雷土が捕まって全軍崩壊

新龍白公の就任した竜布が滾っています。

中央軍でもリン玉さんの軍は限界を迎え、各個人レベルの生存行動に移行せざるを得ない状況にまで追い込まれました。

この状況をみて、すぐさま標的を黒桜軍に切り替えた虎白公。

桓騎の本陣が、黒桜側にあると事を知っていた稼働は分かりませんが、リン玉が四散した今となっては、残る敵集団を完全に粉砕すべく、標的を再設定し始めます。

虎白公『虎斬の陣で引きちぎれ!』

うーん、またまた出てきました!!

キングダム名物“名前だけの戦術”です。

見た目と言い、戦況と言い。岳白公や龍白公と比べて、非常に神(作者)様からの待遇に恵まれた武将であると言えます。

ここからの黒桜さん、桓騎が既に本陣から撤退していることを確認した後に、自軍も逃亡することを決定します。

すでに、逃亡兵が多すぎて、弱体化が加速していた黒桜軍なので、虎白公の攻撃激化は、トドメの決定打になってしまいました。

もう、全軍でひたすら逃げまくる桓騎軍の中央と右翼。

特徴的なのは、リン玉軍、黒桜軍、雷土軍ともが、四散したように、ほとんどテンデンバラバラに逃亡しているのが、よくわかります。

そして、雷土を捉えた扈輒軍本陣は“ポッツーン…。”

えっ?っちょっと、扈輒さん…?

あなた、雷土への拷問に夢中になってて、本陣もそれなりに歩調を主軍と合わせて、前進させるのを忘れていませんか??

後述で王翦が気になるとか言っていますけど、別に、アンタだけが後方にいても、何のフォローにもならんよ??

ってゆうか、これだと流石に、桓騎の真意や作戦の狙いが、離散&前方再集合による扈輒本陣への奇襲であったとしたら、流石にあからさま過ぎませんかね?

この全体図…。

ぼく個人としては、今週のキングダム、この全体像でお腹いっぱいですわ。

このポッツーンっとした本陣。

何度も言いますが、このポッツーンとした扈輒本陣。

『早く殺してください、襲って下さいww』などと言っているようなもんじゃないですか。

もちろん、中央軍の戦う地形は、見通しもイイ平地なので、虎白公軍をすり抜けた桓騎本隊が、裏手をとろうとしても、虎白公軍や扈輒本陣からは発見されやすそうな描写になっているので、また、趙軍としては有利な点が多いと言えるのは確かです。

ただ、神(作者)様としても、局所局所で、地形を変えてくるので、こんなに見通しのよさそうな平原なのに、突如として、扈輒本陣の近くに桓騎本隊が出てきても普通にありそうです。

それこそ朱海平原戦で、趙軍左翼であるバナージ軍が、騎馬隊多数で一気に森を突き抜けて王翦本陣を急襲したことに比べたら、ここで“ポッ“と桓騎本隊が出てくるなんて造作もないやろ。

しかも…、

後述するように、この、完全に孤立した本陣で、扈輒さん何をやっているかと言えば、どうやら手下と一緒になって、雷土に拷問加えているようなんですよ…。

いやいや、アンタは常に全体を見てようよ?

それは総大将の仕事ちゃうし、何より油断し過ぎじゃ。

なんというか、王翦軍の動向も含めて、確かに広域にわたる全体像を想起しているのは確かなんだけど、完全に自分自身の身の安全については忘れています。扈輒さん。

雷土がまだ生きているのなら、早く、扈輒さんの本陣を、オギコ&ゼノウ軍で陥落させて、もう一度、桓騎と雷土に話をさせてあげて下さい!

これは茶化し無しでマジで。

神(作者)様お願い致します!!

で、扈輒軍本陣。

側近に呼び出された扈輒さん、鎧に直についた血痕が、直々に雷土を手にかけた様子を物語っています。

提示報告を伝えに来た、この夏満という武将が、冒頭からの戦線状況を扈輒さんに伝えます。

中央軍、左翼軍の追撃を容認した扈輒さんですが、中央の虎白公軍には、三千規模の残置部隊を指示します。

個人的には…、『ああ、さすがに本陣と虎白公軍の間が空きすぎているもんね。』とか、思ったのですが…。

この対応策の意味がまるで違いました。

夏満さん『岳白公の左翼ですか?』

扈輒さん『ああ、万が一だが、何かあるとしたら右だけだ。』

…はい、扈輒さん終了…。

だいたいさ?万が一って、もっと決定的な意味で使う言葉じゃないの??

いま一番の趙軍の急所っつたら、どう見てもお前ら二人じゃん。

扈輒さんに夏満さん…、それ新しいコントですか?

両方がボケを担当するという、新しいタイプのお笑いコンビにみえてくるのは私だけでしょうか?

ここで、さらに影丘が心配だの、雷土がなかなか口を割らないだの、挙句の果てには王翦の動き引っかかるだの、ほざいている扈輒さんですが、夏満さん含め二人の会話のレベルが低過ぎるので割愛したいくらいです。

雷土の態度がどうこう以前に、桓騎が何か仕掛けてくるなんて当たり前の話だし。

ここでイッパツ逆転される一番のリスクある作戦っつたら、総大将である自分が殺されることについてまったく想起できないのはどういう事でしょう?

そして“引っかかる王翦”とか言っていますが、王翦軍の挙動を監視しとくのは、今の趙軍にとって当たり前の話だろ。

ってゆーか、王翦軍と楊端和軍が、謎の戦線停止していることについては、お前らなんかよりも、全国のキングダム読者の方が開戦当所から一番不可解に思っているよ!

バーカ!!(笑)

対王翦方面の見張りを増やしたことについて、すでに手を打ってあることを語る扈輒さん。

夏満さん『さすがです。』

まあ、夏満さんのレベルだと、この程度の話でも“さすが”と感じるのでしょう。

対影丘戦線への抑えの兵を三千から五千に増やして残すよう、虎白公に伝令を発します。

ついでに、龍白公軍にも、対中央軍戦線に向ける指示を加えて。

夏満さん『桓騎を取り逃がさぬよう…。』

扈輒さん『ああ、そうしろ。』

夏満さんの扈輒将軍語りがここから見開きで続きますが、ここはもういいや、飛ばします。

リーダーに対して苦言を呈するならともかく、誉めそやすしかできない側近は害悪でしかありません。

キングダムネタバレ-隊饅頭戦線で関常復活

対岳白公戦線。

崖上に上った信の部隊が、まだ敵に決定打を打てていません。

そこに、河了貂らの本陣に突然現れた関常!

番陽『関常!生きておったか!』

どうやら、王賁から少しでも敵を遠ざけるために、囮になって行動していたようです。

しかも、四散してしまったと思われていた玉鳳本軍の兵を、数百単位で引き連れてくるという、三五な仕事ぶりをここで披露。

松琢もしっかり生きています。

天国で見ているか!?よかったな宮康。(泣)

関常『玉鳳はまだ終わってねェ!!』

ここで激高して宣言する関常。なんか主人公属性みたいなことを発言し始めています。

王賁の無事を番陽に確認する関常、ここで再び打って出ようとします。

ここで河了貂も、予期しなかった関常を最大活用しようと、すかさず、攻撃ポイントについて指示を発します。

参戦するなら、敵に捕まっている羌瘣のトコロへと。

飛信隊の今日軍を前に進める意図を、即座に察した関常。

既に疲労困憊の自軍でも、それくらいなら可能と即座に判断した彼も流石です。

岳白公の後軍が到着する前に、羌瘣隊の追撃が届くか、時間の勝負になってきました。

亜花錦と関常。

二つの玉鳳主要戦力が、立て続けに復活しましたよね。

ただ、主である王賁の二回の死ぬ死ぬ詐欺だけでなく、部隊全員で全滅詐欺に付き合わされた形になった玉鳳の皆さん。

おそらくこの傾向は、今後も続くことになるでしょうか?

『○○戦線で、あの玉鳳が全滅!?』という風に、今後、河了貂あたりが何度も驚くことが無いことを祈らんばかりです。

キングダムネタバレ-軽気功使う肉饅頭?

後方から合流軍が底上げしてくれている最中、

岳白公に苦戦する信。

そして、多くの残像を残し、信を翻弄する岳白公。

なんてミラージュな肉饅頭なのでしょう?

幻想のバトルイリュージョン…。

いや、でもちょっと待ってください?

こんなん、普段から何倍も動きと体術に優れる羌瘣と、常日頃から真剣で稽古を積んできている信が苦戦するとか、有り得なくないですか?

いや~、信も手ェ抜かなくていいよ?

ややもすれば、関常に押し出されて崖上にやってきた羌瘣に怒られるぞ。(笑)

というか、この程度の敵に信がやられたら龐煖が浮かばれません。

いや、だって武術の研究と言っても、扈輒さんと一緒に邯鄲に引きこもってここ数年で研究した体術の話でしょ?

人生を武の全てに捧げた龐煖の修練に比べたら、そんな研究などペラッぺラもいいトコロではないでしょうか?

崇原や田永が見守る中、信の攻撃が一向にヒットしない状況が続きます。

ここで何かに気づいた田永。

田永『アッ!信、そいつの強さは巨体からのかいりきじゃねェ、そのおかしな体術だ!って羌礼がいってたぞ!』

田永や崇原らが度々指摘していたように、ここで片足を挙げてバレエリーナのようなポージングを決める肉饅頭。

絶対に、意識しています岳白公は。

繰り返します、絶対に、読者に見られていることを意識しています岳白公は。

確かに今まで、おかしな体術とか言われていましたが、流石に、いままでそんなポーズとっていなかっただろう。(笑)

信『体術…、なるほどそうか…尾平!!』

岳白公の動きの正体に気が付いたのか?

信は急に尾平に来いと伝えます。

尾平『へッ!?お、俺?』

ものすご~く嫌そうな顔の尾平。

確かに何で尾平なのでしょう?

次週の予想も楽しみになってきました。

― キングダムネタバレ最新687話 以上 ―

次回もこの先の展開について、キングダムネタバレ予想をすすめていきたいと思います。

皆さんの予想やコメントもいただけると嬉しいです。どうぞお気軽に。

 

 

-キングダム本編考察

Copyright© キングダムネタバレ予想考察オフィス , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.