キングダム関連作品

キングダム総集編Ⅰ、Ⅱ やっと手に入れたぜ!!

更新日:

もう本屋さんで売ってないんですよ。

いつかどこかで再版されるんじゃあないかな??なんて期待することもできないので、

Amazonで買い直ししました。

もともとはキングダム総集編Ⅰに関しては、

2010年8月24日の、

キングダム総集編Ⅱに関しては、

2012年6月30日の、ヤングジャンプ増刊号として発行されたモノで、当時は普通~にコンビニで売っていたんですがね。

ただ、話の中身自体は、通常の連載の一巻と二巻に該当する部分だったので・・・・。

「フンっ、ちゃんとコミックス買ってるよ~、今更お試し感覚なんかでキングダム読むかっての!」という感じで、普通なら買わないんですが・・・。

表紙のアオリの部分を見てください。

そう、最近やっと、昔の設定などがインスタグラムなどで、断片的に情報が小出しにされていますが、

コミック未収録の過去の読み切り作品がなんと4本も拝めるという事で、当時の私は即買いして大切に保管していたものです。

内容も、それはそれは・・・!?

フツーに政がカワイイ王子様だったり、

信の性格が暗くて、超マジメだったり、

主人公が李牧だったり、

主人公が蒙武と昌平君のコンビものだったり。(笑)

信や壁さんに伝説で語られた穆公の正体がアレだったり、

楊端和のご先祖ちゃんはもっと、ゆるカワ名前が`カイネ'だったり。

いや、なんというかもう・・・、

今のキングダムの彼らを知る我々だからこそ、

もう面白すぎてヤバいです!!(爆笑)



いまなら、まだ若干の部数ですがAmazonでなら買えます。

ただ、もともと700円ぐらいの値段でしかなかったこの二冊の総集編ですが、

保存状態にもよりますが、ほぼ、倍の値段します。

新品に近い状態のモノは3000円、4000円します。

因みに、政が表紙の総集編Ⅱの方が部数が少ないせいでしょうか??

どれも2000円以上して高かった気がします。

発売当初から、現在に至るまで、この4本の読み切り作品は、今でもコミックスと2冊出版されている公式ガイドブックである『英傑列記』と『覇道列記』にも収録されていないレアものなので、大切に保管していたのですが、

1年ほど前の一時期、親と同居していた際に、間違えられてその他の古雑誌と一緒に処分されしまったトキは、私自身、既にいい大人になっていながら久々に親に殺意を抱いてしまいましたよ・・・。(冗)

もう2度と手には入らないんだろうな・・・。

と諦めていたのですが、思いがけなくたまたま、何かキングダムのカッコいいグッツやら、アイテムとか売っていないかな?とAmazonの検索をぼんやり眺めていたトコロ、中古品として出されている、数冊を発見!?

な、なんと奇特な方々がいらっしゃるのだろう!?(泣) と、

即決で購入しました。

そして読み返すとやはり面白い。

さらに、そこから普段の連載のキングダムを読み返すと、より、普段の彼らの活躍する連載の裏側を知っただけ、愛着に深みが出ます。

まだ、この読切りを知らない他の読者よりもキングダムのキャラを知って、『俺は誰よりもキングダムを愛せているんだ』という捻じれた優越感にも浸れることも請け合いです。(笑)

だから、もう絶対なくさないぞ!!( ;∀;)

キングダム総集編Ⅰ、Ⅱ やっと手に入れたぜ!! — 以上

 

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村

-キングダム関連作品

Copyright© キングダムネタバレ予想考察オフィス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.