Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダムネタバレ第599話右翼の風向き考察

(馬南慈軍の挟撃網 作画引用:原泰久先生 作 キングダム第599話 )



マジで河了貂よかった。

彼女、このまま王翦に吠えるだけの引き立て役で鄴攻めが終わるのかと心配したが、最後はきっちり仕事してくれました。

いや、それ以上に河了貂に続き番陽、おまけに段茶さんまでの見せ場を作っただけでなく、先週から続く亜花錦の連続攻撃で馬南慈の退路を防ぎ、結果、追撃戦どころか挟撃戦に持ち込んでの14日目の撤収。

見せ場も尺を使うテンポもホントに小気味のよかった顛末でした。

正直、これまでの細かいツッコミどころがどうでもよくなるぐらいの魅せる回だったなぁ。とう気がします。

しかしながら、今回のキングダム。前半、中盤とアゲアゲで、羌瘣がピクッとして、バッと飛び起きたとき、みなさん「あっ…。(察し)」ってなったと思います。

火を囲んで、秦軍右翼の勝報を知る蒙恬とその部下たち。

いまから食事ってトコロなのですが、蒙恬が席を外します。

食糧難だけど良かった、ウサギ獲れるんだ…。などと考えずにはいられないのですが、もう嫌な予感しかしないので、小ネタなどよりも先の展開のほうが気になります。

蒙恬の副官である、コゼン副長…。

陣を出る蒙恬の機嫌を見て取った彼と側近の皆さん。みんな仲良く、信、王賁、蒙恬という若手傑物と同時代に生きている実感の談議の感慨に耽るとか…。あの?多分、それホントにヤバいヤツだと思います。

それ、完全に悪魔を呼ぶ儀式になっちゃってるから!

3人とも話スグに辞めろやぁ、今すぐ逃げろやぁぁ!!

これもう第137話の雰囲気と完全にアレやんかぁぁぁ!?

クッソ、気にはなっていたけど、来週アイツかよ。と思ってラストページめくったら居た。

ん?ってゆうか、蒙恬陣営と飛信隊陣営の間ってどれくらい離れてるのでしょう?

久々の登場で、龐煖の武神センサーってカナリ劣化したのでしょうか?

もしかしたら、ウサギの丸焼きの匂いに釣られて出てきただけの、別の武神である可能性もあるかもしれません。

映画が好調で、神(作者)の気分やらテンションが上がってるのかもしれませんが、今週も原先生マジで凄いわ。

だって、たった1話分の話の中で、上げて上げて上げて最後に見事に落としにかかりましたね。

キングダム読者の全員、勝利の余韻から一気に覚まされた。

キングダムネタバレ-秦軍右翼の総攻撃




正直、前回のキングダムネタバレ予想で心配していた部分がすべて予想を上回る形で、河了貂がカバーしてくれていたのが凄かったです。

さらに、那貴一家と亜花錦小隊のポジショナルプレーの華麗さには目を奪われました。

最後に龐煖登場で心が折られたにも関わらず、冒頭から読み直すと再び熱いです。

まず、結果的に今回のキングダム、藺相如の二つ目の遺言が何であるかは、完全にお預けになりました。

まあ、連休含んであれだけ引っ張ったのになんだったのか?という、ジワっとした部分もあるのですが、趙峩龍が後を託した堯雲自身の出番も完全に話の流れ的にお預けなので、これは致し方ないトコロでしょう。

もっとも、その重要論点のお預けがあったとしても、問題にならないぐらいにスッキリと纏め上げた感がある14日目のラスト回であったと言えます。

今わの際の趙峩龍から堯雲の名を絞り出した趙峩龍の最後を、信は確りと見届けました。

この点、信にとっても趙峩龍は彼の記憶の中に納まる特別な敵の一人になりました。

キングダム考察-インターセプト那貴

ここからの流れが圧巻です。

まず、意外にもが趙峩龍の死は、ある種の大将軍級の殉死精神を側近に宿らせています。

ここで殉死精神が宿り昂った敵兵に、那貴一家の伏兵をぶつけてくるのが効果的でした。

マジで那貴、あんた最高だぁ!

キングダムネタバレ-河了貂の見せ場



これは前回のキングダムネタバレでも考察していたように、ここから先の追撃戦の移行へどう繋げるかが大きな課題だったのですが、神(作者)はこの点、前回のまでの各武将のポジショニングを大きく生かして、結果的に、河了貂の指揮と亜光軍の連動性をもって追撃戦どころか、ほとんど包囲に近いような挟撃戦に移行して、私の予想をはるかに上回る形で、14日目の戦術ネタを収束したのに驚かされました。

まず、予想を上回ったポイントが3点。

まず第一に、河了貂が本陣を捨てると当時に、趙峩龍軍の残党などは早急に捨ていて、即座に両サイドの友軍への救援行動に切り換えたこと。

第二に、上記の救援においては信・楚水の先行組が亜光軍の挟撃に向かい、河了貂・渕さんの後衛組が玉鳳隊の防御へ回るという形で、増援が目的別の兵種分離が松左危機の時点ですでに完了していたこと。

さらに、第三に段茶さんのキャラチェンジ。

これらの点が有効に働きました。

キングダム考察-謎多き武将、段茶さん

戦況によってキャラチェンする男。

そんな隠し玉をもっていたなんて予想不可能です。

しかし、もしかすると彼が河了貂達と飛信隊の天幕で会議に赴く途中、尾平を相手にヤケにオラついていた場面あたりからその燐片は容易されていたのかもしれません。(558話参照)

そして、亜花錦に嫌がらせされている馬南慈なのですが、何故かこの二人、怒るとメチャクチャ怖い近所のおじさんと、彼に構ってもらいたくて悪戯を仕掛ける小学生に見えるのは何故でしょう?

この時点で、多分、お互いにどっちかが先に死んだら、異様に号泣するような関係性が芽生えているような気がします。

キングダム考察-楽華隊と龐煖

正直、ビックリです。

それでいて、陸仙も蒙恬もその場を離れて、ろくに戦えるメンツなどいないコゼン副長らの目の前に現れたコイツは何なのか?

もしかして、たまたまニアミスになった蒙恬を狙っていたのか?

それならそうと、龐煖の存在に気が付いていなかった蒙恬ですが、これまでと龐煖と違って、必ずしも個人武力の強いヤツを狙うことが目的で動いているのでは無くて、別の目的、それこそ李牧と何かコンタクトがあった上での行動なのか?

ただ単に、今は若手の中で蒙恬が一番元気だから狙ったのか?

心して次週のキングダムを待ちたいと思います。

キングダムネタバレ最新第599話右翼の風向き考察 以上

次回もこの先の展開について、キングダムネタバレ予想をすすめていきたいと思います。

皆さんの予想やコメントもいただけると嬉しいです。どうぞお気軽に。

Twitter:しんいち ダム垢(@takikomigohande

本編の考察⇒【キングダムネタバレ最新第598話 紡ぐ者 考察】

前回の予想⇒【キングダムネタバレ最新600龐煖は成長したのか?】

コメント

  1. いち より:

    史上最強[亜光]も、重傷
    [王ホン]も[関常]も、重傷
    (重態に加え、数日絶食状態の彼等が
    復活したりしたら(^o^)ますます超能力バトルだし)

    [信]も[羌カイ]も、ボロボロ

    [もーてん]ひとりじゃ、武神はキツイかなぁ…
    と、思ったけど
    『槍の実力は、王ホンに負けない』[陸仙]が居たぁ(^o^)
    [もーてん]&[陸仙]なら
    [もーてん]&[王ホン]と同じなので
    元気いっぱいの武神に勝てるかも♪

    ……ただみんな、朝から体力使いまくりの上
    何日も飯食ってないからなぁ。。。
    とりあえず、もーてん爺には
    ワープで逃げてもらいたいなぁ♪

    ☆信の覚醒に反応した武神!
    もーてん爺の下へ現れる~かぁ………
    『趙は武神まで、方向音痴かーい(笑)』

    • シンイチ より:

      いち様
      コメントありがとうございます。

      羌瘣のセンサーは鋭敏な割に、
      龐煖のそれはカナリ適当。(笑)
      そうでなければ最初から蒙恬狙いかと思いきや、
      ニアミスしてるし、これってキャラブレなんじゃないの?と気になるところです。

      また、あの大男が、ポツーンとたった一人でトボトボ山奥から歩いてきたのか?と思うとカナリ滑稽です。
      どうせなら馬テイと鉢合わせになって、フォンでもいいですね。
      知らない者同士なうえに、
      あれ?趙将やっちゃった?ってなってもアイツは気にしないと思うので。

      蒙恬のじいは、蒙恬じいを原先生が殺してしまったら、飛信隊、玉鳳隊、楽華隊からきっちり一名ずつ犠牲出さなくていいよ?
      何なのその無駄な几帳面さ?と突っ込もうかと思います汗

  2. しん より:

    段茶さんみたいな人って良くいますよね。順風だと実力以上の力が出せるけれど逆境だとてんでダメとか。
    でも亜光軍にはぴったりのキャラですよね。戦況が優勢になった段階で絶大な破壊力を発揮するとか。
    もっともこの手のキャラは調子に乗ったところを突然現れたボスキャラに一太刀でやられるというのがお約束なんで逆に死亡フラグが立ってしまったような。
    武神さんが出るのはおかしくありませんがなぜ左軍楽華なのか、ここから武神さんをどう使うのか作者の力量に期待しましょう。

    • シンイチ より:

      しん様
      コメントありがとうございます。

      実に的を得た段茶さんの講評、誠にありがとうございます。
      最初頂いたコメントを見た瞬間、何となく感じてた部分が凄くフに落ちました。(笑)
      「確かにいる!」という感じです。
      原先生のご経験の中で、どなたかこういった方がいらしたのかもしれません。

  3. 南水純 より:

     久々に快適なテンポでストーリーが展開されましたね。戦場の地形が明示されていないのが少々不満ですが・・・ま、いいかw 森の直前に布陣するのはNGです(背後からの奇襲の可能性あり)が、部隊が瓦解した場合に森に逃げ込むのは正解かも。逃げるほうは一目散に脱出を目指せますが、追う方は伏兵を注意しつつ隊として行動するので足が鈍りがちになります。
     龐煖、ここで登場、しかも楽華隊野営地に登場ですか。さすがキングダム最強のトリックスターの面目躍如です。単にウサギの丸焼きが目当てだったりしてw もし李牧の指示で動いているのなら、事は重大ですね。百人隊だったころの飛信隊ならともかく、合戦中で警備が厳戒態勢の野営地でその軍中枢部にいとも簡単にやすやすと侵入できてしまうとは、しかも忍び込むのではなく堂々?と・・・“隠形の術”でも使えるのでしょうか? ということは龐煖の武力をもってすればごく一部を除いて将軍クラスのほとんどすべてをたやすく暗殺することが可能になります。これはもう山陽戦で輪虎が行った千人将狩りが霞むほどの脅威です。
     本編外ですが呂不韋が雄姿みせましたw 史実では彼の死は鄴攻略戦後です。神(作者)が彼ほどのキャラをナレ死させるとは到底思えません。きっとふさわしい見せ場が用意されていると期待しております。

    • シンイチ より:

      南水純さま
      コメントありがとうございます。

      今回も論点を補足いただきありがとうございます。
      やはり、馬南慈軍の森前の布陣ヤバいですよね💦
      そして、その地点に馬南慈を縫いとどめている亜花錦も凄いと思いました。
      おかげで後方から段茶さんが敵軍をボコり放題です。

      何気に、南水純様のコメントを見て、龐煖の適材適所って三大天とかじゃなくて、
      ホントに李牧にとっての「暗殺の外注先」が一番の居場所なのではないか?と感じいります。
      言われてみれば、あんなバカでかい大男、なんで誰も気が付かないんだ?という部分でも不思議です。

      はい。呂不韋はナレーションでも脱冠したとしかでてなかったと記憶しているので、
      また作品でも何かを残していってくれることを楽しみにしています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。