Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダムネタバレ第597話 武運を 考察

(藺相如 作画引用:原泰久先生 作 キングダム第597話 )


キングダムネタバレ-回想から回想へ

もしかしたら今回のキングダムは、最近になってキングダムを読み始めた方から見れば、少し分かりずらかったかもしれません。

今回の趙峩龍の回想描写については、藺相如から堯雲と自分自身へあてた言伝の場面と、さらにそこから、具体的に“中華について”の言葉を敵と交わすために王騎軍との対峙する場面によって構成されいました。

つまり、二重の回想になっています。

藺相如としても、ほかに藺家十傑として強力な武将は何人もいたわけですが、こと、自分の遺言の核心となるべき部分のメッセージだけは、この二人にしか託すことができなかった。

この場面にいたるまで、堯雲と趙峩龍がそこまで藺相如の信頼を得られるほどに、大きな実績を積み重ねてきたことがうかがえます。

キングダムネタバレ-2つの重要ポイント




さて、ここでは特に印象残っている部分が2点あります。

まず1点は、今回の597話で垣間見られる戦の結果から回想シーンを含め、どうも王騎よりも藺相如のほうが、全体の主導権を握っていたように見える点です。

キングダム考察①-主導権を握るのは藺相如

少なくとも会話に関しては、完全に藺相如のほうが主導権を握っています。

王騎将軍は今は亡き、かつての剛成君、政と王建王を引き合わせた、蔡沢老ですら、「ワシですら、ぁ奴は苦手じゃ…。」と言わしめるほどの男でした。(キングダム99話参照)

この一例に限らず、いままでどんな相手であっても、捉えどころの無さと人を食った態度を見せてきた王騎将軍です。

【※この点、その王騎将軍に無理やり酒を飲ませるほどの、ヒョウ公の押しの強さはさらに特筆すべきであろう。】

結果的に、ここで語られる“馬丘の戦い”戦果がどちらのものになったのかは分かりませんが、少なくとも、この場面の一連の会話の流れを見る限りは、将軍としての強さはともかくとして、少なくとも人物の存在感としては藺相如のほうが王騎よりも格上であったことが分かります。

また、趙峩龍が序盤で録嗚未に語ったように、この小川を隔てた場所に王騎軍の幹部一同をおびき寄せたという表現も決して誇張ではないことが伺い知ることができるでしょう。

キングダム考察②-照王と二度のコンタクト

この点だけでも、藺相如はただの趙国の軍隊のトップの一人ではなく、敵国同士とは言え、列国の王と同等の視点、政治的発想で趙国のリーダーシップをとっていたことが分かります。

この点、神(作者)としても、かなり史実ベースに寄せてきた部分ではないでしょうか?

前回のキングダムネタバレ記事でも、読者様から頂いていたコメントでも、廉頗や李牧(特に史実面において)のキャラクター色が非常に軍人的要素のほうが強く出ていることに対して、藺相如などは非常に、政治家としての側面が色濃く出せるキャラクターとして位置付けることができたのが大きな印象として残せることが挙げられています。

また、象徴的だったのは、麟坊が側近の槍を投げ込み、同じく堯雲が同時に反応し、同じく投擲を仕掛け、王騎を騰が守り、藺相如もまた趙峩龍の矛によって守られる場面です。

人物のしての格は藺相如のほうが上かもしれませんが、武将としての実力は互角。

つまり、実際の力が均衡を生み、静的な空間が生まれ、そして、そこで初めて、意義ある話し合いの場所が形成され、意味あるメッセージが託される。

まさしく、この世の真理として、力ある大国がリードし合う。国際政治の在り方の縮図がここに残されていると捉えることもできるでしょう。

そして、ここで最後に何故かではなく、やはり録嗚未が安定のイジられ方を見せることで、緊張緩和が図られる異なったのは流石です。

これが調和です、予定調和です。まさしく安定の録嗚未の真骨頂です。

最終的に、藺相如は六将として全盛であった王騎には、今は全ての意図が伝わらなくてもいい。

むしろ、「少しは分かっているハズ」程度の今の王騎であることを含めて“中華を熟させる”という意味も兼ねていたことは間違いないでしょう。

いつも間にか、回顧から一時のあいだ、戻ってきた趙峩龍の目が、信のまっすぐな目と、右手に握る王騎将軍の矛を捉えます。

まさか、今回のキングダム597話がここまで胸熱だとは思いませんでした。

趙峩龍、先週のネタバレ予想で、君のコト、もう李牧なんか裏切るぐらいでいいんじゃないのか?などと適当なコト言ってすいませんでした。

きちんと潔く、信と黙って向き合ってるじゃありませんか。


キングダムネタバレ-1つ目の遺言

趙峩龍がこんなに大きな口を開けて叫んでるのは初めてです、そして相変わらず、どこからが黒目でどこからが白目なのかがよくわからない目です。

今週も目が細いです、口は大きく開いたけど、やはり今週も目が細いです。

恐らく、信にとっては目が細すぎるために表情が読みづらい趙峩龍。

突然の本気の彼の攻撃に、一瞬、防御態勢を取るのが遅れたためでしょうか。堯雲と対峙したときのように、上体がのけぞるほどの強烈な一撃を喰らってしまいました。

ネタバレ考察①-中華補完計画

藺相如的には、趙峩龍の次なる回想で思い返される二つの伝言が彼なりの答えになります。

1つ目の伝言は―、

中華を統合する“剣“が現れたら、全力でそいつを殺せというものでした。

では、ここから語られる二つ目は何か?

おそらく、それは、ここで最後に始まった趙峩龍が命を懸けた、信との最後の打ち合いの果てに、趙峩龍と辿り付くことになるのでしょう。

藺相如が残した遺臣に打ち勝つことで、本物の中華統合の決め手になりうる“剣”になる。

そう考えれば、何となく、わかる気がするのですが、それは、言葉で語って得る感動ではなく、勝負の結果で生み出すもの。

敵も味方も含めて一つの中華を愛した主。藺相如の心意気とともに、信と趙峩龍の戦いを見守りたいと思います。

キングダムネタバレ最新597信に伝う藺相如の遺言 以上

次回もこの先の展開について、キングダムネタバレ予想をすすめていきたいと思います。

皆さんの予想やコメントもいただけると嬉しいです。どうぞお気軽に。

Twitter:しんいち ダム垢(@takikomigohande

最新の考察⇒【キングダムネタバレ第596話 趙峩龍本陣 考察】

最新の予想⇒【キングダムネタバレ最新598藺相如の中華補完計画】

コメント

  1. いち より:

    録鳴未キター\(^o^)/ウレシイなー♪

    しかも(^o^)藺少女の想い出話しで
    何週も費やさず(笑)シンプルに纏めてくれて
    ヨカッター♪♪♪

    ~藺少女~
    桓騎の顔に( ・◇・)エイセイのヅラ被せると
    出来上がり♪

    • シンイチ より:

      いち様
      コメントありがとうございます。

      槍をぶん投げる役は、退場して出番が少なくなったリンボウに譲るとして、
      はい(笑)録鳴未、殿との安定の掛け合いで喜び描写でしたね(笑)

      言われてみれば(^^)!
      実は、そんなにキャラの書き分け多くはないってことかも...。

  2. 南水純 より:

     変化球を匂わせる仕掛けをばらまきながらの豪速球の展開、神のお手並みはお見事でした。趙峩龍の実力は禄鳴未(武力)+隆国(知力)? 趙峩龍の武力が禄鳴未並みだとすれば手負いの信にとってはかなり厄介な相手ですね。互いに死力を尽くした迫力満点の一騎打ち、期待しております。
     ところで私は今まで禄鳴未さんの年齢を信+20才くらいかと勝手にイメージしていたんですが・・・意外にも結構いい歳だったんですね、若作りでしたかw。
     昭王に2度会ったと語る藺相如、この2度の対面はしっかりと歴史の記録に刻まれています。1度目は「完璧」の語源となった「和氏の璧」をめぐる昭王との対決、2度目は「黽池の会」として知られる昭王と趙王の会見時での活躍。藺相如は2度にわたって知力と胆力で昭王を圧倒し野望を挫きました。「刎頸の交わり」の語源となった廉頗とのエピソードではあの廉頗が脳筋オヤジに思えるほどに藺相如は見識の高さを示します。あの辛口人物評の司馬遷も「文武知勇の将」と絶賛しました。これらのエピソードで藺相如はまさに三国志における諸葛亮孔明と姿がダブルような活躍ぶりです。キングダムの世界では廉頗と王騎は実力伯仲で互いに非常にシンパシーが高い存在のように描かれています。史実における藺相如>廉頗の人間関係が今回の藺相如と王騎の会話にも表れているように思えます。

    • シンイチ より:

      南水純様
      コメントありがとうございます。

      さすがに、趙ガ龍が弱いってことはないのはわかるのですが、
      さすがにギョウ雲以上ってことは無いんじゃないのか?

      まあ、勝負って、その時の状態とかテンションやら、
      相性やらで、そう単純なものではないのもわかるのですが、
      この点、どう勝負が動いていくか僕も気になります。

      また、今回いただきましたコメント、予想記事の編集を固めるのに非常にたすかりました。
      なんとなく、紙面からぼんやり感じ取っていたことを、
      歴史的な情報の裏付けから、着想を明確化できたので非常にたすかりました。

      僕もネットで調べるだけでなく、横山光輝ぐらいから、再読してみようかな?と思います。(笑)

  3. よっしー より:

    趙峩龍が回想を経て信との一騎打ちに入りました。
    となると遅くてもGW明けには勝負がつくことになります。
    そこからどう展開していくかを楽しみにしています。

    少し脱線して前回の予想で旧三大天の話が出ましたが私はキングダム世界なら兵力1万で戦えば趙奢が一番強い。10万なら廉頗が一番強い。100万なら籣相如が一番強いと思っています。現実世界は籣相如の将軍としての実力がわからない(多分刎頸の交わりの例から見ると廉頗は少なくても自分の方が将軍として優れていると思ってる)ので何とも言えませんが趙奢は知ってるエピソードだと紀彗の強化版みたいな人物で戦術よりも部隊の一体感、士気を上げるのにたけた人でその分複数の舞台を動かす大軍指揮はどうなんだろうという疑問が残ります。

    • シンイチ より:

      よっしー様
      コメントありがとうございます。

      GW前後で、合併号が休載が入ることが多いので、、。
      たぶんおっしゃるようなテンポだと思います。

      なるほど!
      僕などは単純に、最後のネタとして残った、趙奢が一番強そうに描かれるのかな?
      などといったように期待してしまいましたが、強さを属性として分類してみると、
      よっしー様の考察は非常に奥が深いですね!勉強になります。

      できれば、原先生によって六将目線から、
      キングダム上での評価が描かれてほしいところです。

  4. Ryu☆Gensoku より:

    今回は神回でしたね(^^)
    藺相如の語る中華、読み応えがありました(^-^)

    藺相如の史実エピソードを踏まえた上で藺相如に中華を語らせると
    この様な思想にたどり着くのか。と神(作者)の歴史認識と藺相如への
    思い入れの深さに敬服させられました。

    当時の最先端の思想の一つであったであろうと想像される中華思想を
    理解した上で藺相如は中華を客観視して俯瞰し、独自に解釈し、擬人化
    したような独特の言い回しで表現していました。

    が、これがあまりにも壮大な思想のためか、あの王騎将軍でもその全容
    を理解するには至っていないように見受けられました。

    (秦趙両国の命運を賭けた殺し合いの真っ只中に、計略によって敵軍の
    中枢を一箇所に誘き寄せることに成功しておきながら、話だけして引き
    揚げてしまう藺相如の大胆な行動の裏に何があるのか、あの王騎将軍が
    真意を図りかねて翻弄されているようにも見受けられました。)

    次回はいよいよ信と趙峩龍の一騎討ちですね。

    二人の対決は決して王騎vs藺相如の代理バトルではありません。が、
    二人は互いに「思いを紡ぐ者」たちです。きっと王騎将軍も藺相如も
    武運を祈りながら二人の対決を見守ることと思います(^∇^)

    • シンイチ より:

      Ryu☆Gensoku様
      コメントありがとうございます。

      はい!私もそう思い、材料が多くて、
      つい考察には時間がかってしまったほどです。(笑)

      本文には「中華思想そのものはなかった」という趣旨でかいてますが、
      先端の思想として、列国が統一したら?という着想事態は絶対にあったと思うので、
      この点、藺相如様を描いて、乱世からの統一にかけてのメルクマールとして出現させたのは歴史資料の少なさの補完手法として見事だったと思います。

      最初は、ギョウ雲の影みたいだった趙ガ龍も、ここまで思いを語ったなら、
      堂々と信と戦ってもらいたいものです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。