Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダムネタバレ第596話趙峩龍本陣(2)考察

(堯雲 作画引用:原泰久先生 作 キングダム第594話 )


もう気が付いている人も多いかもですが、今回のキングダム、副題が「趙峩龍本陣」です。これって593話と一緒じゃないですか。

別にびっくりするようなことじゃないんですが、コレってもう、神(作者)もヤングジャンプ編集陣も、みんな映画公開を前にして疲れているのでしょうか?

キングダムネタバレ-切り替えの難しさ

こんなとき、やはり渕さんと尾平たちがいてくれたおかげで、ちょうどいい緩衝になってくれているように思えてきます。

これだけ激しい戦闘なのですから、誰が死んでもおかしくはなかったハズなのですが、正直、この尾平と城戸村のメンツもまた、松左が自ら助けた仲間です。

本陣の河了貂にも彼の死が伝わります。

ただ、チョットこのシーンだけは微妙です。

最初は、膝を落とすだけで、モノローグでなんとか感情に流されるのを耐えていた彼女は見事です。

しかし、最後の「ごめん、やっぱりちょっとだけ…、すぐに立ち直るから…。」のセリフは余計だったと思います。

最前線はそれこそさらに泣いている場合などではありません。

しかしながら、ここでも松左の死に触れないわけにもいきません。

信が「お前たちの分まで泣いてきた…。」と良い仲間を鼓舞します。

キングダムネタバレ-堯雲の再登場

彼の天幕に迫ってきていのは趙峩龍からの伝令でしょうか?

気が付いた堯雲が寝間着姿で現れます。

まぁ…、いろいろな部分で新しい姿の彼なのですが。

ほっぺたになんか、いつもの変なのがくっつたまんまです。(笑)

キングダムネタバレ-都合のいい思い出

番陽が頑張っています。

この先、番陽がコレほどまでに活躍することが出来る機会などそうそうないでしょう。

何気に、番陽の全面と競り合っている、雷雲の一人が「じじィ」と小さく唸っているのが異様に目につきます。

そして、番陽自身はモノローグで「急げ信、我らの限界は近い…。」と祈っていますが、これはどうなのでしょう?

思うに、現状どれだけ彼らが限界に見えても、王賁が復活すれば、いままで語っていた限界が何だったのかワケが分からないほどの士気の再爆発を見せるに決まってます。

また、宮康の仇!と決意していた松琢の動きも気になります。

馬南慈の首を狙う亜花錦含めて、神(作者)が各戦線の仕込みを入れた戦線が、趙峩龍の敗北が気かけで雪崩式に両戦線に波及する様も見てみたい気持ちが湧いてきます。

キングダムネタバレ-言わんこっちゃない。

前回のキングダムネタバレでは、趙峩龍としては逃げ込んだ先が森である以上、そう多くの仲間を防衛に呼び込むことは不可能である趣旨の記述をのこしましたが、この点、見事に趙峩龍にとって裏目に働きました。

多分、趙峩龍は逃走を図った時点で、もうまともに戦う気がなかったのではないでしょうか?

そして、何故、趙の自国領内の戦闘で、趙峩龍のほうが地理的封鎖を喰らってしまっているかは謎です。

この点は那貴一家の能力が、紙面に描き出すことが出来ないくらい恐ろしいスペックを誇るものだったと脳内補完するほかないでしょう。

あと、実際に、趙峩龍が逃げたのは、逃げた方向のまんま馬南慈軍方面だったことが我呂のセリフで分かります。

ここからは、趙峩龍のモノローグが入ります、

堯雲と趙峩龍が、なにやら非常に重要なメッセージを託されていたことが分かります。

しかしいままで、自分たちが暴れまわるという都合いいほうのダイイングメッセージの方だけしか思い出せなかったのが、この二人の残念なところなのでしょう。

普通、逆なのにな。

将軍だったら、少しでも国際状況の変化や危機管理に繋がりそうな方の思い出を大切にするべきだとおもうのですがね。

キングダムネタバレ最新596話 趙峩龍本陣 考察 以上

次回もこの先の展開について、キングダムネタバレ予想をすすめていきたいと思います。

皆さんの予想やコメントもいただけると嬉しいです。どうぞお気軽に。

Twitter:しんいち ダム垢(@takikomigohande

最新の考察⇒【キングダムネタバレ最新第597話 武運を 考察】

最新の予想⇒【キングダムネタバレ最新598藺相如の中華補完計画】

コメント

  1. いち より:

    信『羌カイ休んでろ』
    羌『…松左は良いヤツだった』
    信『よし、一緒に行こう』
    (⌒‐⌒)良いシーンでしたネ♪
    ~しかし…尭雲の頬飾り(笑)
    コレに全て、持ってかれました(≧▽≦)

    ~それにしても~
    リーボック・ワープ
    大森林・ワープ
    に続きSF的(⌒‐⌒)b預言者・藺相如
    ……ですが…何、語ったんだろ(´・ω・`)まさか…
    殉死を望む程、慕ってた部下に
    『エイセイ軍を肥やす餌に成れ!』だったら……
    とんでもなく非情で、精緻な(笑)預言者に成ってしまうぅ

    ※あ☆それと、徐肖でさえ
    ショートワープ使えたのに
    テンを狙う別動隊は(´・ω・`)いつまで
    かかるんじゃろ。。。

    • シンイチ より:

      いち様
      コメントありがとうございます。

      今回は戦闘シーンこそなかったもの一連の会話もテンポよく、
      哀しみを背負いつつも、全員が士気に切り返る流れを作られたのは非常によかったですね。

      堯雲の頬当てはもう入れ墨、、、趙峩龍が死ぬ前に教えてくれたらいいのにですね(笑)

      まずは藺相如の予言?あるいは遺言につき今週の答えを楽しみにしたいところですね。

  2. げるしー より:

    堯雲・趙峩龍共に降伏し、それぞれ玉鳳と飛信隊へ編入。藺相如の中華統一の予言を達成するために仲間になっちゃう…とか。
    史実的にも羌瘣はいつまでも飛信隊にくっついていられないみたいなのでそれなりの軍師は必要だし。新たなキャラクターを作らず軍師を補完できちゃう。無理かな(笑)

    • シンイチ より:

      げるしー様
      コメントありがとうございます。

      以外にも戦国時代を描いている割には、
      敵味方の集合離散、、那貴なんかを除いてあまり聞かないので、
      私も悪い予想ではないと思ってます。
      まあ、藺相如が統一の流れを想定しているのは間違いないかと、、。

  3. Ryu☆Gensoku より:

    寝間着姿の堯雲を見たとき、やっぱり王賁から受けた槍傷は深手だったんだな、、
    としみじみ堯雲&十槍&雷雲による玉鳳隊急襲当時の激闘を思い返そうとした直後、
    堯雲の頰飾り(笑)に気づき????と二度見して、一瞬思考停止に陥ってしまい
    ながらも、半首か頰当ての一種かな?と自分の知識不足を脳内補完することで、
    何とか本編に意識を向けることができました(笑)
    怪我の療養のために安静にしている時でも緊急時に対応するための意識から具足を
    身に付けたままにさせることで堯雲の意識の高さを表現している神(作者)の表現
    力に感服させられました^_^
    前回の徐肖スヒンといい、今回の堯雲の頰飾りといい、細かいところにも見どころ
    の多いキングダム。次号が待ち遠しいですね(^^)

    • シンイチ より:

      Ryu☆Gensoku様
      コメントありがとうございます。

      いつも深い考察、感謝いたしたします。

      まあ、結局、今回、記事の文面もカナリ割いたにも関わらず、
      明確な答えが出なかった藺相如の遺言の正体なのですが、おっしゃるように、
      堯雲のほほ飾りショックが僕もでかくて、メインの考察に踏み切るのにカナリ時間を食ってしまいましたよ(笑)

      まあ、じっさいには、こういったディティール含めて、
      キングダムって何度も目を通しても面白い作品であったりするポイントだったりするのでたまりません。
      皆さんの脳内補完をお聞かせいただけるだけでも、カナリ味わいのある視点でございます。

      そして、なるほど!と感じたのは、
      休息期間でも完全に緊張感を緩めすぎないための、心意気の部分としてとらえれば、
      堯雲が防具の一部を肌身離さない、、。と考えるなら合理的。
      まさしく武人の鏡ですね。納得です。

      これで、まずは今週の発売のキングダムにおいて、最重要論点である、
      藺相如の“中華とは?”を心して確認したいと思うところであります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。