3月は進学と就職で別れの季節 (1)別れを告げる前に確認してほしい、3大チェックポイント

三月も半ばという事で、社会はもうすぐ年度末の体制に。

そんなわけで男女が恋の終わりを予感する瞬間もだんだん、増えてくる頃でしょう。

まあ、こんな季節を何度も見送ってきたので、今日は少し、この時期ならではの雑感でも少し残してみたいと思います。(笑)

■3月と9月、、もっとも恋人らの破綻が表面に出てくる時期です。

3月は特に卒業、社会人の方であれば人事異動など、環境の変化が縁の切れ目であっけなくお別れという方たちも多いでしょう。

遠距離でも努力すれば大丈夫??

時間が合わなくても、

生活リズムの変化があっても、気持ちさえあれば大丈夫?

いやいや、そもそも春の就職や入学で環境が変わる事で人間関係を一気に精算するコトを狙っている女の子も多いのは確かです。

そんなワケで、結果的にもともと、そこで終わりの方たちもいれば、動き次第ではウマく次の段階に進める方もいるでしょう。

そして、実際には、3月になってから気になりだしても完全に手遅れです。

今のうちに、気持ちの繋がりや、将来、それぞれが望んでいるものは何か??場合によっては円満な別れ方の準備など、しっかり確認しておきましょう。



彼氏彼女と続けたいのに、どうして春に別れてしまうカップルが多いのか?

①遠距離恋愛になってしまう。

言わずもがな。

メールやLINE、電話などで、まめに連絡を取り合えば距離になんて負けない!そう思っていても、会えないのはツライし、不安は募ります。

逆に「離れていても、心はいつもそばにいるよ……」まるで映画のヒロインのような“遠距離恋愛”、などにちょっと憧れているバカな連中ほど、交際期間に具体的な恋愛に経験も積めず、婚期まで逃します。

対策:続けるなら、きちんと期限を設けることと、明確に結婚するというゴールを明確にすることが最低限必要でしょう。

②慣れない自分の生活にいっぱいいっぱいになってしまう。

案外、先のことなど、新社会人には想定しずらいもの・・・。

満員電車、慣れない環境に仕事、新しい学校、人間関係。それだけでいっぱいいっぱいになってしまい、他のことを考えられる余裕がなくなります。

恋愛自体、人間関係の維持の一つですから、実はそれ自体がかなりのエネルギーを使います。

新しい環境というのは知らず知らずのうちに身体に多くのストレスを溜めてしまいます。

何事も一からスタートしなければならない環境では、力を使い果たし、何だかやる気がなくなったり、人と会って話したくないなど、精神的に追い込まれてしまうでしょう。

対策①:続けられるかどうか?は、自分と相手がどれだけのキャパをもっているか、きちんと把握しておりましょう。

対策②:別れることになっても半分は相手の事情で自分ではコントロールできないものであるため、「ま、アイツじゃこんなもんか」ぐらいの割り切りはいつでももっておくことでしょうね。(笑)

③会える時間が減ることで、すれ違いが生じてしまう。

環境が変わると当然休みなども変わってきます。
会えない時間が多くなることですれ違い、

互いに新しい環境で受けた価値観の違いが表面化。

せっかく会えても、前と何となく違うな・・・と言う気持ちから一気に冷めてくることも。

対策:コレもお互いのキャパ次第と言えばそれまでのなのだが、

自分自身や相手の変化はしっかり受け止めよう。

そうでなければ、続いての二人の成長はないから。

逆に変化を楽しむぐらいの余裕や力を身に着けよう。

④他の人に目移りしてしまう

私からいわせれば、これは当然の話。

今付き合っているからと言って、彼氏や彼女を変えてはいけない理由などどこにもない。

むしろ、お互いに、より有意なパートナーが出てきて、より価値の高い生活が見えてくるなら当たり前に、今をパートナーとの関係を見直すべきだ。

対策①:逆に大人になったら、それぐらいの緊張感がないと、男女共に惰性になる。

それで、振られたんなら、単純に勝負に負けたってだけの話なんだから、分かりやすくて今後の努力につながるでしょう。

振られるのが嫌なら、他の女や男に取られないだけの努力をすればいいし、いつでも振るつもりで他の男や女を確保できるキャパを備えておけばいいだけすね。

対策②:ここでも別れることになっても半分は相手の事情で自分ではコントロールできないものである、ここでも「ま、アイツじゃこんなもんか」ぐらいの割り切りはいつでももって置くこと。

■そしてさいごにヤッパリ別れる場合

と、その前に・・・・!!

■別れを告げる前に確認してほしい、3大チェックポイント

進学や昇進、引っ越しなど”嬉しい変化”も、体や心にとってはストレスとなり、気づかないうちに精神的な負担となってしまう。

このことから、面倒くさいことから離れたがったりしてしまい、なんとなく別れを決断してしまう人も多いと言えるでしょう。

今、別れを考えている人は、単に、体や心が環境に影響を受けていることが原因であって、本心では望んでいないという可能性があります。ですから、冷静に、パートナーとの関係を再度見直してみてください。決断するのは、それからでも遅くないはずですよ。

(1)生活リズムは乱れていないか?

例えば、仕事の量などで深夜の残業が増えたり、逆に卒業課題などが終わる年度の後半時期など、解放されたことから夜更かしをしてしまうことが増えたりしていませんか?

人には、これまでの習慣と違うことをしていると、たとえ健康にいいことであっても元に戻そうとする”ホメオスタシス”という機能が備わっています。そのため、良い悪い関係なく、変化を受け入れるまでは自律神経のバランスが崩れている状態が続き、正常な判断をしにくくなっているのです。

もし今、生活リズムが乱れている。色々と対応しなければいけない変化があった。という方は、本当は望んでいないのに別れを決断している可能性がありますので、一旦恋愛のことはおいておいて、環境に体を適応させることを優先させてください。

(2)夜や生理前に、別れを決断しませんでしたか?

女性であれば聞いたことがあるかもしれませんが、夜はストレスに弱い時間帯です。精神を安定させる効果があるセロトニンも少なくなっているため、不安になりがち。重大な決断をするのには向いていません。

また、生理前・生理中はホルモンバランスが崩れやすい時期。心も体も不安定になりがちなので、できるだけリラックスして過ごすことが大切です。

もし決断をするのであれば、オススメは生理が終わってから2・3日経った朝!ぐらいかな。

乱れた女性ホルモンのバランスが元に戻ってくるだけでなく、頭が働きやすくなるため、重要な決断を冷静に下せるタイミングと言えるのではないでしょうか。

(3)彼(彼女)以上の男性(女性)(精神的にも、ステータス面でも)に出会えると思いますか?

別れを決意した男女の一定数が「別れた相手以上の人が現れなかった」として後悔しているのは確かです。

後悔しても、ヨリを戻すことは簡単ではありませんよね。

だからこそ、冷静に「現在付き合っているパートナー以上の人と出会えるか?」ぐらいのコトは判断する必要があります。

具体的に、理想のパートナーの条件と、現在の彼の良いところ・悪いところなどを書き出してみましょう。視覚化することで、客観的に、冷静に、現実とパートナーを見ることができるはずです。そのメモを見るのは自分だけですから、体の相性やセックスについてなども赤裸々に書いてもいかと思います。

その上で、今、別れを決断するかどうかを決めましょう。「絶対、今の相手よりいいパートナーが見つかる!」と思う人は早く別れて、イイ人探しに出てください。(笑)

まとめ — 別れを告げる前に

大事なのは、不安や目先のことに飲まれている状態で決断をしないこと。これは、季節関係なく言えますよね。言葉にできないモヤモヤ感や不安感を、恋愛やパートナーに責任転嫁してしまい、簡単に”楽に”なろうとしてしまう人もいます。

まずは、相手との関係性を冷静に見つけなおし、前向きに今後のことを考えるいいチャンスだと捉えてみてはよいのでは? それからでも、別れるのは遅くないはず。別れを告げる前に考え直して、よりいい関係に発展することもアリだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。