Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダムネタバレ最新第593話趙ガ龍本陣 考察

(趙峩龍 作画引用:原泰久先生 作 キングダム第593話 )


正直、新人歩兵団はここらでお役御免なんでしょうかね。戦力としては期待できないほど消耗している様子です。

今、これから彼らが急襲されないコトを願うばかりです。

詰められれば引く。

撤退を兼ねて孤立させた敵の先鋒を挟撃することで、ここで再び信の見せ場も作ってくれたように思えます。

久しく初期の朱海平原戦を読んでいない人が見れば、ここで徐肖と徐林の二人をみても、ここでまた急造新キャラかよ?って思われてしまいそうですが、

まあ、なんにしてもこの二人、一年以上の潜伏期間を経て、やっと再登場できてよかったと思います。

信の初陣で登場してきた朱鬼&麻鬼(キングダム69話参照)と似てるなー…、などと思っていましたが、徐林にいたっては殺され方完璧に朱鬼と一緒じゃないですか。(笑)

まあ、見方を変えれば、これはこれでいよいよ信の武力もヒョウ公クラスに及んできたと喜んでもいいシーンかもしれません。

そして趙峩龍…、今が人生の最高潮。




キンググダムネタバレ-松左バイタルセーフ



本編の考察⇒【キングダムネタバレ最新第592話 死に場所 考察】

前回の予想⇒【キングダムネタバレ593信と松左死地の先羌瘣潜行】

さて、泣きながら生死の境に漂う彼に生存を呼びかける新人歩兵たち。

干斗が肩で松左の身体を支えます。

眼前には崇原率いる主力歩兵団の奮戦が目に入り、耳には小さく松左の声が聞こえて来ます。

ほぼ部隊戦力としての力を出し尽くした新人歩兵団なので、もしも敵部隊と対面すれば今度はホントにおしまいです。

キングダムネタバレ-趙峩龍、人生の絶頂期

いままでの趙峩龍の人生がどうだったのかは知りません。

恐らく神(作者)でさえも知らないでしょう、何故なら、それほど深く背景など練られていないでしょうから。

でなんで、今回の活躍が彼にとって単独で目立つことのできる人生の最大の場面ということになります。

まあ、なんにせよ万事スロースタートの趙峩龍です。

ここまでくれば、もしかしたら藺相如が死んだときも、コイツだけは別の意味で他の藺家十傑と違ったのかもしれません。

恐らく今戦のように、ただ単に何かぼんやりしているうちに藺相如の後を追って死ぬを忘れたていただけなのでしょうか。

痴ほうなども進んでいたとしたら、最早、本当に王騎将軍たちを相手に戦っていたのかどうか?

その記憶すら曖昧なことだと思います。



キングダム考察-楚水さんの見せ場だったのに

敵の本陣を前に、防陣を貫いてきた飛信隊の先頭部隊の面々。

信を筆頭に楚水騎馬隊と我呂の率いる飛ヒョウが随伴します。

趙峩龍の随伴兵の見る目にも飛信隊の馬足は全く衰えておらず追従も振り切れない。

むしろここでは飛信隊から目視できて追撃しやすい距離を保持しているような素振りすら見せます。

ぶっちゃけ、飛信隊の主力と言っていい我呂と楚水さんがいるなら、

我呂「信!周囲の敵は俺達が倒す!趙峩龍の首を!」

とか、

楚水「あと少しだ、横撃は我らが引き受ける!」

などといったように、現在の彼らの実力と経験値なら、その程度のパフォーマンスを見せてくれてもおかしくありません。



キングダムネタバレ-徐林さよなら

徐林と書こうとしたら徐倫…、(空条)ジョリーンと出てきてしまいます。

さて、どれだけ二人かがりで信を苦しめたとしても一話分で退場。

まあ、ちょうどいい尺ではないかと思います。

ただ、生き残った徐肖は多少でも信の足止めに貢献していただく必要があります。

彼まであっさり死んでしまっては、さすがにこれ以上は趙峩龍を強める要素が無くなってしまうからです。

飛信隊が敵本陣の付近にいるだけに、モブの趙兵だけはいくらでも集めることが可能なので、勢いが弱められた我呂と楚水さん達の動きはこのまま封じ込めることができるでしょう。

キングダム考察-別の者が犠牲?

再び、信たちの騎馬隊の動きが見える地点まで、松左を担いて進んで干斗たち。

危険も顧みず、ここまで進んでこれたのは、相当数の中間地点の敵兵が削減できたからでしょうか?

羌瘣による趙峩龍のトドメのやっとここまで近づいたといえるでしょうか。

河了貂側の本陣向けの敵別動隊も、ここから弓矢兄弟発動でどうにでもできるでしょう。

キングダムネタバレ最新第593話趙ガ龍本陣 考察 以上

次回もこの先の展開について、キングダムネタバレ予想をすすめていきたいと思います。

皆さんのキングダムネタバレ予想やコメントもいただけると嬉しいです。どうぞお気軽に。

Twitter:しんいち ダム垢(@takikomigohande

最新の考察⇒【キングダムネタバレ最新第592話 死に場所 考察】

最新の予想⇒【キングダムネタバレ594信呼応で羌瘣弓矢兄弟は?】

コメント

  1. いち より:

    ☆『信と羌カイは、かつての六大将軍並!』
    尭雲が、指摘してたのにネ~(^o^)
    趙蛾龍、引き続きなめくさって
    油断しててくれるんでしょうネ……
    『まさか!信が、そこまでとは(驚)』とか
    『羌カイ…って、誰だっけ?』とか言って(笑)

    ☆しかし、つくづく
    松左は惜しいなぁ。。。

    初期メンバーは(⌒‐⌒)多士済々でしたよネ
    描いている内に、紆余曲折経て
    俯瞰キャラが立って来た[松左]を始め
    向こうっ気と剣の達人[崇源]
    羌カイとの交流人情派[田有]
    純朴で異常パワーの[竜川]
    常に本音を吐露する[コウ]
    不良→一般人代表へ[尾平]
    要らないキャラは削除、削除、削除

    新人達は……キャラ、少なっ(^o^)
    で皆、同じカラー

    ☆近年は
    ([推理小説では禁じ手]の)
    伏線、顔出し~何もなく
    必要な場面で
    新キャラ急造する(笑)力業で
    泥縄してますが(^o^)

    こんなに新人達、バリエーション少なくて
    キャラの新陳代謝、世代交代
    出来るのかなぁ…

    キングダム世界は
    お爺ちゃんが、最強だから
    新陳代謝させないのかな(笑)
    (だとすると、パシリはずっとパシリ
    守られ新人は、ずっと新人かな)

    敵だって、急造→使い捨てでしたしネ
    思わせ振りに出てきた
    楚国の最高将軍の頭脳達!
    [貝満][仁凹][剛摩諸]
    (秦で言えば騰将軍の位置なのに)
    何故か淘汰粛清されちゃったみたいだし(爆)

    • シンイチ より:

      いち様
      コメントありがとうございます。

      どうあ考えても、信から離れるほどサブキャラの宿命といいますか圧倒的に書き込みが少ない。。
      まあ、多少は仕方がないにせよ、あと少しで将軍の軍団に成りそうな飛信隊を描くために、
      今更、初期場面を蒸し返したような感動を何度も焼き直すわけにもいかんなら、
      ここから先は、大軍ならではの作戦の在り方や、
      河了貂ってんの戦略の中身をもっと濃くしてやるだのすれば見ごたえも増えるだろうに、、、。と思ってしまいます。

      中盤はロエン爺や、青石族なんかをフェードアウトさせて、自然に隊の入れ替わりを演出していましたが、
      いまのところ無理に、新人たちへの覚醒路線で切り開くより、
      岳雷さんやナキなんかまだスペック描き切れてねえだろう!?と思わずにはいられません。

      仰るように、そういった意味でも急造からの使い捨て路線が目立ってしまいますね💦
      ⇒楚国の最高将軍の頭脳達!
      [貝満][仁凹][剛摩諸]
      はい、言われて気が付くほどスッカリ忘れてしまってました。泣
      そう考えるとオルドなんかはしっかり生き残っているあたり感心です。(笑)

  2. 李真 より:

    多分、次週は展開が盛り沢山だと思う。
    先ず初っ端から徐肖臨終で峩龍慄き退却!!
    此処で場面が切り替わり、貂の居る本陣に
    やっぱり放たれてた別働隊急襲!!
    まぁ此れは只、仁淡兄弟の見せ場を
    作る為だけのモブだから、
    貂の本陣防衛の簡単な仕掛けであっさり殲滅。
    ンで此処で又、場面は峩龍に戻り、
    全力疾走中の峩龍の眼前に満を持して
    羌傀登場で空かさずスヒン発動で次号に続く…
    問題は更に次週…此処で峩龍討ち取りの歓声を
    聴いた松左が新人達の涙の海で、
    惜しまれながらも満足そうな表情でついに
    事切れます。。。(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

    • シンイチ より:

      李真様
      コメントありがとうございます。

      まさしく、李真の予想大枠で進むのが盤石の展開でしょうね。
      ただ今週のネタバレ予想で記載したように、
      ややもすれば作者様が読者リアクションの裏をかこうとする癖が出てきた時が心配ですね💦
      まあ、さすがにこちらの考えすぎかと思いますが、、。

  3. 南水純 より:

     呉慶と重なる趙峩龍、ここまで来たら最期も呉慶のように華々しく一騎打ちを繰り広げてもらいたいものです。流れはスヒン羌瘣の急襲で戦死がほぼ確定かと思われる趙峩龍ですが・・・神はファンの読み筋を嫌ってルォー信との一騎打ちに持っていくかも。だとすれば羌瘣は何処にいるのか? 敵陣中央に深く侵攻した位置から右に転じて死角から馬南慈を狙う。亜花錦単独ではさすがに馬南慈討ちは無理でしょう。陽動の亜花錦を囮にした羌瘣の横撃奇襲で馬南慈軍を攻略するなんてアリかも。ここまで引っ張った”朱海平原の戦い”、こうなったらとことん神に描いてもらいたいものです。
     飛信隊本陣の守備は弓矢兄弟で盤石でしょう。はっきり言って現代で言えば巡航ミサイル並みの弓矢兄弟、強力すぎて使いにくいキャラです・・・マジで信&羌瘣抜きでも楽勝できそうです。

    • シンイチ より:

      南水純様
      コメントありがとうございます。

      神(作者)が読者リアクションに拗らせて、羌瘣で趙峩龍をトドメささせない、、、。
      めっちゃ分かります、その予想筋💦

      仰るように、今戦は河了貂が秦軍右翼の全体像を把握しているので、
      羌瘣がいきなり馬南慈の戦線に登場してもおかしくありませんね。

      そして、守備場面での弓矢兄弟も同じく楽しみにしています。
      淡の欠点のビビりもここで治るといいのですが。

  4. Ryu☆Gen soku より:

    今週も苦しい松左の様子が描かれてはいるが、ここまで粘っているのだから、
    松左には何とか持ち直して貰いたい、、、と密かに期待しています(悲)

    趙峩龍は飛信隊の騎馬隊の突撃に対して本陣を捨てて右手に避ける策を採った。

    趙峩龍の作戦は、自らが囮となって逃げて見せることで敵の猛将を誘い込み、
    伏兵による横撃によって後続を削り、最期は敵将が少数で孤立したところを
    多勢で搦めとるという作戦のようだ。

    これは蛇甘平原の知将呉慶とも被るが、馬陽の戦いにおいて蒙武軍を壊滅に近い
    状況に追い込んだ趙の総大将代理の趙荘の採った策に近いイメージの作戦にも
    見えるがどちらであろうか?

    後者であるならば徐兵団による横撃だけではなく次週以降も趙峩龍はモブ兵団を
    使った横撃を何度も何度も繰り返してくることが想定されるので、14日目は
    かなり長い戦いになりそうな気配が、、、(笑)

    ここまでの飛信隊の動きは、兵糧不足で勝負を焦ってしまい猪武者の隊長信が
    突出してしまったために趙峩龍個人に狙いを絞っていることが読まれて、翻弄
    されているように見える。

    神(作者)によって意図的に隠されているスヒン別働隊の動きが次週あたり
    明らかになりそうですね。

    魏火龍呉慶並みの知略型の戦上手でありながら呉慶とは違って心の迷いからの
    判断誤りを期待できない趙峩龍に付け入るスキは見つかるのだろうか?

    大きく流れが変わりそうな次週以降の展開が楽しみだ。

    • シンイチ より:

      Ryu☆Gen soku様
      コメントありがとうございます。

      いつもながら深い洞察の記述ありがとうございます。
      さて、仰るように自陣地だけあって、モブ兵の投入に関しては事欠くことのないハズ。
      ですから、作者がその気になったらいくらでも決着を先送りにできてしまうのも納得です。

      たのむから、このまま羌瘣の接近に気が付かないでほしい、、。
      といった気持ちがありますね。

      そして、あわよくば松左がこのまま生存路線で確定というのは僕も願ったりというところです。
      まあ、その代わり誰かが犠牲になるんでしょうかね💦

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。