Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダムネタバレ第592話 死に場所 考察

(松左 作画引用:原泰久先生 作 キングダム第592話 )


久々に読むのが気が重いキングダムだったと思います。

扉絵の横の煽り文、

『秦軍最強の部隊―。その未来のために…!』

クソっ!

ダメだ、せっかくヤングジャンプ買ったけどコレはちょっとすぐには“かぐや様―”とか明るいラブコメの話とか読む気になれません。

というか、もともと朱海平原14日目ってもともと趙峩龍と河了貂との軍師同士による戦略勝負って部分がテーマにされていたはずだったのですがね…。

それが何であっという間に、主題の軍師勝負がさっさと終わっていきなり味方ピンチで煽る方向になってんだよ!?

しかも、松左の死亡判定が出る来週まで顛末も待たなきゃいけないのか?

(※軍師家同士の対決は1話足らずで終わっているのにキャラのピンチで3週間も引っ張っているのが現状)

趙峩龍がしっかり強敵として機能しねえから、神(作者)また味方ピンチで話を引っ張ってんじゃねえか?などと八つ当たりしたくなります。

「新人のバカたれどもが足手まといは当然だろうが」という松左のセリフと松左の後輩を守る姿勢。

これって若者を使い捨てにするブラック企業、全てのアホ先輩、アホ上司に見せてやりたいシーンだ。

何気に、渕さんとって普通に考えてみたら、「え!何で助けに行ったの!?」と渕さんが松左に突っ込みを入れてもおかしくない場面なのですが、そんな野暮ったいコトはせずに素直に彼の安否を心配するのは優しい渕さんらしいリアクションです。



キングダム考察-死地の干斗たち

ただ、彼らとて新人部隊とは呼ばれながらも、朱海平原の戦闘もすでに14日目を数えるまで生存を果たし、すでに実際には他の部隊では新人という枠では収まりきらない程の実力を有しているハズです。

しかしながらそれ以上に敵の趙兵たちの動きの練度が高いのでしょう。

崇原クラスの達人が周囲を囲まれても、数瞬の切り結びで切り抜けるシーンなどは多くのキングダムファンも見慣れているとは思いますが、これはその逆。

特に5ページ目の上段で、首を羽交い絞めにされて殺されてしまっている隊士を見ると相当厳しいハメられ方です。

干斗と共に読者にすっかり顔を覚えられたと思しき平来と琢兄弟にも等しく危機。

まあ、ここらアタリが腐っても元三大天の兵であったというコトでしょうか?

そして干斗にトドメを刺そうとする趙兵。

そして、ここで松左を筆頭に救出の一団が到着します。

平来と琢兄弟も各々救援が間に合い、新人部隊の全滅はまぬがれます。



キングダムネタバレ-松左、決死の誘導

間一髪で干斗を救った松左ですが、当然に緊張感を緩めてなどいません。

この死地に飛び込んでくる以前に、松左本人にとってみればここは既に救出のしようがない戦地であったわけです。

そして「右に走るネズミがいるぞォ」とか言っている趙軍指揮官のオッサン、その松左に指揮がいくら何でも見事すぎるからと言って、いまはマジで何も気が付かなくていいですって!



キングダムネタバレ-死地を乗り越える

ここで干斗が奮起します。

あれ?もしかして松左助かるかも?

などと、一瞬でも考えてしまいました。

『松左さん、一度俺らの後ろに下がってください、俺らが命を捨てて突破口を開くから!』

『松左さんら先輩達だけでも脱出して下さい!』

しかし、松左からは厳しく温かい叱咤で返されてしまいます。

松左の身が危険であるのが分かりきっている程、分かっているのに落胆や焦燥を感じさせないの何故か。

王騎将軍のときのように、誰の目にも明白なる死地にあってなお、彼の語り掛けによって皆が前に進む意思を取り戻しているのは何故か。



キングダム考察-次週を心して待つ。

多くの読者はもう気が付いているでしょう。

干斗はもうこの時点で何も恐れてはいない。

干斗だけじゃなく、松左に率いられる飛信隊隊士は誰一人としてビビっていない。

趙兵を屠りながら、松左の胴にはどれだけ敵の槍の一突きが加えられたでしょう。

消耗が進み、ながらも加えられ続ける敵の攻撃。

しかし、ここで彼の仲間隊は、絶望的とまで断言できた趙軍の包囲が、誰の目にも明らかに薄くなっていることに気が付きます。

キングダムネタバレ最新第592話 死に場所 考察 以上

次回もこの先の展開について、キングダムネタバレ予想をすすめていきたいと思います。

皆さんのキングダムネタバレ考察やコメントもいただけると嬉しいです。どうぞお気軽に。

Twitter:しんいち ダム垢(@takikomigohande

最新の考察⇒【キングダムネタバレ最新第593話趙峩龍本陣 考察】

前回の予想⇒【キングダムネタバレ593信と松左死地の先羌瘣潜行】

コメント

  1. いち より:

    ☆干斗…将来の大器と
    言われ続け
    彼を守る為に、先輩達が次々と死んで行く…

    後々に信のピンチを、成長した干斗が
    身を呈して救う~シーンが無いと
    無駄な[回収しない伏線]
    無駄な[先輩方の死]
    に、成ってしまう……

    ※飛信隊は、熱い直情キャラばかりで~
    シニカルに一方引いて、俯瞰出来る
    唯一のキャラを消しちゃって……
    これから(´・ω・`)困らないのかなぁ

    ☆☆そうそう、戦局ですが……
    普通の射手の、何倍も遠くから
    何倍もの量を、速く正確に
    [うごめく人々の間を縫って]
    射てるスナイパーが
    (高所が必須な白麗より、数段上)
    居るのだから~
    先ずは全体で、探り押し引きをして
    実働軍の指揮官を炙り出し
    その千人将を片っ端から
    射殺せば(  ̄▽ ̄)b

    孤立した大将軍が有能だろうが
    (無能だけど(笑))
    その他は
    指令も届かぬ、数万の烏合の衆

    趙本体が5万だから
    削り合い続けてる片翼は
    3万位?
    千人将の総数30人
    半分の15人も射殺せば
    大混乱で(´・ω・`)秦軍圧勝なのにネ
    オラは、趙蛾龍やテンを越えた?

    ※皆、うすうす思っていたよネ(笑)

    • シンイチ より:

      いち様
      コメントありがとうございます。

      はい、スナイパー無双がいつ起こってもおかしくはないのですが、
      そこは全く触れずに進展が進むキングダム。。

      おっしゃるように、別段有力武将とか、将軍クラスを狙撃するでなく、
      モブ将でもいいので、千人将やらら中級の指揮官数人葬っていくだけでも展開は違うはずですよね。
      というか、ここ14日目にはいるまで一体何をしているのかすらわからない弓矢兄弟ですが、
      ほんとに温存しかされてないなら河了貂の運用方法に問題がある気がします。

  2. 巽康 より:

    ナキにすり抜けてほしいです

    • シンイチ より:

      巽康さま

      コメントありがとうございます。
      イイですね!まだ彼も実力出し切っていない気がします。

  3. 李信 より:

    松佐死んじゃうのか~田栄や尾平が号泣するところが浮かぶ!

    • シンイチ より:

      李信様
      コメントありがとうございます。

      はい、確かにそうですね。。
      特に崇原はかなり悔しいハズです。泣

  4. 李真 より:

    ありゃま!?
    原泰久の奴、そう来たかぁー( ;´∀`)
    まさか裏の裏を掻いて来るとは!
    読者の多くが松左が散ると思い込んでるから
    原泰久は裏を掻いて他の古株(巨亥辺り)を
    犠牲にして来るだろうと深読みする我々の様な
    コアな読者の更に其の裏を掻いて結局
    松左を人柱にして来やがった!!
    だけど今回のは今迄と違い、
    話の整合性を鑑みても何ら違和感無く、
    寧ろ話を盛り上げ、より現実味を持たせる
    最高の演出だと思う。
    松左の退場は目茶苦茶痛いが、
    此れだけの大戦で主要キャラが
    誰も脱落しないってのも都合が良過ぎるからね。
    原泰久も此処、朱海平原で覚醒を果たしたか…?
    願わくば此の調子で、世界観を崩壊させず、
    話の整合性と折り合いを取りながら
    サクサクと物語を進めて行ってほしい…。

  5. Ryu☆Gen soku より:

    松左の死。原先生の創作するフィクションらしく先生の死生観が存分に表現された印象深いシーンに演出されていて涙無くしては読めませんでした。

    キングダムは夢に向かって命を懸けて戦う漢たちの世界ですから『秦軍最強の部隊―。その未来のために…!』、、最強軍団ができるための逸話のため、隊が更に強くなるため、絆や結束が強まるためには、決して犬死にではない犠牲者、生け贄、人身御供、、、が必要なのでしょうかね、、(悲)

    松左のキャラクターと被るせいか、某アニメの中尉のセリフ「悲しいけど、これ戦争なのよね」の戦争の残酷さを嘆く言葉が想起されました。

    合掌、、、

    • シンイチ より:

      Ryu☆Gen soku様
      コメントありがとうございます。

      いろいろな思いはありますが、やはりここまで来て飛信隊だけ主要キャラが死んでいないのが、
      ここにきて帳尻みたいになってしまったのかもと思ってしまいます。

      な、なるほど!?
      言われてみて、主人公より一回り大人で、正確に余裕がある。
      まさしくあの中尉ですね。
      キャラポジで連想できます。
      うーん、胸が熱い。。

  6. 南水純 より:

    うーむ、残念ながら松左の戦死確定のようですね。神(作者)の意志ではあるものの、松左の戦死は酷かもしれませんが明らかに軍師・河了貂の大失態。なぜなら戦場において広い視界を持つものの性格的に情に流される可能性のある松左に守備の要役を丸投げしてなんらフォローを用意しない、一流の軍師ならばあり得ない用兵です。しかも、攻撃に全精力を注ぐといいながら後方の本営で力みかえって戦況を解説してるだけ・・・そもそも大乱戦の中、後方から前線に的確な指示を出せるはずもない。本来なら作戦の大枠を決めて攻撃陣を送り出した後は、羌瘣に一任し臨機応変の采配を期待しつつ、河了貂自身は必要最低限の兵を効率よく運用して守備を全うするのが筋でしょう。
     さて、両軍どちらが先に敵本陣に殺到するかのスピード勝負は、信&羌瘣の大駒2枚を前線に揃えた飛信隊が優勢の模様です。後は古豪?・趙峩龍がどれだけ意地を見せて粘るかが見所です。あっさり”スヒン”では”藺相如の盾”の異名が泣きます。ここは一番、松左に匹敵するほどの壮絶な死にざまを堯雲&趙峩龍コンビに期待してます。堯雲はともかく趙峩龍は無理でしょうね。
     我呂に食われて影の薄い千人将・岳嬰のダンナ、最近は昔話の語り部になってますが・・・なんだかリストラ対象になりそうでなんだかヤバくないですか。
     ちなみに松左の後任、飛信隊・副歩兵長は誰になるのでしょう・・・尾平でないことだけは確かです。
     

    • シンイチ より:

      南水純様
      コメントありがとうございます。

      たしかに古参の松左の性格を把握しきれていなかった、、、。
      そう考えることできますね河了貂。
      また、仰るように、渕さんが解説してくれたように部隊が間延びしてきているのに、
      どうやって本陣から伝令とばしてるんだ?
      少なくとも、もう完璧にはつたわるような状況じゃないだろう、、、と勘ぐってしまいます💦

      そして、山場になるトドメは一番盛り上げなければならないはずですが、
      うーん、趙峩龍が死んでもみんなやっと死んだかぐらいにしか思ってくれなさそうですね。苦笑

      岳雷が危険なのもわかります、単純に今回は矢が刺さった位置で心配しましたが、、。

      また、考えてみれば副歩兵長の座、尾平にはむりどころか崇原とコンビ組むわけですから、
      この点でも相性やらほかの人選はムズいですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。