Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダムネタバレ第591話三大天の盾 考察

(松左 作画引用:原泰久先生 作 キングダム第591話 )



「あの小隊旗…どこのだ?」

えっ?松左の部下、ちょ、お前?余計なこと言うなよ!

前回のキングダムのラスト、何となく松左が心配なだけだったけど、今回のでほぼ確定やないか。(泣)

そして趙峩龍またですよ。

やっぱりというか飛信隊みて、また『見くびり過ぎたか…。』などと言っています。

カッコつけて「“流れ”が変わるぞ飛信隊」などと軍師らしくセリフを挟んだものの、速攻で出した施策が対抗力を見せなかった為に『何ィ!?』などと、一話完結もしない間に、策が破られる“藺相如の盾“

結果的に、今回のキングダムの冒頭で、河了貂が側近に語っていたように、趙峩龍の油断を誘導するための心理作戦がうまくハマった形でしょう。

まあその分、神(作者)としてもピンチ煽りは別の方向で、松左の安否にかかってしまっています。




キングダムネタバレ-総員奮戦

楚水さんが本気出したら強いに決まってるだろ。

尾平の部隊の連中に、そう言ってやりたいくらいです。

いままで補助的な役割に徹してきた、楚水さんの強さが強調されるのは小気味がいいです。(笑)

強襲部隊である飛ヒョウが最初から警戒されて、防陣が厚くされている点などを見ると、さすがに趙軍内でも情報共有がなされている部分があるようです。

崇原歩兵団が活躍しているのは、朱海平原戦でも序盤からでしたが、この終盤でも破壊力を保っていられたのは幸いです。

そういえば、初期の崇原伍人衆の全員は今でも健在なったのか気になるところです。



馬南慈軍の兵が復活したことに関しては、もう何をいわんや…。

王賁、玉鳳隊の活躍によって初日、二日目に大部分の兵が再起不能なほど損耗させられていたのが、結局、再起できてしまっていたようです。

どうせならモップ兜も再生してやったらよかったのに。

まあ、連載ベースでいうと一年以上も昔の出来事なので気にもならないのですが、そういえば合従軍編でも、負傷した兵士が時間がたてば多少のダメージも回復して戦線復帰してくるという設定の紹介があったと思います。

この点は、どの軍の描写でも、これからの戦闘の度に考慮に入れて、勢力分析をしなければなりません。

とは言え、本記事の冒頭でも記載しましたが、馬南慈軍の強みはあくまで兵力の多さでしかないのに対して、亜光軍では段茶さんが守り、亜花錦が攻撃という2役がいる点を考慮すれば動き方に幅が生まれるのは間違いなく秦軍のほう。

しかし、馬南慈が亜花錦の動きを警戒してることも考えると。

段茶さんがどこまで馬南慈の予想を上回る粘りを見せるかが勝負のカギになります。

となると、やはり対馬南慈戦はそれほど深く描かれないような気がしてきます。



キングダムネタバレ-松左の危機

今回のキングダムみれば、そりゃ、だいたいの読者のリアクションがどうなるかくらいわかりますよ。

ただでさえ壁に始まりバジオウやら関常で、再三、この鄴攻め編で続いてきました。

キングダム考察-危機の受け取り方

趙峩龍の設定が中身スカスカなのをフォローするために、キャラの命を切り売りで、ピンチ煽りで乗り切るのってはどうよ?と考えると気持ち的には微妙です。

上述の、壁、バジオウ、関常などのケースのように、この鄴攻め編では、割合、話を次週へ跨ぐ形でのピンチを迎えるような危機の煽りであれば、結果的に瀕死の重傷を負いながらも生存を果たしていったという形で、キャラクターがピンチを仲間と乗り越えるという形が多かったと重います。

むしろ、最近のキングダムで宮康や、遼陽戦でカタリが戦死してしまったときのように、キングダム本編の1話分完結の中で、颯爽と登場して、急死してしまうパターンが多かったことを考慮すると、今回の状況は、まだ松左生存の余地が残されているように考えることもできます。

何気に、今まで飛信隊の主要メンバーが死んだ!?と思って一番ビビったのが、蕞攻防戦で、竜川がフテイに胴を横なぎに切られたトキだったのですが、(キングダム336話参照)その後も、各飛信隊隊主要メンバーは数々の危機を乗り越えて、生存を果たしてきました。

ただその反面で、龐煖が登場して、直接戦った馬陽戦は別格として、その後、主要メンバーが大きく欠けることなく、キングダム内で話が進んできたことを見ると、実際には戦争をやっているのに、仲間が誰一人欠けることなく、順調に部隊が大きくなるばかりであることが不自然だと考えることができると思います。

今回の鄴攻めが信とともに飛信隊が大きく飛躍する過程の戦いであるなら、キャラの世代交代も視野に入れた犠牲が松左の抜擢であるという可能性も捨てがたいのも確かでしょう。

羌瘣も今回は後ろ姿だけだったけど、たぶん彼女は信の攻撃に粘った趙峩龍をスヒンさせるための待機でしょうね。

普通に考えて彼女が防御に回る、または河了貂がそのように配置するとは考えにくいので。

キングダムネタバレ最新第591話三大天の盾 考察 以上

次回もこの先の展開について、キングダムネタバレ予想をすすめていきたいと思います。

皆さんのキングダムネタバレ予想やコメントもいただけると嬉しいです。どうぞお気軽に。

Twitter:しんいち ダム垢(@takikomigohande

最新の考察⇒【キングダムネタバレ最新第593話趙峩龍本陣 考察】

最新の予想【キングダムネタバレ592李牧察知迫る信キョウカ】

コメント

  1. 李真 より:

    読者の多くが『松佐 死ぬんじゃね?』っと、
    思ってしまっている所が味噌だね!
    原泰久は読者の期待or予想を無駄に煽って
    そして其れを裏切るのが大好きみたいだから、
    松佐の生還ワンチャンあるよ!(笑)

    • シンイチ より:

      李真様
      コメントありがとうございます。

      はい(笑)
      まさしく李真様の視点を交えて、松左生存筋で予想ネタまとめてみました。

      まあ汗、その分
      かわりに、誰か一瞬で出てきて代わりに死んでしまうリスクもあるのですが汗

  2. 南水純 より:

    ここへ来て急速に成長している信、今や旧世代の六大将軍や三大天の域に大接近です。並みの将軍や副官レべるでは敵キャラとしてもはや力不足。相対する敵部将のレベルアップが必要ですが・・・かっての六大将軍・三大天は旧世代最強のキャラ、当然この旧世代から召喚?されるキャラには越えられない限界があります。信と同世代の屈強な壁となる敵キャラが欲しいところです。暫く姿を見せない楚の項翼・白麗のコンビの成長度合いは不明ですが、趙のカイネ・傅抵のコンビは明らかに伸び悩み状態、はっきり言って期待値ゼロです。龐煖の賞味期限がせまり、朱海平原戦終了後の趙軍の弱体化は避けられない状況で、司馬尚の存在は希望の種です。趙軍にも強力な若手キャラの登場を望みます。個人的には李牧の息子なんてどうかなと。作中ではなんだか独身貴族風の李牧ですが・・・史実では息子も孫もいることですし。きっとカイネとお似合いになるのではw。
     とにかく大ピンチの松左です。退場するにしても、せめて大けがをして軍を引退、故郷にに戻って後方から飛信隊を支援する・・・くらいにしておいて欲しいところです。
     
     

  3. ひろあき より:

    みなさん、初めて投稿します。キングダムファンですが、1つだけ気になった事があるのですが
    だいぶ前の話しですが、りょふいがしゅんぺい君?だったような名前の人物を拉致して李牧が咸陽に乗り込んて来た話しなのですが、人質と引き換えに、かんこうじょう?(だったと思う)という名前の城を手にしたはずですが、確かこの城は李牧が宰相になってから手掛けたしろでこの城を落とすとしたら莫大な金と能力がいると語っていた城はどうなったのですか?

    • シンイチ より:

      ひろあき様
      コメントありがとうございます。

      そういえば、話の主導権を握っていた呂不韋の出番がなくなったためもあってか、、

      李牧と間で、どのように同盟の履行が果たされたは不明ですね。
      うまく、秦国の戦略展開の流れに組み込まれていればよいのですがね汗

  4. いち より:

    何の為に(⌒‐⌒)信のパチもん量産したんだ…
    ですよネ(笑)

    信が将軍まで成長するのに
    フテイは、相変わらずパシリ
    信の相手は[即席強敵]達
    ソイツ等も、引き延ばしてる内に
    ぐだぐたキャラに(爆)

    次に項翼が出て来た時は
    白ナスやモップみたいなのを従えて
    『俺は既に大将軍として、南方を平定した
    信!お前はまだ、ただの将軍か(笑)』

    と、カリンも口出せない程
    大物に成長して
    新世代対決する~位のを
    見たいですよネ(⌒‐⌒)

    新造モブ強敵出す程
    六大将軍&三大天が、株落とす(笑)
    話しの[メイン]が
    [サブキャラの生死]だけに成る(爆)

    • シンイチ より:

      ほんとそうなんですよね(笑)

      最初の勢いはどうした?ってゆうかほとんどのファンも、
      おそらくフテイに期待していたという人はカナリ少なかったはず。

      初登場時に軽々しく三大天狙いを口にした瞬間、「三大天軽くないか??」
      と、みんな微妙に感じたはずです。
      廉頗が見たら間違いなくツブされます。(笑)

      たしかに今のところ項翼は出番が多くないだけ、
      まだ下手なセリフで自分の価値を下げいないだけましですな。(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。