Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダムネタバレ最新話 第551話の予想と考察 兵站、兵糧危機といえばアイツ。

第550話のざっくりおさらい。

(引用画像: 原泰久先生 作 キングダム)

3/8発売ヤングジャンプ

飛信隊の宿営地、予想以上に将兵の多くは死亡していた。

四日目の部隊展開にどれほど深刻なダメージなのだろうか?

まだ河了貂も図り切れていない様子であった。

信と羌瘣(きょうかい

天幕の中で静かに語らい、共に将として、友として戦の痛みを分かち合う。

信は、羌瘣を女として見ているけど、羌瘣はどうかな??

一方、李牧は自国内の情報網を駆使してか、より残存する食料がどれほどかを知る。

李牧側の知る王翦(おうせん)軍の食料の量は10日分。

対する、鄴の食料は20日分という事がわかると、李牧の側近には歓声が上がる。

だが、

その他の策略や、計の駆け引きはまだ見られていない・・・。

王翦や秦軍はどうするのか??

キングダムネタバレ最新話 551話の予想・考察



登場当初は結構カッコよかったのに、いつの間に顔芸芸人になってしまったのか・・・?

そんな、評価が板についてしまったのはこの方。

そう、壁さんです。

第550話の最後にあって、李牧と側近が鄴の食料がどれくらい持つのか??

に焦点が当たり、それまで我々読者の抱いていた関心が戦闘であったトコロから

一気に兵糧へとシフトしてしまいました。

どれほど深刻な事態なのか??

カイネ「王翦軍の食料は、列尾を越えたトキの見張りの報告から割り出して、たしかあと15日分とっ

フテイ「違う、あと10日分だ!」

この会話のやり取り、カーナーリ、気にかかります。

列尾を越えたトキの見張りの報告から割り出して、たしかあと15日・・・。

列尾を越えた当初が元の計算なら、この15日は、壁さんが、瞬水樹に燃やされた、分はカウントされていないのか??

と考えられますが、

この、カイネの15日発言の直後にフテイが10日分と、訂正の発言をしています。

コレは、既に報告で瞬水樹の戦果として、壁さんの燃やされた兵糧分も、李牧のもとに報告が来ていたという事なのでしょうか??

その直後でも、金毛さんもはっきりと、

「秦軍兵糧はあと10日で尽きる!!」とはっきり言いきっています。

そしてこの、秦軍という表現は、彼らの眼前にいる、王翦軍のコトを指すのか?

それとも、橑陽(りょうよう)で戦っている楊端和(よう たんわ)、鄴で城を包囲している桓騎軍も含んでの事なのか??

それも気にかかります。

どちらにせよ、李牧がこれから持久戦をとってくれば、

現状、王翦軍はもうどうしようもない事を意味しています。

と、まあ、ここまでだと人によっては、兵站を軽んじて敗戦してしまった大東亜戦争を思い出してしまうというような方も、少なからずいそうな気がします。

「いや~、やっぱ兵站って大事なんですねぇ~」

「兵站をキチンとやらなかった秦軍は負けました、旧日本軍みたいですね~。」

と、ネガティブに考えればそうなるかもしれませんが、それでも、ここでグチグチとした文官めいた話をしたがるのはチョット違いますよね。

恐らくキングダムを読まない人などにとっては、そこで終わってしまう話なんでしょうが、

いくらなんでも流石に、そんなショボいオチはないとは思います。

というのも、意外にも近代まで、ナポレオン戦争などが有名ですが、

あえて携行食料は最小限にして、征服した先での現地調達を旨とした作戦行動などは、割と最近まで、活用されていた作戦だったからです。

だから、私はあえて、王翦が作り出した今の状況にはそれほど悲観する必要が無いような気がしています。

むしろ、多くの人が抱く現代戦の兵站の概念は、キングダムの描かれている古代中国とは根本的に全く違う背景から生まれてきた戦略概念だからです。

その背景には、第一次世界大戦で重火器やその砲弾など、現地調達ができない種類の物資が増えた事情と、

産業革命以降に発達した物資の大量生産加工技術と、それを運搬する鉄道などの大量動員手法が開発される経緯が伴って成立していると私は考えます。

もちろん、現代戦で兵站を軽んずるのは全然意味が違いますけどね。

ざっくり言えば、古代の戦争であれば、限られた物資で死地に戦士を送り込み、生き残りたくば必死になって奪ってこさせるぐらいは普通だったのではないかな、とも思ってます。

まあ、21世紀という安全圏の物差しで、古代中国の戦争の批判をしてもキングダムは楽しめませんからね。

ここは単純に、

王翦から見ても、李牧が自分たちに持久戦を仕掛けてくるコトは想定済みで、

すでに王翦には10日分の兵糧をベースに戦に勝つ算段が出来てる。

そしてそれは一体なんなのか??

という点を、楽しみにしていきたいと思います。(笑)

元々、そもそもがムチャな短期決戦の戦争なのだから💦



では、どうやって王翦が、この対 李牧の鄴攻略戦を展開していくのかを考えながら、キングダムの第551話が展開されるか、考えてみたいと思います。

まず、スタートの時点で、政と昌平君の思惑。

国のトップの二人からして、六国制覇の為に使える時間は15年とか言っているんです。

そこから逆算したら、王翦が鄴を陥落するなんざ10日で十分という事でなのしょう(笑)

そして、次に、おそらく兵糧つながりで、次回描かれそうなのは

橑陽(りょうよう)で戦っている楊端和(よう たんわ)の戦場でしょう。

コチラに関して言えば、

すでに、公孫龍と瞬水樹の率いる、橑陽方面軍の9万の軍勢を、当初の配置場所で足止めさせるどころか、鄴から遠ざけて足止めさせている時点で、

総大将である王翦のねらいとしては、十分、楊端和を差し向けた目的は達成しているハズです。

壁さんの軍が全滅しようが、山の民軍に多少の損害が出ようが、王翦からすれば必要な期間、足止めさえできればイイのです。

足止めでいいとは言っても、楊端和は攻めまくってますがね、

別段、楊端和が王翦のねらいを理解していないとか、それに背いているとかではないと思います。

まあ、山の民軍と特質としても、にらみ合いや防御に徹するよりも、結局ぶつけ合った、そうした使い方であってこそ、敵の足を止めれると判断しての事でしょう。

もちろん、ここで、蒙恬、王賁、羌瘣の覚醒と来て、主人公の信の見せ場は後にして、

ここで壁さんの覚醒がやって来るという事もあり得ますよね。

第548話で信の覚醒と見せかけての羌瘣の覚醒だった。という流れからすると、

そろそろここで見せ場を作ってあげないと、可哀そすぎる気が、、、、

壁さん・・・。

いや・・?しかし待てよ?

そんな、お情けみたいな覚醒シーン・・・。

一体誰が見たいんだ??💦

いや、これは失礼!

実際には私が思っているよりも、壁さんが好きで活躍してほしいという方は、カナリ多いはずだと思います。

私もキングダムの序盤から、我々、一般人に近い、普通の人目線で物語に惹きつけてくれた壁さんが、あまりにぞんざいになっても嫌ですからね。

最後は普通の奴が一番強い的なトコロを見せつけてくれるのも、確かに王道モノの在り方でもあります。

瞬水樹の用いた坑道を通って、逆襲する??

という事も考えましたが、壁さんや楊端和が、そんなどこに敵が伏せてあるかも分からないような通路を安易に使うとも考えられないです。

壁さんの純粋な心が、野生児である犬戎たちの気持ちに触れ、秦の側へ寝返らせてしまう・・・。

それも絶対ないな(-。-)y-゜゜゜

だめだ、ろくなことしか思い浮かばん。(泣)

ただ真面目な話で考えると、楊端和の戦場においては、一つ気になる点があります、犬戎軍団ではなく橑陽城まで連れてこられた趙兵達です。

彼ら趙兵達も野戦で楊端和軍と向き合っているワケなので、どこかに趙軍の食料の集積場所があるハズです。

それを奪うという作戦なら、今の壁軍と楊端和にとっても犬戎軍団を相手にするより与しやすい気がします。

【諸葛亮は戦場で10万本の矢を作った。】

の例えではないけれど、戦場で無いものを敵から手に入れるってのは、古代戦争であれば別段、特別な話では無いですからね。(笑)

そして、そこで壁さんが活躍する第551話・・・。

ってのはやはり気が早いでしょうか?💦

桓騎軍の活躍は、まだまだお預け??

先週までは、そろそろ桓騎軍の見せ場では??

と、いう感じで期待はしていたのですが。

この兵糧戦の側面から戦局が語られだしたことから、王都圏にとどまっている扈輒(こちょう)将軍が、近いうちに登場するのではないか?? という、可能性は一旦は遠のいたように感じます。

ではまた同時に、コレで桓騎とその軍団の見せ場はないのか??といったら、そうではないようにも考えてはいます。

そもそも、桓騎とその軍団を構成するメンバーのほとんどは元々盗賊団。

『手元に食料がないなら奪ってしまえばイイ』などと、

我々一般人の何倍もの思考スピードでその発想と手段にたどり着くはずです。

今の鄴の城には、周辺の九つの小城から締め出された難民達が数多く収容されているのですが・・・、

もしも彼ら難民の中に、難民に扮した桓騎軍の連中が紛れ込んでいたとしたら、趙軍にとってかなりヤバいことになりそうな気がしています。

例えば、城の中に収容された後に、可能な限り城の構造を調べ尽くした後、頃合いを見計らって外にいる桓騎との合図で、城門を開いてしまったり、

同時に火付け、要人の襲撃、殺人、暴動を多発させ、住民、難民たちのパニックを煽るなど行い、結局、城を乗っ取ってしまうとか、

目新しい敵将や敵軍が来ないなら来ないで、もう散々好き放題やってしまうことでしょう。

さらに最後にはせっかく策略とはいえ翦に見逃してもらって、命はあるものと周辺の小城から苦労して、鄴まで逃げ延びてきた人たちまで、皆殺しにして、当然の如く食料を奪ってしまうとかも普通にやりそうですけどね。

ただ、これがほとんど私の妄想に過ぎないことは重々承知。💦

これまで、桓騎が難民の中に配下を潜り込ませる機会は十分にあったとは思いますが、今これまでをみるかぎり、それを示すような伏線である描写は全く見つかっていないので、この線はカナリ薄いと考えています。

まあ、プロの盗賊の集団である桓騎軍なら、城から食料を盗み出すなんて、戦闘に勝つよりもはるかに簡単に出来てしまえそうに思えるのですがね。



左翼の蒙恬、右翼の亜光、そして中王翦

そして、最後に4日目の会戦が始まる前に、描かれてきそうなのが、飛信隊以外の、持場ですね。

1.蒙恬のいる左翼

すでに、麻鉱(まこう)将軍が李牧に討たれたトキにかなりの打撃を喰らっているので、このまま膠着状態を維持できるだけも上々の成果と言えるのではないでしょうか?

仮にコレで李牧が兵糧事情から、長期戦に切り替えた場合、蒙恬の持ち場単位でみれば、紀彗と馬呈からの攻撃が弱くなるため、あまりこれ以上見せ場も作りにくいのではないかと思います。

まして将軍ともなれば、簡単に持場を離れるワケにもいかないので、今回の戦にて現場レベルで信や王賁とも絡んで動き出すというのも難しいでしょうね。

2.右翼を束ねる将、亜光

彼のもとでは、先週まで活躍した飛信隊と王賁のいる戦場ですが、現時点で、王賁はじめ自軍に多大な犠牲を払いつつも、趙峩龍軍、尭雲軍に大打撃を与え、趙軍全体の兵力を下げるという翦の狙いを果たしつつあります。

左翼軍において、紀彗を打ち取るという戦果は果たせていません。それどころか、当初の左翼の将である麻鉱が打ち取られ、混乱に乗じて兵力にダメージを受けてしまいましたが、

それ以降は、両翼とも、初戦からの戦闘目的をはたしつつあり、特に右翼に関して言えば、

3日目の開戦時に王賁が以下のように玉鳳隊に檄を飛ばしていましたように。

「この戦いは中央軍が相手の中央軍を倒すことだとそのために左翼と右翼の役目は中央軍が勝ちやすいようにするために兵を削ることだ!!」

「そして右翼は、何回でも勝ち続ける!そのために最終決戦のためにひたすら血を流し敵を屠り続けるぞ!!!!」と。

これらの結果が李牧のいる、中央軍に出始めているかをどうかを、王翦が見取っていることでしょう。

3.そして中王翦軍

もし王賁のいう最終決戦が近いのであれば、どのみち翦は兵糧の少なさを気にする必要も少なくなるでしょう。

負かした李牧軍から兵糧を奪ってしまい、ついでに周辺の城郭からも強奪し、桓騎軍と共に鄴を攻囲して圧力を加えるようにするコトも出来ると思います。

もちろん李牧もそれを踏まえた上で、戦闘を長引かせたり、防御中心の戦術で野戦をしのぎ切ろうとするでしょうが、

まだ活躍を見せていない、田里弥(でんりみ)さん倉央(そうおう)さんなど、名前は出てきているけど(田里弥さんは顔出しされたところは一度ありましたね)まだその実力が読者には伝わっていない人材もいます。

そして、その彼らの動きとともに、いまだその全貌が明らかにされていない、翦の戦術指揮がいよいよ描かれるのが近くなってきているコトも期待されます。

これが来たら合従軍編のオルド主力軍全滅以来ですね。(笑)

まとめ

いずれにせよ、4日目が開戦されるにせよ、もう少し秦軍、趙軍ともに次の作戦を明確にする必要があるので、そこが描かれないという事は無いはず。

第551話は以上までの考察を踏まえて、

壁さんと楊端和を中心に、趙軍の兵糧を奪う作戦が描かれる。

翦中央軍にて最終決戦への調整が進められるシーンが描かれる。

などが期待できると考えます。(^^♪

キングダムネタバレ最新話 第551話の予想と考察 — 以上

気になる実際の第551話では??⇒キングダムネタバレ第551話の感想と考察 壁の病期、王翦出征前の伏線回収!?

3/15発売のYJでは、テラフォーマーズの連載再開日も発表されましたね。( *´艸`)

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。