Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダムネタバレ最新 第550話感想と考察 期限の知らせ キングダムに恋愛要素は要らない?

(引用画像: 原泰久先生 作 キングダム)

もう、ほとんど秦軍にとって、何にもいいことが無い話ばかりでしたやん。

キングダムネタバレ最新第550話感想と考察 — 前半 飛信隊サイド

両軍とも、一夜の戦いの休止、まずは秦軍 飛信隊の宿営地から描かれます。

受けた代償の大きさ。

「フっ・・・、カクビ様に長い土産話が出来た。」

と言って、曹火さんという、古参兵の一人が息を引き取りました。

傷の手当ても後にしながら、副長の楚水さんが、そんな瀕死の仲間を看取っていきます。

飛信隊の宿営地では、あちらこちらで、見失った仲間同士を探しあっている声であふれています。

何とか、干斗と平来と、

惇兄弟の告と角の二人もはお互いを発見し、生存していたコトを喜び合っています。

烈尾城を飛信隊が余裕で攻略したとき、初陣でそれぞれ5人の敵兵を倒したと自慢していた二人ですが、「浮かれていると、次の合戦であっさり死ぬぞ」と松佐さんに注意されていたのですが、生きていてよかったです。



そんな中で、軍師 河了貂。

戦死者、負傷者の確認を続けているなかで、次々に報告が入ってきます。

小隊レベルでは、半壊どころか、全滅。

部隊長クラスの指揮官の死亡報告も次々と入ってきます。

この戦いで、李牧の趙軍が左翼(秦軍からみれば右翼)に投入した尭雲(ぎょううん)の軍は新戦力として投入され、同じく飛信隊も、途中から右翼に投入された戦力でしたが、最も損耗が激しかった持場同士になっていたようです。

しかしまあ、どうなんでしょう??

作中のナレーション・・・。

『李牧の大いなる一手を見事にくじいたと言っていい』とありますが、

それ以上に結局は・・・。

アレだけ激しくやり合って、互角に近い戦果でしかなかったんかーーーい!!(泣)

いや、確かに、尭雲には開戦の序盤、ウマく噛み合わなかったため、かなり河了貂ともにやり込められましたが、それでも代償が大きすぎたという事だったのでしょうが。

原先生、先週の熱すぎる展開から、このアップダウン。

落胆してオトすところはしっかり落してきますね。💦

尾平と一緒に死んだふりまでした昂くん、

「尾平さん、オイラ先に寝ていてもいいかな?? 寒いし」とすごい熱で不調を訴えています。

急いて、天幕まで彼を負ぶって運ぶ尾平。

それを、周囲でみている崇源と松佐の二名も今は体を休めることに集中しています。

信と羌瘣の見ているもの

さて、そんな秦軍、飛信隊の宿営地ですが、

羌瘣(きょうかい)の天幕

息の上がったままの彼女のもとに信が這いずりながらやって来ます。

信「今日は悪かったな、大炎の場所、分かっていてお前に丸投げしちまって。」

「んで、その乱戦場で歩兵に交じって限界まで斬りまくってたてな。」

「俺のとこの歩兵までお前にゾッコンになっちまってるらしーぞ コンチクショー。」と

羌瘣は、「そんなくだらない話をしに、わざわざ這ってきたのか」と少し呆れつつも、

信「いいだろ別に」

「どうせ同じ寝ているだけならお前と話しながらの方がいいじゃねえか」と。

そこで、おもむろに信に手を重ねる羌瘣、信 照れます。

羌瘣曰く呪いの類で、こうして元気を送るだの、吸い取るだのと言って信を驚かせています。

これも彼女なりのエールでしょうか??

これまでに伏線と思しき描写がいくつかあった、信と羌瘣ではありますが、

この先、どうやって二人の仲が深まっていくのか気になる読者も多いかと思います。

激しい戦場の中で生きる信と羌瘣。

こうして、二人で天幕の中で、語り合う姿もコレで何度目でしょうか??

輪虎を倒す前夜、信の大きくなった武将の気配に間近に気づいたのも彼女でしたね。

男性読者を中心に、

キングダムに恋愛要素は要らない。

という読者も多いですが、

私の率直な意見としては、確かに、安っぽい愛する二人だけの世界を描いただけのラブロマンスやラブコメ要素としての恋愛は要らないと感じています。

ただ、なにかの宿命を分かち合う者同士としての、男女としては描かれていくのだろうな、とは感じています。

呂不韋と太后様しかり、王騎と摎(きょう)しかりですが、そこには息子でる政であったり、武神ホウケンであったり、必ず、別の人間との因縁や宿命も絡んできています。

おそらく、原先生も、信と羌瘣を引っ付けるにしても、そこには過酷な運命や恐ろしい過程、あるいは最悪何か悲惨な代償を伴う形で、結びつけるのではないでしょうか??

まあ、それは先の話。

キングダムネタバレ最新第550話感想と考察 — 後半 趙軍サイド



そして、ここからは、趙軍。

まずは尭雲達の宿営地が描かれます。

尭雲「起こりがたきコトが立て続けに起こっている」と。

そして、秦軍左翼の蒙恬の活躍から始まり、此度の信達の奮戦についての経緯と、

荒削りではあるが、信も羌瘣はかつての六将を自身に思い出させたコトを語ります。

でも、あれ?? 尭雲??

それだけ??(;^ω^)

先週、あんなに、羌瘣見て、「ある六将を・・・。」

とか言って、何か思わせぶりなコト言っていたのに💦

正直、また勝手に、思い出話を延々と話し始める尭雲なのかな、って場面を期待したのですが、

尭雲自身の思惑自体は控えめにして、今のこの戦いの在り方と行方について、しっかり認識を深めていきます。

そして、尭雲はじめ、趙軍左翼の武将の全員が、秦軍若手への警戒を深めます。

そして、成長する秦の暴威を食い止める使命があるコトに、尭雲は興奮を禁じ得ない尭雲ですが、

同時にあくまで自分は、それを成し遂げる手段の一つであると語ります。

あくまでこの戦の勝利を導くのは総大将ある李牧であると。

それも、自身の主であった藺相如を含め、歴代最強の三大天と李牧を評しています。

そして次のページから、やっと趙軍の戦略意図が垣間見られるシーンがやってきます。

趙軍 中央軍 大本営本陣

コチラには、より、突如の知らせが舞い込んできています。

李牧「・・・期限のしらせです」

金毛「数万の難民を抱え込んだ鄴の食料があと何日持つのかという期限だ!」

「鄴に早々と計算して知らせよ伝えてきたが、ようやく届いた・・・!」

確かに、重要な情報ですが、おそらく桓騎軍に包囲されていた事と、実際にドンドン食料を減らしながらの集計作業でカナリの時間が掛かったことかと思います。💦

現状、分かっている王翦(おうせん)軍の食料、(見張りの報告によるもの)は15日分。

今回の報告では鄴の食料は、その日数分を上回るのか??

補給の利かない秦軍の食料が先に尽き、兵糧戦で勝利するなら、戦わずして趙軍の勝ちにつながる結果がでるのか??

答えは20日!

李牧の側近っから歓喜の声が上がります。

第550話 これで終了。

キングダムネタバレ最新第550話感想と考察

久々の作戦フェーズ、という事で、どこまで両陣営の知略が描かれるかカナリ期待したんですが、実際には戦況の中でもごくごく一部でしか無かったですね。

食料の計算については、既に王翦(おうせん)の頭の中では、今回の戦いの始まりから既に、的を得た「解」が用意されているハズ。

それが何なのか?? 次の一週間気になります。

おそらく、来週以降も、飛信隊と尭雲軍の宿営地 以外の状況は気になるトコロ。

4日目がこのまま開戦される流れではないような気がする。

— 以上

次回の第551話も気になる(笑)キングダムネタバレ最新話 第551話の予想と考察 兵站、兵糧危機といえばアイツ。きっとみんな、壁さんのコトが気になってるんじゃあないでしょうか??(;’∀’)

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. まりも より:

    確かに過度な恋愛要素はいらないけど。
    恋愛要素の全くない歴史物の方が珍しいよね。
    男女の営みは人類の歴史に欠かせないもの。
    子孫がいる人物の場合は尚のこと。
    父がいて母がいて子がいて、、、
    そうやって命は紡がれてゆくものだから。
    それも 歴史 だからね。

    • shiniti1223 より:

      ホント、仰る通りだと思います。
      原先生も、いくつかの伏線を仕込んでいるのでは?と感じています。
      これからも強敵がどんどん出てくるので、なんとか二入とも無事で
      いてほしいです。

  2. ななしこ より:

    この漫画は王道がウリだから
    王騎とキョウに重ねているふたりであれば、多分彼らを越えて行く形で結ばれるんだろうと思う
    これは幽戦も伏線が出ているけど
    代償という意味でいうとキョウカイは後に無理が祟り戦えない体にはなるかもしれないね
    どのみちキョウカイは歴史からその名が消えるタイミングがあるので、ここが役割チェンジのターニングポイントになると予想する

    • shiniti1223 より:

      なるほど!!あくまで羌瘣のこの強さや戦い方自体が既に伏線でもあると。

      そして、どうやら史記の中でも列国を滅亡させたり、大きな戦争の後に、
      パッタリ何人かの秦将も、歴史から姿を消している様なので、
      `名前の消えるタイミング’ たしかに重要な判断材料になりそうですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。