Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダムのネタバレ!!感想と考察 第12話忠臣 政の名解説とやっぱ昌文君には甲冑でしょう。

「ん? 気のせいか。」

で、次のページで手槍が胴体を貫いて、名もなき隊長瀕死。

キングダムのネタバレ!!感想と考察 第12話忠臣

この人何気に、前回で、秦の重大機密について口を滑らせていたあの人なんでしょうか??

「山民族か??」

「いや、甲冑を着ているぞ、兵だ!!」

騒ぐ、秦の追跡兵たち。

「お前は・・・。」

と、呻く隊長をよそに先ずは、信とムタの対決に場面が移ります。



「があああ!!」

と、ほぼ蒙武みたいな掛け声で、ムタをはじき倒す信。

前回とはうって変わって俄然優勢です。

ちなみにこのころは、『ルおおお!!』の掛け声にはまだ至っていないようですね。(*´ω`)

そういった点からも、このまま、追跡を続けてみるのが楽しみです。(笑)

「すげぇ、ねー政? 殺気の呪縛って何?」

「どうして信は急に強くなったの??」

と、まだ軍師でもなんでもない、素人娘の貂ちゃんの質問に、今回も優しい解説で政が答えてくれます。

「信は朱凶とトキは我を忘れて戦った、おそらくアイツもよく覚えてはいないだろう。」

「これがアイツにとっての真剣での初戦といってイイ。」

「アイツは漂と木剣で千を超えて打ち合いをしていたらしい。」

「おかげでそこらの武人には負けない剣技をもっているが、培われていないものが一つある。」

「自分に向けられた殺気を跳ね返す精神力だ。」

「あの越人も強いが、ここからの信も相当やるぞ」

との名解説ありがとうございます! 大王様(笑)

確かに、この時点での切った貼ったのチカラは、おそらく信よりも大王である政のほうが経験あると思います。

あとあと多くの読者が知るトコロではあるものの、政の趙国での生活を知れば、解説の説得力にも納得です。💦

そして、そのまま勢いの乗った信のパワーに呑まれていくように、ムタが押されだします。

「この小僧っ子、これだけ血を流しても折れて無いべ」

そして、信が圧倒!!

「どんどん強くなるべ」

「どんどん鋭・・・」

「この小僧っ子は脅威だべ!!」

おそらく致命傷・・・でしょうか?

しかし、信もフラフラです。

止めを刺すまでには至らなかったので、ムタが起き上がり、

「ベッサ族の戦士としてこのままでは終われない・・・。」

という事で、言わんこっちゃない(´;ω;`)

しっかり、猛毒の吹き矢が政を射程に捉えています。

大王様・・・、いくら何でもゆっくり座りすぎですよ。泣

「逃げろ政!!」

つい昨日まで、殺してやろうか??とか思っていた信もこの顔です!!

そして!!

よくぞ昌文君、そして配下の兵たちが間に合ってくれました。

無残に、矛で昌文君に叩斬られる、ムタさん。もう目が死んでますね、

そのままムタを一瞥もせず、歩を進める昌文君です。

信が、恨みの一つでも言いたいのは分かります。怒気をはらんで、

「オイ、漂は死んだぞ。」

そして、それも無視。

さすがに、信の手に握る剣に殺気がこめられそうになりますが、

いきなり政に跪く昌文君。

そして、続いては排手して同じく跪く兵員一同が、信に雰囲気を気づかせます。

「なによりも、まずはご無事で!!」

と泣き崩れ、

「お前もな」

と方に手をやる政。

信はやり場のなさを感じますが、たぶん、政と昌文君の間にも、自分と漂。

家族に近い絆を感じたのではないでしょうか??

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村

キングダムのネタバレ!!感想と考察 第12話忠臣 以上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。